№219 私鉄の車両シリーズ41 京阪電気鉄道800系

 久し振りの「私鉄の車両シリーズ」ですが、その前に。
 鉄道関連でちょっとしたニュースが2つ。

① 羽田空港の国際線ターミナルとD滑走路が10月21日供用開始になるというのは今朝のニュースでもご存知かと思いますが、合わせて東京モノレールと京急空港線の新駅も同日開業と発表がありました。
 東京モノレールは「羽田空港国際線ビル」
 京急は「羽田空港国際線ターミナル」と呼称します。
 なお、京急は、現在国内線ターミナルの地下にある「羽田空港」駅を「羽田空港国内線ターミナル」と改称します。

② 都電荒川線と阪堺電軌が提携し、都電7500型が阪堺旧カラー(深緑色でドア・窓部がオレンジ色)、阪堺モ501型が都電旧カラー(黄色に赤帯)をまとって走る事になるとか。
 一体どんな物になるのでしょう。
 カラーに関する提携といえば、江ノ電と嵐電が既に相手方のカラーをまとった電車を走らせています。
 今後は、こういうケースが流行になるのでしょうか。
 なお、運行開始はどちらも6月6日(日)との事です。

 本題に入って、今日はこちらも路面区間を走る電車、京阪800系です。
 といっても、かなり一般的な郊外電車に近くなりましたが。

画像

 京阪800系は、1997年10月に開業した京都市営地下鉄東西線への直通用として製作された、京津線専用の通勤車です。

 京津線は京阪三条~浜大津を結んでいた路線で、京都市内及び大津市内に併用軌道区間があり、小型車両の2両編成で運行されてきました。
 しかし、建設が進められていた京都市営東西線が京阪三条~御陵間で重複する事から、同区間を廃止し、御陵から地下鉄に直通する形態に改められる事になりました。
 また、架線の電圧が1500Vに昇圧される事、東西線の各駅にはホームドアが設けられ、ワンマン運転となる事で在来の車両は使用できなくなり、全車両新造の800系による運行に置き換えられる事になります。

 800系は、走行条件が大きく異なる京津線と東西線の直通のため、さまざまな工夫が施されています。
(路面区間を走る路線が地下鉄に直通するのは初のケースです。)
 車体は東西線と同じ16.5mに延長。
 イメージは京阪本線の7200系に似ていますが、大津市内に併用軌道区間が残る事から、自動車との接触事故を想定、アルミではなく修理が容易な鋼製となっています。
 スカート部と側面には警告用の車副灯を設置。
 車体色は琵琶湖をイメージしたライトブルーと白を基調にし、黄色の帯を巻いています。
 全電動車方式で、制御方式はIGBT素子のVVVFで京津線では初、パンタグラフは京阪全体でも初となるシングルアーム方式を採用しました。
 この他、東西線用のATOやワンマン運転用の機器も装備されています。

画像
画像

 車内は、先頭車は2-1配置のクロスシート、中間車はロングシートとして、観光・通勤の双方の需要に応えています。
 薄型クーラーを採用した事で、小型車両ながら天井の高さを最大限確保。
 各車両に車椅子スペースも設けられています。
 なお、座席のモケットは2006年に柄入りの深い青色+黄色のカバー(クロスシート)に交換されています。

 4連×8編成が製作され、1997年10月12日の直通運転開始時より一斉に運行を開始。
 在来車両は600・700形のみ石山坂本線専用となり、他は全て廃車となりました。
 直通は当初は京都市役所前まで。
 市営50系は京津線には乗り入れず、京阪側からの片乗り入れになっています。
 2002年より京津線内においてもワンマン運転が行われています。
 東西線は2007年に太秦天神川まで延伸しましたが、これに合わせて直通区間も延伸し、日中の一部列車が太秦天神川までの直通を行っています。
 同じ京阪グループの嵐電と接続するようになった訳です。

【編成】
←御陵     浜大津
 Mc1 800 - *M1 850 - M2 850* - Mc2 800
* パンタグラフ

 今回の記事は
「鉄道ピクトリアル2000年12月臨時増刊号 【特集】京阪電気鉄道」(鉄道図書刊行会)
「鉄道ピクトリアル2009年8月臨時増刊号 【特集】京阪電気鉄道」(鉄道図書刊行会)
「京阪電車 車両の100年」(京阪電気鉄道/ネコ・パブリッシング ) 等
を参考にさせて頂きました。

 次回のこのシリーズは、阪急7300系です。

 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。(名前は公表しません。)



細密イラストで見る京阪電車 車両の100年 (NEKO MOOK 1472)
ネコ・パブリッシング



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
京阪電気鉄道 (私鉄の車両15)
ネコパブリッシング
飯島 巌



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
TOMY プラレール 限定車両 京阪電車3000系
タカラトミー



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る