№2407 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 阪急電鉄・3 京都線

 ひと昔、ふた昔前の阪急の駅、最終回は京都線です。  京都線は、阪急の主要3路線の中で、最も華やかな路線と言えます。40㎞以上あり、目的地に観光資源が数多くある京都を控えている事もあって、それこそ戦争前から高速電車が多数走り、国鉄→JR西日本、京阪と三つ巴の競争を繰り広げていました。関西の鉄道の特徴を最も体現している区間と言えます。全車クロスシートの編成が導入されているのも、阪急では京都線…

続きを読む

№2406 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 阪急電鉄・2 宝塚線

 ひと昔、ふた昔前の阪急の駅をご覧頂いているシリーズ、2回目は宝塚線です。  宝塚線は神戸線、京都線とはやや異なり、ダイヤ面では当時は特急がなく(一時日中に設定された事もあったが短命に終わった)、基本的には急行と普通の2本立てで(ラッシュ時には箕面線直通の準急などもあった)、多少地味な感が、なくはなかった。駅の数が、他2線と比較してこまめにありました。ここも1995(H7)年(一部1991…

続きを読む

№2405 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.79

 衆議院解散で、深まりゆく「政治の秋」。メディアは公示前なのに早くも選挙報道一色になりつつあるよう。一方、それと反比例するかのように、新型コロナウィルス関連のニュースは、感染者数の大幅な減少もあって、急速に扱いが小さくなってきたようです。「第6波」を心配する声は小さくないが、どうかこのまま穏やかに推移して欲しい。「巣ごもり」はイヤだ。  首都圏の交通の、新型コロナウィルス感染に対する、特に…

続きを読む

№2404 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 阪急電鉄・1 神戸線

 衆議院が解散しました。この後19日公示・31日投開票の総選挙が行われます。既に市中には選挙ポスターの掲示板が設けられています。今回の総選挙はコロナ禍対策・「アフターコロナ」の経済が最大の争点と言われ、そうだろうとは思うが、それだけでもないはず。他にも聞きたい事、聞かなければならないだろう事はいくらでもあると思います。公示日となる来週火曜日の更新でまた、私なりに聞けるなら聞きたい事を並べてみます…

続きを読む

№2403 バスマガジンvol.109 (講談社ビーシー/講談社)

「バスマガジンvol.109」、予定通りの刊行だったが、こちらが先週出かけていたので、取り上げるのが少々遅くなってしまいました。  表紙は、入ったばかりらしい、最新のブルーリボン。 おじゃまします!バス会社潜入レポート Vol.109 長電バス  長野は7月半ば、神奈川県独自の「緊急事態宣言」が出される前に行ってきて、時間は短かったけれど、長電バスの写真も少し撮ってきました。2…

続きを読む

№2402 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.78

 関東地方の2大交通系ICカード、JR東日本のSuicaと、私鉄・地下鉄・バスのPASMOは共同で、モバイルへの乗り換えをPRしています。「非接触」の文言があるように、昨今のコロナ禍が背景にあるのは、明らかでしょう。他のICカードでもあるようだし、MaaSの普及という政策もあって、「アフターコロナ」の交通の世界では、スマホが必携となっていくのだろうか。 (私の場合スマホはあるけれど、PAS…

続きを読む

№2401 東急池上線 池上駅

 東急池上線・池上駅は、地域の中心である事に加えて、池上本門寺の最寄り駅でもあり、東急の中でも比較的ローカルな路線と言える池上線の中では、常に多くの利用者で賑わる駅です。  その池上駅が先ごろ、前面リニューアルを終えて、完全に生まれ変わった姿を現しました。今回はこの、新生池上駅をご覧いただきます。  東急の公式WEBでは、2020(R2)年度の乗降人員が公表されていて、池上駅は27,…

続きを読む

№2400 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.77

 緊急事態宣言・まん延等防止措置が、9月いっぱいを持って、全て終わりました。月の後半になって感染者数が劇的に減少、神奈川県も今日は約半年ぶりに、1日の感染者数が100人を切りました。むろん非常に望ましい事態ではあるが、これだけ急な現象だと正直戸惑いも感じられるし、「第6波」などというリバウンドがなければ、と、かすかな不安も、感じなくもありません。複雑な心境は否めないが、ともあれこのまま人々の暮ら…

