アクセスカウンタ

<<  2017年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
1670 2017年3月 今月は何があった 何をやった
1670 2017年3月 今月は何があった 何をやった 「働き方改革」の議論が大詰めの日本。一方アメリカでは、「雇用」とは実業家大統領がチラつかせる「エサ」なのか?東京・大阪、二つの「豊」な土地を巡り、地方も中央も政治が揺れた3月。どのような事が起きたのでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/30 22:10
1669 JTB時刻表2017年4月号(JTBパブリッシング)
「JTB時刻表2017年4月号」が、18日(土)に発売になりました。  国鉄分割民営化から30年の節目、という事だが、表紙は「JR30年間を現役で走り続けた115系」と、思いのほか地味なものになりました。具体的な場所が記されていないが、大糸線・安曇沓掛〜信濃常盤間と思われます。現在大糸線は115系は運用されていないし、しかも湘南色・非冷房なので、かなり昔のはずです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/28 22:00
1668 横浜線 スタンプマーク伝説 4.桜木町〜磯子・大船
1668 横浜線 スタンプマーク伝説 4.桜木町〜磯子・大船  横浜線電車は、朝夕の一部と日中の大半が、根岸線まで直通運転を行なっています。根岸線は横浜線とは逆に、戦後になってからの開通で、1964(S39)年5月14日に桜木町〜磯子間が開業、その後1970(S45)年3月17日に洋光台、1973(S48)年4月9日に大船まで延伸して全通しました。  横浜線直通は、以前は日中に磯子まで運行、後に一部が大船まで延長されたが、現在は大半が桜木町折返しです。大船直通は、支社制度導入時に大船電車区(現鎌倉車両センター)持ちになった時点で、大半は出入庫の運用に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/26 22:00
1667 ようやく出そろった 関東私鉄ダイヤ改正
1667 ようやく出そろった 関東私鉄ダイヤ改正  3月25日及び4月21日の関東地方の私鉄・地下鉄のダイヤ改正の概要がようやく出そろいました。一般列車の発表が案外各社バラバラで、東急田園都市線・大井町線のダイヤ改正発表を待っていたら、こんなに遅くなってしまいました。明日25日にはいよいよ「S−TRAIN」が始まるのでタイミングを完全に逸してしまっているが、改めて関係する鉄道路線のダイヤ改正に関して、まとめてみたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/24 22:00
1666 横浜線 スタンプマーク伝説 3.相模原〜八王子・横浜
1666 横浜線 スタンプマーク伝説 3.相模原〜八王子・横浜  こどもの国が典型だが、横浜線の沿線は戦争の影響が色濃く残っていると言えます。今回の相模原もそうでした。横浜線は残りの八王子まで、そして直通運転を行なう根岸線に移って、横浜駅のスタンプマークの図柄を取り上げます。相模原のお祭りは、まもなく開催です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/22 22:03
1665 横浜線 スタンプマーク伝説 2.十日市場〜矢部
1665 横浜線 スタンプマーク伝説 2.十日市場〜矢部  横浜線のE233系6000番台に掲げられていた、横浜線・根岸線各駅のスタンプマークと、その図柄に描かれた施設・公園・行楽地にお祭りを訪ねて撮影した画像をご覧頂いています。2回目は十日市場〜矢部の7駅です。うち3駅は国鉄→JRの移り変わりの時期に開業した、比較的新しい駅です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/20 22:05
1664 横浜線 スタンプマーク伝説 1.東神奈川〜中山
1664 横浜線 スタンプマーク伝説 1.東神奈川〜中山  神奈川県横浜市神奈川区の東神奈川と、東京都八王子市を結ぶ、JR横浜線。1908(M41)年9月23日に横浜鉄道によって開業した、全国的にも歴史のある路線です。  戦後は73系から103系、205系と走り継がれてきた横浜線の電車は、2014(H26)年2月よりE233系6000番台が導入され、翌年8月に28編成全てが置き換えられました。この時、帯部の横浜線オリジナルロゴの他、運転室の脇には横浜線各駅+直通運転を行なう根岸線の8駅のスタンプマークが貼り付けられました。  今回から4回に分け... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/18 22:00
1663 乗り物で行こう、あの山へ 金時山 
