絶対!乗り物中心主義

アクセスカウンタ

zoom RSS 1628 暮れの成田 初の「ひこうきの丘」も 2

<<   作成日時 : 2017/01/03 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

 昨年3月18日、成田空港A滑走路・R/W34Lを見る事ができる芝山町の公園「ひこうきの丘」がオープンしました。どんなロケーションなのか、さっそく訪れてみましょう。

画像

 ひこうきの丘は、2段に分かれていて、スロープで結ばれています。上の段からA滑走路を見ると、こんなかんじ。
 手前のバスは南三里塚からの成田空港バス。芝山千代田駅から博物館北まで、このバスできました。その折返し。

画像

 離陸はこんな感じで見ます。

画像

 もう少し広い範囲で見てみます。

画像

 JALやANA、DLの整備場も見る事ができるが…。
 ガーン!「JET−KEI」がいる…。この様子だと、今日は飛ばないな…。

画像

スカンジナビア航空 A340−300 OT−KBA
 着陸機はこんな感じです。以前のヘリコプター発着場脇のポイントより、若干腹ばい気味になります。迫力あります。

画像

アリタリア・イタリア航空 A330−200 EI−EJJ
 これと次のAZ2枚は、ひこうきの丘オープン以前のポイント(畑の脇の小道)から撮ってみました。ミラノ線はA330−200の運航。新色が来てくれました。

画像

アリタリア・イタリア航空 B777−200ER EI−ISA
 ローマ便はB777−200ER。

画像

ルフトハンザ・ドイツ航空 A340−300 D−AIGZ
 ここからは離陸機を一気にご覧頂きます。

画像

LOTポーランド航空 B787−8 SP−LRB

画像

大韓航空 B737−800 HL8224
 ナローボディ機はちょっと辛い。300oでは小さい。それは以前のポイントもほぼ同じだが、ここだとB767やB787も、少々小さめになるかも。
(若干トリミングしています)

画像

日本航空 B767−300ER JA610J
「ドラえもん」。今は国内線でも飛んでいるが、思うのだけれど期間限定でなく、BR「ハローキティ」のようにいくつかキャラクター毎につくって(「ドラえもん号」「のび太号」みたいに)、路線を固定して、長期間飛ばしてもいいんじゃないかと。

画像

マレーシア航空 A330−300 9W−MTL

画像

キャセイパシフィック航空 B777−300 B−HNG

画像

ユナイテッド航空 B777−200ER N777UA

画像

ジンエアー B737−800 HL7564
 小型機はトリミングをしないと、こんな感じになる、という事。

画像

 展望台と着陸機を絡めると、こんな感じになります。ただし、午前中のA滑走路への着陸機は少ない。

画像

 11時を過ぎると出発ラッシュ。確認できるだけでも8機が数珠つなぎになっていました。

画像

スイス・インターナショナル A340−300 HB−JMK

画像

シンガポール航空 B777−200ER 9V−SRP

画像

 今日最大の目当て、イベリア便がいよいよ姿を見せました。

画像

イベリア航空 A330−200 EC−MIL
 スペシャルマーキングか!アルカラ門と闘牛場の銅像。よく見ると、日本語が書かれています。日本路線専用なのでしょうか?

画像

KLMオランダ航空 B777−200ER
 スミマセン、レジが読めません。

画像

アメリカン航空 B777−200ER N750AN

画像

スリランカ航空 A330−200 4R−ALC

画像

エールフランス航空 B777−300ER F−GZNA

画像

 航空科学博物館ごしに、B滑走路への着陸機を見ます。大韓航空B747−400。

画像

スクート B787−9 9V−OJF

画像

フィンエアー A340−300 OH−LQE
 先に芝山千代田駅からB滑走路着陸を見た、「one world」機が来ました。

画像

エティハド航空 B787−9 A6−BLB
 エティハドも新カラー機が来ました。こうしてみると、成田は急速にB787シリーズが増えました。

画像

エア・カラン A330−200 F−OHSQ

画像

 ジェットスターグループの2ショット。左はジャパン、右は本体のメルボルン行。同じジェットスターでも、ベースの色使いはかなり違う(本体はB787という事もあるが)。

画像

ジェットスター B787−8 VH−VKI

画像

スカンジナビア航空 A340−300 OT−KBA

画像

アシアナ航空 A330−200 HL8293

 13時前になると、どうも様子がおかしい。BAのB787−9が、北の方へタキシングしていく。
 ランウェイ・チェンジだ。確かに風が南から吹いている。天気予報が「晴のち曇り」だったから、悪天になる兆しなのか。

画像

 離陸機(ジェットスター・ジャパン)が、公園を見下ろすように、遙か上空を通過していく。

画像

 BA機が上昇していく。
 という事は、このままここに留まっていても撮影にはならない。想定外の事態だった。第2ターミナルに戻る。

画像

 改めて、ひこうきの丘全景。今の所は仮設トイレ(男女別)と、飲料・アイスクリームの自販機があります。本当は菓子パンとか、スナックとかの自販機もあれば良いと思った。
 無料駐車場もあるが、できるだけバスを利用したいもの。なお、芝山町の公式Webでは航空科学博物館バス停から10分とあるが、JR成田駅からのJRバス関東、東京駅からの高速バスだと、一つ手前の住宅入口で降りて、歩いて15分程度になる。芝山千代田駅とか、八日市場・多古町方向からだと、博物館北バス停で降りる事になります。

 運悪く、博物館北からの成田空港行バスは行ったばかり。仕方がない、芝山千代田駅までひたすら歩くのみ。私の足だと30分強でした。かろうじて、13時37分発成田行に間に合いました。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


 成田空港撮影行はもう少し続くが、次回は年末年始の航空利用のデータ分析で、その次に書きたいと思います。

《今日のニュースから》
 2日 6年ぶり成人式 福島県葛尾村
 3日 乗用車と京浜急行バス 正面衝突 9人ケガ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

1628 暮れの成田 初の「ひこうきの丘」も 2 絶対!乗り物中心主義/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる