№518 バスラマアーカイブス01 関東バスの走る道(ぽると出版)

 伊豆急行の「リゾート21」の内、3次車が引退する事になり、来週18日に「さよなら運転」を行う事になっています。
 今日撮りに行きまして、突然の思いつきだったから改めてここで取り上げるという事は敢えてしませんが、多少古いかなあと思ったものの、やっぱり残念だと感じました。
「リゾート21」も後は「アルファ」も含めて2編成(「アルファ」は、今夏は「リゾート踊り子」の運転がないから伊豆高原で編成をバラされていた)となり、主力は東急から転籍の8000系。
 夏休みの真っ只中だから家族連れや大学のサークルの合宿などで賑わっていましたが、やっぱり観光路線の主力が中古の4ドアステンレスカーというのは、(セミクロス改造されているとはいえ)哀しく思います。
 伊豆急行は東急グループでは唯一の長距離観光鉄道なのですから、伊豆急だけでなく、東急グループ全体を挙げて、イメージアップにつながるような新型車両の開発は出来ないものでしょうか。
 なお、JR185系の国鉄ストライプ色復刻編成が運行を開始しており、今日は<踊り子110号>での運用を確認しています。 

 全然関係ない所から始まりましたが、今日はバスです。
画像

「バスラマインターナショナル」のぽると出版から、新たなシリーズ「バスラマアーカイブス」がスタートしました。
 第1弾が、創業80周年を迎えた関東バス。
 まず、新旧対比の豊富な写真に驚かされます。
 都電ではよくある企画ですが、バスでは珍しい。
 特に昔の写真が、それも決して大手とも言いがたい事業者の写真がよくもこれだけ残されていたもので、カメラがそれ程普及していない時代ですから余計感心させられました。
 バスが皆渋いなあ。
 ボンネットももちろんですが、日産のNUR690がいい味出している。
 青梅街道営業所の昔の写真は、言っては何だけれど東南アジアの田舎のバスの車庫みたい。まさか未舗装?
 もちろん東京の事だからまるっきり変わってしまった所も多いけれど、一方で意外に変わっていない場所も多いものです。
 ただ、ターンテーブルの終点の南善福寺はありませんでした。いつ出来たのでしょう。

 バスの車掌さんのOBの方へのインタビューは、特に若い人には興味深いでしょう。
 何しろ今はバスどころか、鉄道だって車掌がいない列車が珍しくないのだから…。
(私だって、中学生の頃に銚子の方で乗った記憶はかすかにあるけれど…)
 運転手とのコミュニケーションが何よりも大変そう。
 大体車掌になるのが17~18歳位で、それで毎朝4時に起きて出勤なんて大したものです。
 遊びじゃないですよ、仕事でですよ!

 後半はカラー・白黒交えて1948年から今に至るまでの車両のアルバム。
 テキストも交えて思ったのは、関東バスは、道路事情と拡大する需要のせめぎあいの歴史だという事。
 昔の沿線の道路は未整備で道幅が狭くて、加えて高度経済成長の真っ只中だったから乗客は増える一方で、限られたサイズでいかに効率よく輸送するかという事に知恵を絞らせていたかというのが伺えるようです。
 ボンネット車がかなり遅くまで(首都圏なのに、なんと1970年まで)走っていた事もそうですが、3ドア車なんてその典型です。
 もちろん3ドア自体は各地で見られましたが、短尺の3ドアといったらここと後は、同様のロケーションの西武バス位だったのではないでしょうか?
 そして、塗装がほとんど変わらなくて(社名ロゴに変化が見られる位)、社紋も全然変わらないから(一時期のノンステップ車はつけなかったが)、ボンネットバスから最新のエアロスターまで同じデザインというのは、どこかゾクゾクするものを感じさせた。それだけ当時から斬新なデザインだったという事でしょう。
 関東地方は案外古いカラーを継続している事業者が少なくないとは思いますが、それにしても「継続は力なり」と改めて感じさせられました。

 最後に在籍リストがありますが、関東バスの場合は社号は年式とか、車種(メーカー)に関して規則性がなく、ある程度同じ仕様に番台を割り振るので、ファンでないと判別は難しいかも知れません。
 ポスト新長期規制の車両も入っていて、UDトラックスも7台入っています。
 年表を見ると、過去には伊豆地方に進出を図ろうとしていたようで、昨年まで長岡で旅館も経営していたようでした。
 今でも系列で沼津にタクシー会社、下田に自動車工場があるようです。

 関東バスは8月17日より、荻窪駅からの2系統で深夜バスを増発すると発表しています。
 夜行バスや空港バスはあるものの、西武バスや京王バスに比べると多少地味目な気はしますが、それだけにより地域密着の事業者として頑張ってくれるでしょう。

 このシリーズは今後どのような展開になるのでしょうか。
 次がどうなるかまだ発表がないですが、期待して待ちたいと思います。

 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

 勤務の都合で、次回更新は15日(月)を予定してます。
 僕は夏休みだよ、という方々も多いでしょうが、くれぐれも熱中症にはご注意ください!

 という訳で「エアコンガンガンかけて欲しいなあ!」というのも本音ですが、こういう試みもいいですね。
《今日のニュースから》
JR大宮駅 新幹線改札口に氷柱設置