№235 私鉄の車両シリーズ49 高松琴平電鉄30形

 昨日の話になりますが、横浜市電保存館「トラムポート」に行って来ました。
 №220で「トラムポート」が人気らしいと書いた事もあり、今一度行ってみようと思い立ったわけですが、結構変わっているところもありました。
 来週書きたいと思います。
 今日は「私鉄のシリーズ」、高松琴平電鉄で人気があった旧型車両・30形について書きます。

画像

 30形は、元京浜急行電鉄230形を1977年~1980年にかけて購入し運用した形式です。
 京急230形は、京急の母体となった湘南電鉄デ1形及び京浜電気鉄道デ71及びデ83形をルーツとしています。
 16m級の2ドア車で、側窓が大きく、屋根の低さもあって非常に軽快なイメージを与えました。
 この両社は合併後、戦時体制下で「大東急」に組み込まれる事になり、この時点で形式は5230形に統一、戦後の「大東急」解体→京急発足時に230形となりました。
 後に側窓のアルミサッシ化などの改装を受けています。
 本線運用から晩年は大師線運用に就き、1978年に京急から引退しています。

 琴電への譲渡車両の他、1両がデ1に復元されて久里浜工場(京急ファインテック)に、1両が原型のまま鉄道模型メーカー関水金属の「ホビーセンターカトー東京」(新宿区西落合)に保存されています。
画像

 参考までに、「ホビーセンターカトー東京」に保存されている、京急230形(268号)をご覧頂きます。

画像

 琴電には14両が譲渡されました。
 230形は全電動車でしたが、半数がTc化され、MTユニット7編成が順次入線しています。
 琴電独自のHL制御・SMEブレーキ化、内装の変更は京急車両工業の手によって行われ、琴電仕様になって瀬戸内海を越えています。
 運転席では、琴電独特の緑色のマスコンが目に付きました。

 第1編成は重複する番号が存在したため、75形75+76編成となり、すぐに形式を変更しました。
 第4編成からは正面に貫通扉が設けられました。
 第5編成は29+30、以降も27+28、25+26と番号が若返っていきました。

 軌道線をルーツとし、大型車が入線できなかった長尾線・志度線の専用車として運用されてきました。
 当初は両線で共通運用されていましたが、瓦町駅の改良工事により志度線は他の路線から分断され、2編成が志度線専用車となりました。
 1999年以降、冷房改造を行った名古屋市営車両による置き換えが急ピッチで進み、6編成が廃車。
 志度線に最後まで残った27+28編成も、2007年には引退しました。

【編成】
←長尾・瓦町     高松築港・志度
 *Mc 30 + Tc 20
* パンタグラフ

 今回の記事は
「鉄道ピクトリアル1998年7月臨時増刊号 【特集】京浜急行電鉄」(鉄道図書刊行会)
「ローカル私鉄車両20年 西日本編」(寺田裕一・JTBキャンブックス)
高松琴平電鉄公式ホームページ 等
を参考にさせて頂きました。

 次回のこのシリーズでは、初の新交通システムとして、「六甲ライナー」こと、神戸新交通六甲アイランド線・100形について書きます。

 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。(名前は公表しません。)

 ところで、当ブログに関するお知らせです。
 まず、明日は本体の更新のため、当ブログの更新は1日お休みします。
 それから、当ブログはここまで何とかできるだけ毎日更新してきました。
 拙い内容でしたが。
 ネットの世界を通じて、自分は死んでいないよ、生きていますよ、という証しのためでもあリました。
 ただ、来月以降はひょっとしたら更新のペースを若干落とす事になるかもしれません。
 というのも、自分自身を巡る環境が変わる … はっきり言えば新しい職に就く事になる … ためなのですが、このため予告なしに更新をしない日が … まあ、これまでも数日はありましたが … 生まれる事になるかと思います。
 あらかじめご了承下さい。
 それと、バスについて扱っているWebサイトのブログ版でありながら、ここへ来てバスの話題がほとんどかけていません。
 なので、来月からはまた不定期ですが、バスに関わる連載を書いてみようと思います。
 ただしバスそのものというより、バス・あるいは他の公共交通と同じく、場所によっては存続の危機に立つものと組み合わせて書いた応援企画になります。
 どんなものになるかは来月以降のお楽しみ。
 それでは、6月の当ブログも、よろしくお願いいたします。



私鉄車両編成表〈2009〉
交通新聞社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る