№851 やっぱり乗り物中心主義・香港旅行 6.香港名物トラムに乗る

画像

 一昨日(11月5日)、昨日(11月6日)は共に郊外の乗り物に乗ったり、撮ったりしました。
 今日は事実上香港最終日、午前中は香港名物・2階建てトラムです。

11月 7日(水)

 香港のトラムはたぶん全車両が広告ラッピング車ですが、上のトラムはエバー航空の「ハローキティ・ジェット」。
 他にもう一台、ピンク系の車両も見かけました。
「ハローキティ・ジェット」は日本路線がメインで当ブログでも御覧頂いた事がありますが、香港への就航もあるようです。
(前日チェック・ラップ・コクの撮影で見たエバー機は普通のカラーだった)

 路線は基本的に香港島の北部、堅尼地域(Kennedy Town)~筲箕湾(Shau kei Wan)を結んでいます。
 乗り継ぎながら堅尼地域より筲箕湾を目指そうと、まずはホテルに近い上環(Sheung Wan)より堅尼地域を目指します。

画像

 2階席最前部からの眺めは、こんな感じ。

画像

 沿線の公園ではこんなシーンも。やはり中国?

画像

 起点となる、堅尼地域電停。
 トラムは一見両方向に動けるシャトルタイプですが、実際はバスのような一方向型で、堅尼地域電停もループ線上にあります。

画像

 近くは海です。

画像

 電停のポールに掲げられている、トラムの路線図。
 堅尼地域には操車係?のスタッフがいたのですが、配布できる路線図のようなものは作っていないという事で、残念な話でした。

 まず、途中で枝分かれして跑馬地(Happy Valley)へ行く電車に乗りました。

画像

 いきなり終点の跑馬地。
 堅尼地域からはちょうど1時間。
 一方通行の単線循環ルート上に位置するターミナルで、線路が複数あり、数台の電車が待機しています。
 左手は競馬場です。
 セブンイレブンが見えますが、香港のコンビニはセブンイレブンの他にサークルKを確認しました。
 ローソンやファミリーマートはなかったな。
 今度は筲箕湾行に乗ります。

画像

 またいきなり終点の筲箕湾。
 跑馬地から53分かかっています。
 ここもループ上に電停がありました。
 電停の屋根の下で商売が行われているのはアジア的。

画像

 電停近くの城隍廟(シンウォン廟)。
 この付近は日本人が訪れる事も多いのか、観光インフォメーションには日本語も記されています。

画像

 電停からバスターミナル及びMTRの駅へ向かう途中のマーケットは、凄い人だかり。
 魚や肉の店もあるが、露天の店は野菜や果物がメイン。

画像

 筲箕湾のバスターミナル。

画像

 沿線の風景をいくつか。
 ここは上環(西港城 Western Market)電停です。
「總站」と称するちょっとしたターミナルになっていますが、この付近は上下でルートが異なり、堅尼地域→筲箕湾・跑馬地方向の電車は停車しません。

画像

 この建物は1888(M21)年建造の質屋で、今は「The Pawn」という高級レストランになっています。
 盧押街(Luard Road)電停の近く。

画像

 屈地街(Whitty Street)~北角の系統は、北角の手前で本線から別れ、春秧街(Chun Yeng Street)の一方通行のルートをたどって北角の終点に着きます。
 これが凄い光景で、線路などお構いなしに露店が展開されています。
 電車はカンカン鐘を連打しながら、掻き分けるようにノロノロ進むしかありません。
 時々、発展途上国で普通の鉄道線路上に店が並び、列車が近づくとあわてて逃げていく、という映像を見る事があるのですが、あれを思い出してしまいました。
(あれよりはまだ秩序があるとは思うが)

画像

 トラムの2階。
 前向きシートと、前後は横向きシートの組み合わせ。

画像

 1階はサイドシート。
 どちらもベンチみたいなシート。

画像

 運転台周り。
 運転台そのものも、運賃箱も簡素で古めかしい中、「オクトパス・カード」のカードリーダーが目立ちます。
 運賃は2.3HKD均一。お釣りは出ません。
 まあ3HKDを払う事になっても10円も差はないが、MTRの駅で「オクトパス・カード」を買っておくとスムースでしょう。

画像

 新型と思われる車両も数台見かけました。
 乗る機会はなくてすれ違いざまに見かけただけですが、ドアは完全密閉、シートは1階も前向きで、多少は上等のようです。

 香港のトラムは大半の区間がMTR港島線と並行するため廃止も検討されたらしいですが、実際に乗車した感触では乗客は決して少なくなく、MTRの恩恵がない跑馬地への路線もある事だし、当面は安泰でしょう。
 ただ、MTR港島線も現在上環~堅尼地域の延伸工事が進行中で、これが開通すると、多少は影響があるかもしれません。
 とりあえず、車両面での抜本的な改善(冷房化・1階部ノンステップ化など)は求められるのではないでしょうか。
 あと、やはり香港ゆえ車も人もとても多くて走り辛そう、走行条件の改善も必要でしょう。

 次回はその港島線を初めとしてMTR3路線、そして香港海峡を渡る「スターフェリー」に乗ります。

 当ブログでは、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 なお、当ブログに寄れない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。

********************

《今日見た・聞いた・思った事》
 北朝鮮がミサイルを発射した事は、実は帰宅してから初めて知りました。
 警戒態勢が解除された事で、航空各社も通常運航に戻ったようです。
 日本の総選挙、韓国の大統領選挙の真っ只中であり、どちらにも何らかの影響を与えるでしょう。
 もちろん今回の事態で、世論が右傾化する事は何としても受け入れられませんが、一方ここまで事態が深刻化しているのは、過去の「リベラル」勢力の底の浅さにも原因がある事は、指摘せざるを得ないと思います。
(特に拉致事件で)
 ちょうど10年前の日朝首脳会談が、北朝鮮に対する日本の各勢力(右も左も)の付き合い方を大きく変えてしまったと、改めて感じずにはいられません。
 それにしても、友好的な態度、強硬な姿勢、どちらも北朝鮮を変える事ができません。
 ではどうすればいいのか?
 当分答えは、誰も出せないでしょう。
 ですが、くどいけれど、それでも朝鮮半島に早く平穏が訪れる事を願います。

《今日のニュースから》
厚生労働省「パワハラ」実態調査 4人に1人がパワハラ体験