続きを読む

№2399 2021年9月 今月は何があった 何をやった

 思いの外駆け足でやってきた、「政治の秋」。パラリンピックも終わり、緊急事態宣言・まん延等防止措置が全て終わってスッキリ?した秋の空の下、いかなる政治的闘争が繰り広げられる事になるのか?(でもウルサイのはイヤ)。史上空前のテロから20年、あいつが悪かったこいつが悪かった罵り合う前に、亡骸を平然と公衆の面前にさらすような連中と、武力・暴力なしでどう向き合うべきか、考えなければ…。そんな揺れに揺れ続…

続きを読む

№2398 JTB時刻表2021年10月号(JTBパブリッシング)

 ようやく、と言っていいのか、「緊急事態宣言」「まん延防止等重点措置」が、国レベルでは全て解除される事になりました。地方自治体レベルではもう少しいろいろな制限があるだろうし、大規模なイベントはまだ自粛が必要になるのかも知れないが、とりあえず、本当にホッと一息です。人の生活とダイレクトに連動するウィルス感染の事、まだまだ油断はならないが、一方でワクチンの接種も軌道に乗ってきているようで、ちょっとは…

続きを読む

№2397 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.76

 今緊急事態宣言発出からもう2か月近く、この数日は相当感染者数も減ってきていて、このままいけば、今月一杯での終了も見えてきそうです(まん延等防止措置に移行する所、各都道府県の判断で引き続き規制が続く所は出てくるだろうが)。少なくとも今年中は、いろいろな規制が劇的に緩和される事はないとは思うが、先週も書いたが、せめて外出自粛はしなくても良いくらいには、状況が好転して欲しいと思います。そういえば…

続きを読む

№2396 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 津軽鉄道

 青森県の私鉄の昔の駅、前回は弘南鉄道の駅をご覧頂きました。  今回は、ストーブ列車で有名な、津軽鉄道です。例によって記録を残していないのは申し訳ないが、保存している乗車券の日付からして、ほとんどの画像は恐らく、1995(H7)年1月13日の撮影です。ストーブ列車にも乗りました。当時はタブレット閉塞で、タブレットの受け渡しのシーンも見られました。それが、上の画像です。 津軽五所川…

続きを読む

№2395 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 弘南鉄道

 当ブログでは、去年の夏からこれまで、平成の30年間に起きた鉄道のできごとを、都道府県別に振り返ってきました。今月は長野県まで到達、長野県のローカル私鉄3社の、平成初期~中期くらいの時期に撮影した駅をご覧頂いています。 「ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅」は、今回からしばらくの間、これまで取り上げてきた県の鉄道の駅を、不定期・散発的にご覧頂こうと思います。残念ながら廃止になった鉄道の駅はだいぶ前…

続きを読む

№2394 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.75

 感染者数はなんとか減少傾向にあるようにも見えるが、今日からの3連休での感染拡大を懸念する声も、小さくはありません。それにしても、今回の国レベルでの緊急事態宣言発出から一ヶ月余り。特に経済界からは「出口戦略」の策定を求める声が上がり始めており、来月に行われるはずの総選挙の争点になる事は間違いないが、震災・豪雨などと違って、人の暮らしとダイレクトに連動するウィルス感染だけに、一歩間違えると怖い…

続きを読む

№2393 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 上田交通 別所線

 長野県内の私鉄の一昔、ふた昔前くらいの駅の姿をご覧頂くシリーズ、最終回は上田交通(現上田電鉄)別所線です。  かつては上田を中心に、いくつものローカル鉄道路線を走らせていた上田交通だったが、1969(S44)年6月以降は、今の別所線1路線だけになっていました。その直前に東急の傘下になっていた事もあり、昭和の終わり頃からは、東急の中古車両で車両の近代化が進められる事になります。  今回撮…

続きを読む

№2392 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 松本電気鉄道 上高地線

 長野県内の私鉄の、一昔、ふた昔前の駅の姿をご覧頂く短期シリーズ、今回は、松本電気鉄道(松電:現アルピコ交通)上高地線の駅をご覧頂きます。  この所何年も足が遠のいていかんなあとは思っているが、この路線は路線名の通り、上高地へのアクセスとして機能していて、終点の新島々では上高地や乗鞍高原、新穂高温泉等の山登りの基地へ向かうバスが発着し、特に登山シーズンの夏場は大いに賑わいます。無論、地域住…

続きを読む

№2391 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.74

 案の定、首都圏の1都6県を含む19都道府県は、緊急事態宣言が今月一杯まで延長される事になりました。政治の世界は、右も左も一気にヒートアップしているようだが、我々にとっては正直それどころではない。「出口戦略」という話も聞こえては来るが、早く少しでも事態が良い方向に向かってもらわないと、「ゼロ」も「アフター」もない、半永久的に新型コロナウィルスの脅威にさらされ続けなければならなくなるかも知れな…

続きを読む

№2390 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 長野電鉄

 先月、平成の30年の鉄道回顧で、長野県について書きました。  長野県の都市別人口は、県庁所在地の長野市が約37万2千人、松本市が約23万7千人、上田市が約15万5千人で、この3市のみ、人口が10万人を超えています。そして、この3市にはいずれも、私鉄の路線があります。  3回に分けて、長野県の各私鉄の、平成時代の駅の画像をご覧いただきます。1回目は、長野市から東部に路線網を持っていた…

続きを読む

№2389 バスラマインターナショナル187(ぽると出版)

 東京オリンピック・パラリンピックが、ついに終わりました。コロナ禍の真っただ中であり、開催に賛否両論…否定的な意見の方が、多かったのかな…あったのは致し方なし。私自身、開催は限りなく赤に近い黄信号…鉄道風に言えば、黄色2つの「警戒信号」にあった、という感もあったので。コロナ禍以外を含めてもスッタモンダがあったし、何よりほぼ全会場が無観客開催になってしまったのは、仕方がないにしても残念。それでも、…

続きを読む

№2388 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.73

 良い方向に向かっているのか、悪い方向に向かっているのか、まるで方向感がつかめないコロナ禍の最中、一気に「政治の秋」が早まる事態になりました。右からも左からも、発せられる言葉に「心」が感じられない今の政界だけれど(これが、感染が爆発的に拡大しているのに、人出が減らない理由の一つかも知れない)、10月半ばと想定される総選挙に向けて、政治の内も外も、どう動くのか、コロナ禍に痛めつけられる交通業界…

続きを読む

№2387 JTB時刻表2021年9月号(JTBパブリッシング)

「JTB時刻表2021年9月号」、先月末に発売になっています。  表紙はグラビア企画と連動して、JR東海の923形“ドクターイエロー”、東急の7500系「TOQ i」、近鉄のモワ24系「はかるくん」と、検測車両が並びました。これも、時刻表としては異例だと思う。お客さんが乗れない列車なのだから。 「のりもの情報局」は、「京成電鉄『船橋~千葉間開業100周年記念乗車券』発売中」「遠州鉄道・天…

続きを読む

№2386 2021年8月 今月は何があった 何をやった

 開催の是非に賛否別れつつも、アスリートの熱闘・奮闘が人々の共感も呼び、数多くのドラマも生んだ東京オリンピックが、とにもかくにも終わりました。と思ったら、待ってましたとばかりに感染が爆発的に拡大、医療体制は、今度こそ重大な危機、なのか。公然と「ロックダウン」も発言されるまでに至ったが、街をそぞろ歩く人々は、何を思うのだろうか?アフガニスタンの暴力的な大混乱、またもハイチの大地震、山火事に水害、月…

続きを読む

№2385 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.72

 この画像は、東急のシェアオフィス「エキスル長津田」です。以前は定期券発売所だったところで、先月12日よりシェアオフィスとして再出発しています。武蔵小杉も同様にシェアオフィスに転換していて、「電車とバスの博物館」B棟も、今月からシェアオフィスとして再開しています。コロナ禍で「働き方」の変革を余儀なくされている一方、券売機の多機能化やスマホアプリ定期券の登場などで、定期券購入のための専用の「窓…

