№942 思い出の海外旅行クロニクル 6.1996年欧州縦横断3

画像

 前回の「クロニクル」のイタリア旅行では、帰りの途中、スイス・チューリヒの空港で旅客機を撮影した事を書きました。
 その経験を踏まえ、今回の旅ではチューリヒで1日取って、空港での旅客機の撮影に当てる事にしました。

1996年 7月13日(土)

画像

 パリからの夜行は、ミラノ中央駅にはドンピシャ定刻に到着。やるじゃん。
 残念ながら、現在はパリ~ミラノの夜行列車は廃止になりました。

 半年前に酷い目にあったミラノ中央駅だが、私自身の失策から起こった事であり、ミラノ自体に悪いイメージなどありません。
 午前中は市内を少し歩いてみました。

画像

 地下鉄3号線「イエローライン」。
 最新の路線で、正面はJRの209系に雰囲気が似ていると思いませんか?

画像

 その車内。

画像

 セントラル駅のホーム。
 デザインがモダンだが、ここに限らず、例によってあちこち落書きが目立つのが残念な所。

画像

 大聖堂駅の入口。
 銅像はヴィットリオ・エマヌエーレ2世。

画像

 大聖堂。

画像

 ミラノ市電。
 当時としては比較的新しい3連接車。
 運転台が中央よりドア側に寄った位置にあるのが珍しく見えた。カーブでの接触を避けるためか。

画像

 サッカー・セリエA、ミランとインテルのホームスタジアム、スタジアム・ジュゼッペ・メアッツァ。
 とにかく大きい。
 最寄の市電の電停、24系統のAxumはループスタイルの終点だが、留置線が何本も設けられていました。
 西武球場前駅の如く、試合がある日には電車が何本も並んで、終了後の観客を一斉にあちらこちらへと運んでいくのだろう。

画像

 ベルン行の334列車。
 イタリア国内はE、スイス国内はICで走ります。

画像

 シンプロントンネル。

画像

 トゥーン湖の情景は、なんだかすがすがしいものを感じました。
 青い空と白い雲が、夏本番到来を告げているよう。

画像

 ベルン駅。
 4つのスイスの公用言語で「駅」と書かれています。
 BAHNHOF=ドイツ語、GARE=フランス語、STAZIONE=イタリア語、STAZIUN=ロマンシュ語。

画像

 ベルンの市電。
 今回は、市電は乗りませんでした。
(9年後に乗り歩く事になります)

画像

 ベルン~ソーロトゥルンには私鉄のRBS(ベルン・ソーロトゥルン鉄道 Regionalverkehr Bern-Solothurn)が走っているので往復してみました。
 新型電車は2年前ディエティコンで乗った別の私鉄と同タイプだが、中間に1等車を組み込んだ3連が1ユニットになっています。
 新型なのに冷房がない上、窓も上の方が少し内側に開くだけ。
 冷房がないならないで、窓を全開できるようにしてくれよ、とも感じたのだが、これが日本と欧州の気象条件や設計思想の違いなのかも知れない。

画像

 ソーロトゥルン駅。
 駅前から、別の私鉄も発着しています。

画像

 ベルンに戻って、夕食はチューリヒへ向かうICの食堂車。
 充分満足できました。

 この晩はチューリヒのホテル泊。
 3日ぶりのホテルで、ここに連泊する事になります。

********************

1996年 7月14日(日)
 やった、快晴だ。
 空港へ列車で移動、この日はほとんど一日、展望デッキから旅客機取り捲りでした。

画像

 展望デッキは有料で、当時は2SFR。
 8時ちょうどのオープンで、日曜日とあって既に多くの観客が、オープン前からたむろしていました。

 撮影した旅客機を全部御覧頂くと容量オーバーになるので、日本では見られない会社や、もう見られなくなったカラーなどを中心に並べてみます。
(以前別の記事で御覧頂いたものもあります)

画像

ヴィーナス航空 B757-200

画像

クロスエア MD-82
 スイス航空の子会社だったが、親会社の破綻により後を受け継ぐ形として、現在のスイス・インターナショナル・エアラインズ(LX)になっています。

画像

アドリア航空 DC-9-31

画像

シティジェット B737-400
 アイルランドの会社だが、当時はJAT機材をリースして運航していたようです。
 尾翼のデザインに、名残りがあります。

画像

スカンジナビア航空 MD-81
 旧塗装。

画像

メリディアナ MD-82

画像

フィンランド航空 MD-82
 旧塗装。

画像

マレヴ・ハンガリー航空 Tu154B-2
 昨年倒産してしまいました。

画像

エーデルワイス航空 MD-82
 最近、このカラーのA330が日本にも度々飛来、成田へもLX便としての就航があるようです。

画像

アヴィアノヴァ ATR-42

画像

JATユーゴスラビア航空 B727-200

画像

トルコ航空 A310-300

画像

エアカナダ B747-200B
 旧塗装。

画像

クラシックエア DC-3
 DC-3!
 チューリヒ空港付近の遊覧飛行用らしいです。

画像

TEAスイス B737-300

画像

キプロス航空 A310-200

画像

エミレーツ航空 A300-600R

画像

中国国際航空 B747SP

画像

 ここで、展望デッキから眺めたチューリヒ空港の全景。
 市の中心部から近いのに、自然が非常に豊かなのには驚かされます。
 ターミナルの左にいるB747-400は実はJALで、当時は成田~チューリヒ~ローマの便があり、この機体はローマから来て、成田に向かう途中の寄航でした。
 ただ、到着する予定のスポットがまだ空いていなくて(出発便が遅れていたようだ)、この場所で20分も足止めをくらっていました。

画像

日本航空 B747-400

画像

ロイヤル・エア・モロッコ B737-200

画像

TAPポルトガル航空 B737-300

画像

エア・モーリシャス B767-200ER

画像

クロスエア MD-82(マクドナルド)
 クロスエアには、全体がマクドナルドカラーの機体もいました。

画像

CSAチェコ航空 B737-500

画像

エール・アンテール Do328

 チューリヒは当然スイス航空が中心になるが、日本では見られないカラーの機体が次々に現れてワクワクしました。
 これは病みつきになる、この後の海外旅行でも、旅客機の撮影をプランに組み込む事が多くなる事になります。
 それにしても、暑かった…。
 今回の旅は暑い暑いばかり言っているが、ここも例外ではなく、展望デッキにあるカフェテリアで販売しているアイスティを、何度もがぶ飲みしてしまいました。
 日陰が恋しかった…。

画像

 最後に、絵葉書で見るチューリヒ空港の航空写真。
 R/Wは10-28・14-32・16-34の3本があり、この日は離陸が16または10、着陸は14を主に使用していました。
(R/Wの番号は私が書き加えています)

 空港そのものに関しては、当時はスポット数自体が少なかったし(JALの前にも、エアカナダのB747も到着時、スポットが空くのを待たされていた)、荷物積み込みの段取りがあまり良くなく、ブリッジが離れてから再び機体の貨物室の扉を開けて荷物(特に乳母車)を入れ直すという事が、あちこちでありました。
 この後ターミナル増築工事が行われているので、今は改善されているだろうと思います。

 一日滞在でリフレッシュ、翌日から後半の乗り継ぎが始まります。

 当ブログでは、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 なお、当ブログに寄れない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。

《今日のニュースから》
マンチェスター・ユナイテッド ファーガソン監督 今季限りの退任を発表