№905 東横線フェアウェル 4.Y500系その他

画像

 ちょうどあと1週間後、15日を持って現在の東横線渋谷駅は営業を終了。
 翌16日よりついに、メトロ副都心線との相互直通運転が始まり、さらに東武東上線・西武池袋線にも跨る一大相互直通ネットワークが完成します。
 この相直開始の影で見られなくなるシーン、期間限定のシーンを集めてみましたが、最後にみなとみらい線Y500系と、渋谷駅付近を中心に、車両以外のシーンをいくつか御覧頂こうと思います。

画像
画像
画像
画像

 特急・通勤特急は16日から全列車10両編成になるが、Y500系は8連のまま。
 従って16日以降は、通常ダイヤである限り、Y500系の特急・通勤特急は見られなくなります。
 恐らく。

画像

 5050系(一部5000系)は、10連の4000番台(現在、一時的に運用を離脱している)を除いて8連のままとなり、正面に区別のためのステッカーが順次貼られています。
(同時に弱冷房車の設定変更も実施)
 なので、このステッカーがある編成の特急が見られるのも、期間限定の話。

 渋谷駅は東横線のみならず東急電鉄、さらには東急グループを代表するターミナルで、駅周辺には東急百貨店や109、ホテルなどグループの施設が所狭しと並んでいます。
 東急グループにとっても今回の相直開始=渋谷駅営業終了は一大事、グループを挙げて大キャンペーンを行っています。
 №803で現状の渋谷駅を御覧頂いていますが、改めて営業終了間近の渋谷駅とその周辺のシーン。

画像

 東急線では昨年より駅ナンバーが制定されました。
 渋谷はTY01。
 どの道移転が近いので標識類はそのままかなと勝手に思っていましたが、昨年駅ナンバー制定に合わせて一新しました。
 新駅では左側に「明治神宮前」と書かれる事になり、左側が空欄なのは今の内だけ。

画像

 時刻表と路線図。

画像

 2階改札口付近では、東急電車のキャラクター「のるるん」と共に、相直までのカウントダウンが行われています。

画像

 渋谷駅1番線に進入する、Y500系。

画像

 渋谷駅直前の高架橋。
 左を流れる渋谷川は以前少し書いた通り、この後東口駅前の地下を暗渠として流れていきます。
 今月一杯で営業を終了する東急百貨店東館は、だからデパートでは御馴染みのはずの「デパ地下」がありません。
(「デパ地下」に相当するのはホーム真下・1Fの「東横のれん街」。当分営業?)

画像

 並木橋。
 Y500系には、相直開始PRの装飾ステッカーがあしらわれています。
 下を走る東急バスは〔渋71〕系統(渋谷駅東口~洗足駅)。
 高架橋及びその周辺は、今後どうなるのか。

画像

 前回メトロ車両を渡るシーンを御覧頂いたが、改めてJR山手線・埼京線を乗り越す鉄橋。

画像

 渋谷~代官山に1箇所ある踏切(渋谷1号踏切)も、地下線化により廃止になります。
 新しい東横線では、渋谷の地下線を発車したら、次の踏切は都立大学駅の先の都立大学1号踏切になります。

 渋谷駅とその周辺以外からも、いくつか。

画像

 各駅の上りホームの表示(ここは綱島)。
 最近になって、駅ナンバーを併用した新タイプに交換されているが、上りホームに関しては、暫定的に「日比谷線北千住方面」と書き加えられたプレートを貼り重ねています。
 この下に、どんな文言が書かれているのでしょうか?

画像

 菊名駅の乗車目標の案内。
 菊名は日比谷線直通の始発で、このような詳細な案内がありました。

画像

 日比谷線専用の乗車目標。

画像

 10連運転開始に合わせ、今月から各駅ホームの発車案内表示には、連結両数が書き加えられるようになりました。
(当然今は全列車8連)
 日比谷線直通にも書き加えられています。
 前述の通り、8連の特急が見られるのも今の内。
 この表示内容もまた、期間限定。

画像

 時刻表も既に交換が進められているようで、その上から、現在のダイヤと、新ダイヤが並んで掲示されるようになりました。
 上りの場合、新ダイヤでは和光市行が基準になります。
 東横線の沿線で「志木」とか「石神井公園」って行先、どう映るのだろうか?

