№903 東横線フェアウェル 2.メトロ03系

画像

 東横線3月16日改正では、メトロ副都心線との相互直通運転開始の一方で、日比谷線との相互直通運転が終了します。
 地下鉄がらみの相互直通運転が終了する、初めてのケースになります。
 東横線~日比谷線の相互直通は1964(S39)年8月29日、東京オリンピックの直前にスタート。
 日比谷線では2年前には東武伊勢崎線との相直が始まっていて、営団地下鉄初、都営1号線(浅草線)に次いで2路線目の郊外鉄道との相互直通路線になります。
 03系は1988(S63)年デビュー、アルミ車体のチョッパ制御車、日比谷線初の冷房車です。
 ほぼ同時デビューの東急1000系・東武20000系と共に、日比谷線の体質改善に貢献しました。

画像

 田園調布~日吉は目黒線との複々線、乗り入れてくるメトロ9000系との離合も頻繁に見られました。
 目黒線~南北線の相互直通開始は2000(H12)年9月、同じ東京メトロの異路線の車両が、直通先で同じ区間を並走する初のケースになりました。
 9000系は1990(H2)年(試作車製作)とデビューが03系に近く、並んでみるとイメージがかなり似ているのが解ります。

画像

 同じく東横線から姿を消す、9000系の特急を退避。

画像

 昨年秋より、相互直通開始に向けて各社の車両による訓練運転が行われています。
 03系運用は、上下とも綱島付近で訓練ダイヤとすれ違うようになっていました。
 まず西武6000系。

画像

 東武東上線9050系。

画像

 同じ東上線の50070系。

画像

 メトロ7000系・10000系は先行して、東横線車両として営業運転に入りました。
 平日は08、土休日は06の運用に入る事が多く、日中は両運用とも1回ずつ、上り特急として元住吉で03系を追い抜きました。
 西武も東上線も、副都心線も、17日以降も中目黒で並ぶ機会はあるが、同じ線路を走るのは期間限定。

画像

「菊名」の行先表示も、03系では見られなくなります。
 相直開始時点では乗り入れは日吉まで、日吉駅構内改良工事に合わせて菊名まで延長になりました。

画像

 土休日ダイヤでは1本だけ、03系の武蔵小杉行があります。
 北千住7時25分発の750S(→50081)列車。

画像

 側面の表示。

画像

 武蔵小杉着後回送となり、目黒線に転線して一旦元住吉検車区に入庫。
 30分弱のインターバルで再び出庫、駅下の元住吉1号踏切を通過。
 元住吉駅については№260で書いた通り、駅は高架線になったが、検車区が地上に残されたため、出入庫線の踏切も残されています。

画像

 踏切を通過した後、時間まで目黒線合流地点の手前で待機。

画像

 目黒線から転線、武蔵小杉8時57分始発の50082(→850S)列車で再度運用に入ります。
(03系元住吉入庫は平日も1回あるが、中目黒から回送)

画像

 平日朝ラッシュ時には、菊名で03系同士が並ぶ可能性が2回あります。
 7時45~46分と、8時47~49分。

画像

 新年早々関東地方を襲った「豪雪」の翌日(1月15日)、大倉山を出発。

画像

 多摩川の向こうの武蔵小杉は、この数年変貌著しい。

画像

 夕暮れ時の、鶴見川。

画像

 最後に、車内ドア上のLED表示と、日比谷線路線図。
 03系は東横線への直通は終了するが、同時に東武側の相直区間が南栗橋まで延伸される事になっています。
 初期車両ではVVVF制御改造を行った編成もあるとの事で、03系自体は今しばらく活躍が期待できそうです。

 16日以降は定期列車としての相直は終わるが、GW等の多客期には、臨時列車としての直通運転も、ひょっとしたらあるかも知れません(東急1000系も含めて)。
 しかし、東横線は日比谷線との相直が終了すると全列車が20m4ドア車に統一されるため、今後は各駅にホームゲート整備という流れになる気がします。
 現に中目黒の設置が既に発表になっています。
 そうなれば、少なくとも営業運転では、03系を東横線で見る事は完全になくなる事になります。

 03系の乗り入れがなくなると、東急全体でも鉄道線は他者からの直通も含めて全車両がワンハンドル車になり、大手私鉄では京王に次いで2番目となります。
(京急は自社保有車両は全てワンハンドルだが、2ハンドルの京成3500形、北総3260形、千葉NT鉄道9000形が乗り入れ)

 次回はメトロ10000系&7000系です。

 当ブログでは、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 なお、当ブログに寄れない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。

********************

《今日見た・聞いた・思った事》
 石垣島の空港が、現空港は今晩運用を終了、明日から新空港に移転します。
 新空港は現空港の北東の宮良地区に開港。
 滑走路2,000mで羽田まで直行可能、B767も就航でき、31日からのサマーダイヤでANAのB767-300が就航する他、6月にはピーチが乗り入れます。
 石垣新空港を巡っては、環境問題で長年紛糾してきました。
 私自身環境破壊は望まないが、10年ほど前に石垣島を訪れた時、新空港建設の話は解らないではないとも感じました。
 便数が多いのに滑走路が短くて誘導路もなく、エプロンもB737が数機並んだらもう限界で、何よりジェット便の安全運航には問題が少なくないと思ったものです。
 現に、那覇からのANK機がフラップの異常で着陸できず、那覇へ引き返したというニュースもどこかで聞きました。
 2つあるターミナル(JTAとANAで別)も平屋建てで狭いし。
(もちろんボーディングブリッジなんてなく、徒歩か東運輸のバスで搭乗する。これはこれで航空旅行ファンには楽しいだろうが)
 日本は結局、設備の改善と環境の保全の両立が極めて難しい国土なのです。
 石垣島に限らず、空港・航空業界に限らず。
 今後他地域でも空港とか、新幹線や高速道路とかでも起こりうるだろうが、何とか先鋭的な対立に陥る事無く、両面で納得できる解決策を追及する事が望まれます。

《今日のニュースから》
シャープ サムスンとの資本提携を正式発表