№764 東急東横線⇔東京メトロ副都心線 2013年3月16日(土)相互直通運転開始

 フランス旅行記はもう一回お休みさせて頂きます。
 東急東横線⇔東京メトロ副都心線の相互直通運転が、いよいよ来年(2013(H25)年)3月16日(土)開始と決まりました。
 本日、東急と東京メトロ、さらに西武と東武からプレスリリースで発表になったものです。
(横浜高速みなとみらい線は今日現在は発表なし)

画像

(菊名~大倉山間を走行中の東京メトロ10000系訓練運転列車 解りづらいが、遠くにランドマークタワー)
 詳細な計画はおいおい明らかになるでしょうが、今日のリリースの時点では、東横線電車1時間18本の内4本は渋谷で折り返すものの、14本が副都心線へ直通。
 東横線の特急は副都心線内も急行となり、新宿三丁目~横浜は最速32分となるとの事です。
 現在のJR湘南新宿ラインは最速の特別快速が新宿~横浜で31分。
 運賃はJR540円に対し、東急⇔メトロは両者単純合算でも420円で、新宿での目的地(伊勢丹とか)によっては、両社はJRに対して大きなアドバンテージを得る事になります。
 迎え撃つJRはどういう対策を取るでしょうか。
(恐らく、JRも同日に改正を行うと思われる)

 また、さらに西武池袋線飯能、東武東上線森林公園(実質は川越市だろう)まで直通運転を実施。
 西武6000系、東武9000系や50070系が東横線に、東急5050系やみなとみらい線Y500系が西武・東武に入る事になります。
 西武の電車が神奈川県に入るのは初めて。
 東武の電車が神奈川県に入るのは、半蔵門線を経由して田園都市線に直通している伊勢崎線(スカイツリーライン)に次いで2例目です。
 東急の電車はどちらにしろ埼玉県に入る事になりますが、これは埼玉高速に直通する目黒線、東武スカイツリーラインに直通する田園都市線に次いで3例目。
 いずれも東京の先が埼玉県と言うのは面白い所。
 東急は埼玉県、西武・東武は神奈川県とはあまり縁がなかったのですが(グループ企業の進出はあっても)、既に東横線内では東武の広報誌が置いてあったり、西武沿線の行楽ポスターが掲げられたりしていて、相直運転開始に向けて、少しづつムードが高まってきているようです。
 またメトロは、日比谷線・半蔵門線・目黒線の電車が既に横浜市内に入っていますが、横浜駅を発着するのは初めてになります。

 運用面の(勝手な)推測ですが、西武・東武は全て10両固定編成なので、東横線内は特急・急行系のみ。
 東急の5050系(4000番台)も、相直開始時点で10連化されるので同じでしょう。
 メトロの10000系の内の8連や7000系、東急の5050系に5000系、みなとみらい線のY500系は8連なので、基本的には各駅停車のみとなるのでしょう。
(特急・急行も一部8連が設定されるらしいので、その運用に入る可能性はある)
 東急9000系は、恐らく相直開始時点で東横線から撤退でしょう。
 少なくとも副都心線への直通はないと思われます。
(保安装置の改造をしていない)

画像

(営団地下鉄時代の03系 祐天寺駅)
 一方これと引き換えに、東横線⇔日比谷線の相直運転は、(少なくとも定期では)終了する事になります。
(菊名折り返しは、渋谷方面行に立替らしい)
 1964(S39)年8月29日に開始した、都営⇔京成に次ぐ日本で2番目の相互直通運転でしたが、これにより、地下鉄がらみの相互直通運転が(事実上)廃止となる、初のケースとなります。
 これで東急1000系は今後どうなるのか。
 比較的新しい電車で、既に伊賀鉄道や上田電鉄で走っている同系ですが、他の私鉄でも走る機会はあるのか。
 またメトロ03系も来年でデビューから四半世紀となり、そろそろ去就が気になる頃と思われていたので、今後は注目かも。

画像

(7月1日撮影)
 さらに、長年意外に姿を変えずに使われ続けてきた東横線の渋谷駅も、地下移転でついに消える事になります。
 すでに先行して再開発事業が進められていますが(都バスのバス停移転なども行われている)、渋谷駅移転でさらに加速する事になりそう。
 跡地を利用してJRの埼京線・湘南新宿ラインのホームの移転や、交通広場の整備も行われる予定。
 来年3月16日、そしてそれ以降数年の間、目に見える所でも見えない所でも、東横線、そしてその他の各鉄道線も、駅も町も激変の時を迎える事になります。

 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

 次回こそフランス旅行の続き、ラトゥール・ド・キャロルからボルドーへの電車の乗り継ぎについて書く予定です。

 今朝7時30分過ぎに第一報が速報され、8時に記者会見の運びとなりました。
 しかしその直後にすぐ新しいユニフォームで古巣に挑む事になるとは、さすがはメジャーと言うか何と言うか。
 明日25日、ANAが成田~シアトル線を開設します。
(当面は2クラスのB777-300ER)
 夏休みに入った事もあり、この機会に観に行こうと思われていた方々も少なくなかろうと思うのですが、拍子抜け?
 でも川﨑選手や岩隈選手がいますから、彼らに期待しましょう。
 それにしても彼に対しては未だに「少年」のイメージが残るのですが、もう38歳ですか。
 常識的には「引退」の2文字が付きまとい始める年齢ですが、どうか、新天地で最後の最後まで抗って下さい。
《今日のニュースから》
イチロー ニューヨーク・ヤンキースにトレード マリナーズ戦に先発出場