画像

 田園都市線の池尻大橋~用賀の各駅(新玉川線区間)は、渋谷経由か二子玉川経由かで運賃が異なっていました。
 渋谷駅が東横線と田園都市線で別々の駅になっていた事もあってそうなっていたのだが、16日以降は両駅がノーラッチで行き来できるようになり、最短経路での運賃計算に改められる事になります。
(既に交換は実施済みの模様で、その上から現在の紙の運賃表が掲げられている)

画像

 9000系の所で書いた通り、女性専用車両の設定も変わる事になり、各駅では予告の告知が大きく掲げられています。
 改めて内容を記すと、
1.時間は平日ダイヤの始発~9時30分(現行より30分短縮)、夕方は取り止め。
2.時間内は全列車対象で、各駅停車でも行う。
3.5号車→(8連・10連共)1号車(東横線基準で渋谷方先頭車)に変更。
 従って、現在掲げられているステッカーの位置や文言も、大きく変わる事になります。
(9000系以外は、外部のステッカーは既に撤去済み)

 以上、4回に渡って、東横線で見られなくなるシーン、見られなくなる「だろう」シーン、さらに期間限定のシーンを集めてみました。
 最後の方は、かなり重箱の隅をつつく格好になったかも知れません。
 本当はもう少し色々なシーンを集めてみたかったのですが、時間的な制約もあるし、今年に入ってから駅も沿線も急にファンの数が増え、トラブル発生が心配になってきたので(私自身が「種」になってしまいやしないかと)、ここで一区切り、とさせて頂きます。
 15日一杯で、これまで普通に見られたはずの9000系・1000系・メトロ03系は東横線からは消滅。
 翌16日になると、まるで馴染みがない西武6000系や東武9000系(9050系)、50070系が一気にガンガン走りまくる事になります。
 もちろんメトロ10000系や7000系も数が増えて、東横線内で行き違うシーンが頻繁に見られるはずです。
 ダイヤも含めて劇的すぎる変化、ファンはまだしも、一般の利用者にはどのように映るのだろうか?
 相直開始から数週間・数ヶ月は内も外も慌しいだろうが、落ち着きが戻ってきたら、改めて観察してみようか、とも思います。
 とりあえずは西武池袋線直通の特急で、奥武蔵に行ってみたいなあ。

 最後に、画像がどれもこれも非常に見づらくなってしまったのはゴメンナサイ。
 アナログフィルムで撮影して、そのネガをスキャナーで直接スキャンしているもので。

 当ブログでは、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 なお、当ブログに寄れない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。

 その東横線、昨晩は災難でした。
 悪気はなかったようだが、飲み過ぎ、酔い過ぎにはご注意。
 来週金曜日には、こんな事が起こらないように。

 次回ですが、実は日曜日の仕事と引き換えに、月曜・火曜日が急遽連休となりました。
 正直行先について迷っているのですが、とにかくどこかへ泊りがけで行きます。
 今の所は鳴門市が第一候補だが、変わるかも知れません。
 このため、通常の土・日曜の休みに加え、月曜日も更新を休みとし、3連休とさせて頂きます。

 その月曜日は、東日本大震災から2年。
 関東の大手私鉄の一部(東急も)では、発生時刻(14時46分)に合わせて一旦停止訓練を行うとリリースしています。
 本当なら昨年同様、何か書かないといけないのだろうが、正直言葉が思い浮かびません。
 ありきたりながら、犠牲になられた方々、被災された方々へのお悔やみとお見舞いの言葉を申し上げます、としか、今は言えません…。

《今日のニュースから》
尖閣諸島購入寄付金 東京都議会 基金化条例可決

 欧州のメディアが日中間の戦争の可能性にまではっきり言及した「尖閣諸島問題」、日本の「リベラル」勢力がダンマリを決め込んでいるのは、はっきり疑問です。
 領土問題が戦争に至るお定まりのパターンなのは、古今東西変わらない事でしょう?