続きを読む

№2384 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 20.長野県(2)

 平成の鉄道回顧・長野県、今回はデータ編です。前回も少し書いたが、長野電鉄の衰退が残念です。廃線もそうだし、残存区間も、便数が平成の30年間で相当減ってしまったので。平成になった頃は、日中でも長野発は毎時特急1本・普通4本のパターンダイヤになっていました。県庁所在地を起点とする、ある程度都市鉄道的な機能も保持していたはずの路線まで衰えていくというのは、如何に地方の鉄道が厳しい状況にさらされている…

続きを読む

№2383 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 20.長野県(1)

 平成の鉄道回顧、今回は長野県です。長野県のJR線は、新幹線を含めて大半はJR東日本が運営しているが、中央西線と飯田線(どちらも早期の災害からの復旧が望まれます)をJR東海、大糸線の南小谷以北をJR西日本が運営しています。JR3社の路線がある都道府県は、長野県が唯一です。新幹線の開業は長野県の鉄道に大きな変革をもたらし、ひいては日本全国にも、特に新幹線と在来線の関係の在り方に、重大な影響を与える…

続きを読む

№2382 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.71

 画像は、JR東日本が売り込んでいる、「ワーケーション」の動画広告(京浜東北線)です。しかし、感染者の増加に歯止めがかからない今、各道府県の知事はいらだちを隠せない様子で、神奈川県の黒岩知事などは、公然と「ロックダウン」を国に迫る発言をするようになりました。しかし「ロックダウン」では、自宅から出る事にも「制限」が加えられる事になるので、「ワーケーション」さえ成り立たない事になります。そうなっ…

続きを読む

№2381 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 19.山梨県

 平成の鉄道回顧、今回は山梨県です。山梨県の鉄道は、1962(S37)年7月の山梨交通鉄道線廃止以降、国鉄から民営化されてJR東日本に引き継がれた中央本線(中央東線)と小海線、JR東海の運営となった身延線、それに富士急行の実質4路線となり、平成の30年間、というよりもう60年近くもの間、路線の新規開業も廃止もありません。駅の開業も富士急行の1ヶ所のみで、平成の期間では、路線網の点では、最も鉄道の…

続きを読む

№2380 2021年度お盆休み 航空利用データ分析

 オリンピックが終わった途端、新型コロナウィルスの感染が爆発的に拡大、そして熱波から一転、破壊的な豪雨、今年の夏は、どうなっちゃっているの?各交通機関の皆様も、いろいろな意味で、ご苦労が絶えない事だろうと思います。本当は私も応援で乗って、遠くへ行きたいけれど、スミマセン、少なくとも今月一杯はガマンです。  さて、諸外国の情勢も交えて、世界的に「カオス」の様相も感じられたお盆休みが終わり、そ…

続きを読む

№2379 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.70

 まず、昨日・今日と東京都の1日の感染者数がついに5,000人を突破、全国でも20,000人を超え、日本の新型コロナウィルス感染禍は、これまででは最悪の事態になっています。なのに、それさえどこかに押しやってしまっている、九州・中国等の豪雨災害。江の川などの反乱も発生しているそう。どの程度の規模の被害になっているのか全貌はまだ解らないが、交通関係は、JR九州やJR西日本の各線、西鉄の天神大牟田線、…

続きを読む

№2378 息抜きだってしたいんだ 長野へ 2.しなの鉄道 スカ色を追う

 翌日、今回の旅のメインイベント、しなの鉄道の115系「スカ色」(S16編成)を撮りに行きます。朝起きて、ホテルの部屋のカーテンを開けると、快晴だ。暑くなりそうだが、絶好の出だしになりそう。  7月19日(月)  ホテルを後にして篠ノ井駅に向かう途中の、通りに立つバス停。アルピコ交通発足からちょうど10年、なのに、未だに「川中島バス」の名前が残っている(その下に「アルピコ…

続きを読む