№855 交通系ICカード 全国相互利用開始

画像

 交通系ICカードの全国相互利用が、本日関係各社からリリースになりました。
 JRグループなどのダイヤ改正と同時にリリースかと思ったのですが、こちらが先になりました。
 開始が3月23日(土)で、予想(東急東横線・東京メトロ副都心線の相互乗り入れが始まる3月16日(土))より1週間遅くなりました。

 全国相互利用は次の10カード。
1.Kitaca (札幌近郊のJR北海道線)
2.Suica (首都圏・新潟近郊・仙台近郊のJR東日本線及び一部の私鉄・バス)
3.PASMO (首都圏の私鉄・地下鉄・バス)
4.TOICA (東海地方のJR東海線)
5.manaca (名古屋地方の名鉄線・地下鉄・バスなど)
6.ICOCA (近畿圏・岡山~広島地域のJR西日本線)
7.PiTaPa (近畿圏及び岡山・静岡の私鉄・地下鉄・バス)
8.SUGOCA (福岡を中心とした九州北部・鹿児島近郊のJR九州線)
9.nimoca (西鉄線・西鉄バスと大分地域のバス各社)
10.はやかけん (福岡市営地下鉄)

 リリースで読んだ限り、スタート時点では、IC導入全事業者が即全国相互利用、とはならないようです。
 PASMOでは関東鉄道・多摩都市モノレール・千葉都市モノレール・横浜新都市交通(シーサイドライン)は範囲外。
 PiTaPaでは山陽電鉄・神戸電鉄・神戸新交通・神戸高速鉄道・能勢電鉄・北神急行電鉄と、兵庫県の事業者が範囲に入りません。
 特に山陽・神戸高速は阪神・阪急からの直通があるので混乱が起きないか。
 バスに至ってはとりあえず大阪市営バスと水間鉄道バス、それにしずてつジャストライン(静岡県)だけで、近畿圏のバスはほとんど全国相互利用の対象外です。
(近鉄バス・南海バスなど、PiTaPaの導入そのものがまだという所も多いが)
 統一性を欠く気がしますが、大半はIC導入自体が比較的最近でシステムがまだ対応できず、更新時に対応可能となるのだと思います。

 一方で新顔もあって、新潟交通がSuica等の全国相互利用ICカードで乗れるようになると、同時にリリースがありました。
(Suica事業者という事になるのか)
 新潟交通では独自のICカード「りゅーと」を導入していますが、このエリアで利用できるという事です。
(逆に「りゅーと」では他ICカードのエリアには乗れない)
 ICカードの一方通行の利用では、「ICOCA」で広島県の「PASPY」のエリアを利用できるのですが、こちらは引き続き「ICOCA」のみになりそうです。

 交通事業者の顔ぶれを見て一つあれ?と思ったのは国際興業で、「国際興業グループ」と記されていた事。
 今は東京・埼玉の国際興業バスに分社はないし(過去に「さいたま国際バス」があったが、数年で再統合されている)、山梨交通は別にカウントされているし、今後サービス開始までの間のどこかで再度分社が行われるのか?
(今日現在、国際興業からのリリースはない)

 一方、電子マネーについても全国相互利用が同時に始まりますが、「PiTaPa」は対象外。
 システムが異なるという事で、「ポストペイ」方式を採用しているからでしょう。
(他は皆「プリペイド」)

 全国相互利用スタートを一番待ち望んでいたのは、間違いなく京浜急行グループ(電車・バス)ではないかと思います。
 羽田空港に乗り入れているし、しかも東京モノレールが既に他のJRのカードとの相互利用を行っていて、差をつけられている部分があったから。
 これで例えば、自宅→羽田空港、飛行機から降りて福岡空港→唐津という利用が、手持ちのPASMO1枚だけで出来る事になります。
 交通系ICカードがスタートして10年余り、まだ完全ではないものの、ようやく全国相互利用という所まで来ました。
 今後はより一層サービスの精度を高めると共に、「PASPY」や札幌市の「SAPICA」、鹿児島市「Rapica」等、全国相互利用までは行わない地方のICカードとの連携も図られる事が期待されます。

 当ブログでは、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 なお、当ブログに寄れない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。

《今日のニュースから》
FIFA 前アジアサッカー連盟会長ハマム氏を永久活動停止処分