1663 乗り物で行こう、あの山へ 金時山   去年は一度もやらずじまいで終わってしまった登山。今年こそもう少し回数を増やしたいと、先月の20日に行って参りました。  行先は事前にいくつか考えたけれど、箱根の金時山としました。前にも行った事はあるが、もう二十数年ぶりとなってしまいました。  最初は金時山から明神ヶ岳へ縦走し、宮城野へ直接降りるルートを予定していたのだが、予想以上に早く悪天になってしまって、途中でプランを変えざるを得ませんでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/16 22:01
1662 思い出の海外旅行クロニクル 29.2009年スウェーデン 5<終>
1662 思い出の海外旅行クロニクル 29.2009年スウェーデン 5<終>  当時置かれた状況により、2008(H20)年6月と、2009(H21)年3月の2回に分けて行く事となったスウェーデンも、共につつがなく旅を終える事ができました。最後の最後にハプニングはあったけれど。  最終回はいつもの通り総まとめとして、スウェーデンの鉄道車両と、ストックホルム中央駅の画像をご覧頂きます。またスウェーデンの鉄道の印象と、スウェーデンそのもののパーソナルデータを記して、完結とします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/14 22:00
1661 思い出の海外旅行クロニクル 29.2009年スウェーデン 4
1661 思い出の海外旅行クロニクル 29.2009年スウェーデン 4  帰国は慌ただしく、コペンハーゲンからドイツのハンブルグへICE−TDで南下、その日のうちに航空便をフランクフルトで乗り継ぎます。ANAのB747−400(国際線)「お別れフライト」の意味があったのだが、最後の最後にハプニングが待っていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/12 20:00
1660 思い出の海外旅行クロニクル 29.2009年スウェーデン 3
1660 思い出の海外旅行クロニクル 29.2009年スウェーデン 3  南部のカルマールは、本当は前年行く予定でした。しかし列車の遅延のため1日でたどり着く事ができず、この時は断念していました。今回は行きます。  翌日はマルメからエーレスン海峡を越えてコペンハーゲンへ。慌ただしいけれど、スウェーデンとはお別れです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/10 22:00
1659 思い出の海外旅行クロニクル 29.2009年スウェーデン 2
1659 思い出の海外旅行クロニクル 29.2009年スウェーデン 2  スウェーデンの北東部に位置するルレオは、1990年代に2度訪れていました。ただ、どちらもナルヴィクへの行き、又は帰りの途中に立ち寄ったもので、初めからルレオを目的地として訪れるのは初めて。今回は隣接する世界遺産を訪ねました。  夜行列車でとんぼ返り。翌日はストックホルムの小鉄道に乗り、合わせて市内にある空港で旅客機を撮ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/08 22:00
1658 思い出の海外旅行クロニクル 29.2009年スウェーデン 1
1658 思い出の海外旅行クロニクル 29.2009年スウェーデン 1 「思い出の海外旅行クロニクル」、今回は前回と同じスウェーデン、2009(H21)年3月のPART2となります。5回に分けて書きます。  当ブログはこの年の8月16日に始めました。したがって通算29回目の海外旅行となるこのスウェーデン旅行が、「クロニクル」の最終回となります。2012(H24)年10月にスタートさせたこの企画も、途中長期中断も挟みつつ、4年半でここまで来る事となりました。  前の年のスウェーデンは南部が中心になったが、今回は北部にも行っています。ただこの年もそんなに日数が取... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/06 22:00
1657 バスラマインターナショナル160(ぽると出版)
1657 バスラマインターナショナル160(ぽると出版) 「バスラマインターナショナル160」が先月末、発売になりました。  表紙は今回こそ、遠州鉄道の新エルガとエアロエース、それにヤサカ観光のアストロメガ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/04 22:00
1656 JTB時刻表2017年3月号(JTBパブリッシング)
「JTB時刻表2017年3月号」は先月20日発売になりました。いよいよ改正ダイヤ全面発表です。遅くなったが、ここでどのように変わるのか、全部は見る事は出来ないけれど、できるだけチェックしていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/02 22:00

<<  2017年3月のブログ記事  >> 

トップへ

絶対!乗り物中心主義 2017年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる