絶対!乗り物中心主義

アクセスカウンタ

zoom RSS 262 私鉄の車両シリーズ61 富山地方鉄道デ7000形

<<   作成日時 : 2010/06/27 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今回の「私鉄の車両シリーズ」は、この所路面電車に関してアクティブな動きが目立つ富山において、50年以上に渡って市内を走り続けている、富山地方鉄道のデ7000形です。

画像

 デ7000形は、富山軌道線初の大型ボギー車として1957年〜1965年の間に23両が製作され、2軸の旧型車両を置き換えて輸送力の増強が図られ、主力車両となりました。

 車体は前年デビューの東京都電8000形をモデルとしたデザインになっていますが、正面は折妻の後退角を小さく取っていて、平べったい印象も与えています。
 当時はツーマン運転を行っていたため後ドアに小窓が設けられています。

画像

 当初は製造年度により定員が異なっていたようでしたが、後の改造で定員が統一されました。
 制御方式は間接非自動で釣掛駆動。
 1969年にはワンマン化改造を行ない、翌年には列車無線を搭載しています。
 なお、加越能鉄道(万葉線)高岡軌道線の5050、5060、5070形は兄弟車両に当たります。
(但し前後ドア)

 デビュー当時、富山軌道線は約11qの路線網がありましたが、1972年以降路線の廃止が相次ぎ、1984年の山室線の廃止により、実質1路線・6.4qにまで縮小しています。
 これに合わせて7001〜7006の5両(7004は最初から欠番)は廃車。
 一方でサービス向上を図るため、1960年以降製作の12 両に対して、1984年より順次冷房化改造が施されました。
 それ以前の5両は台車の構造上乗り心地が良くなく、車体の強度不足もあって冷房化改造の対象外となり、1993年デビューのVVVF車・8000形に置き換えられて廃車となりました。
 残存車両の大半は8000形と同様のカラーリングに変更され、窓上の広告枠の新設も行われています。
 一部は全面広告車となりました。

 以来さらに17年の長きにわたり、8000形と共に富山軌道線の主力として活躍してきました。
 しかし、36年振りの復活となった環状線「セントラム」用の超低床連接車9000形に続き、2010年になって同じく超低床連接車のT100形「サントラム」が営業を開始しました。
 富山軌道線では富山ライトレールとの相互乗り入れの構想もあり、車両や路線の今後の動向によっては、現有でも最古の車両で50年になる7000形の今後の去就が注目される事になりそうです。

 今回の記事は
「私鉄の車両10 富山地方鉄道」(保育社) ※現在はネコ・パブリッシングによって復刻
「鉄道ピクトリアル1997年9月号」(鉄道図書刊行会) 等
を参考にさせて頂きました。

 古い車両が続きますが、次回のこのシリーズは小湊鐵道キハ200形について書く予定です。
 こちらも最古の車両はそろそろ50年ですから、代替車両の話が出ても良さそうな頃ではありますが…。

 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。(名前は公表しません。)


富山地方鉄道・加越能鉄道 (私鉄の車両10)
ネコパブリッシング
飯島 巌



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

262 私鉄の車両シリーズ61 富山地方鉄道デ7000形 絶対!乗り物中心主義/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる