№1045 やっぱり乗り物中心主義のロンドン旅行 6.ヒースローで旅客機撮りまくり

 やった、次の朝は、今度こそ快晴だ!
 欧州ゆえ天気の変化が早いだろうし、朝見たTVの天気予報もロンドンは今一つ。
 なのでいつまで持つか解らないが、とにもかくにも、今一度ハットン・クロスへGO!

10月 8日(火)

 再び地下鉄を乗り継いでハットン・クロスに降り立つ。
 昨日とはR/Wが違っていて、今の時間は、着陸は北側の27Rを使用しているようです。
 撮影ポイントまで遠いけれど、ともかくテクテク歩いて行きます。
(ポイントへの詳細は後で記します)

 画像が多いので、一気に行きます。

画像

ヴァージン・アトランティック航空 B747-400
 これは、ポイントへ向かう道すがらで撮りました。
 旧ロゴで、「ヴァージン・レディ」。

画像

フィンランド航空 A321-200
 これも、道すがらで撮った一枚。

画像

スカンジナビア航空 A320-200
 ここからが、ポイントで撮った画像です。

画像

ユナイテッド航空 B757-200
「コンチネンタル」新色で、ウイングレット装着。

画像

ブリティッシュ・エアウェイズ A319

画像

ブリティッシュ・エアウェイズ B747-400
 せっかくの「one world」だったのに、真横は90㎜だとはみ出てしまうんですよね…。
 この程度しか撮れなくて、本当に残念。
 望遠レンズは、大型機はかえって難しいです。それは、この後でも出てきます。
(B747-400「one world」は他にも数機来たが、雲がかかって撮れなかった)

画像

LOTポーランド航空 B737-400

画像

ブリティッシュ・エアウェイズ A320-200

画像

ブリティッシュ・エアウェイズ A319
 何ですか?この派手派手金色ボディは!
 オリンピック記念らしいが、他に数機あるみたい。

画像

エア・マルタ A319

画像

エア・インディア B787-8
 日系2社以外で、初めてB787を撮りました。
 B777と比較して、窓下の細い帯がありません。

画像

USエアウェイズ A330-300
 AAとの合併の前に撮れて良かった。

画像

ブリティッシュ・エアウェイズ B767-300ER

画像

トルコ航空 A330-300

画像

イベリア航空 A321-200

画像

ジャーマニア B737-700
 ホワイトボディにロゴだけ描いて、間に合わせという感じで少々つまらない。

画像

ユナイテッド航空 B767-300ER
「コンチネンタル」新色で、ウイングレット装着。

画像

ブリティッシュ・エアウェイズ B787-8
 BAにもB787。

画像

ヴァージン・アトランティック航空 A320-200

画像

ニュージーランド航空 B777-300ER
 黒系の新色、大型なのでSFJ以上にインパクトを感じます。

画像

TAPポルトガル航空 A319

画像

ヴァージン・アトランティック航空 A330-300

画像

ヴァージン・アトランティック航空 B747-400
 日本からはまもなくなくなるB747-400だが、イギリスではBAもVSもまだまだバリバリで飛びそうです。

画像

ルフトハンザ・ドイツ航空 A321-200
「STAR ALLIANCE」。

画像

ヴュエリング・エアラインズ A320-200
 見慣れないキャリアだが、バルセロナベースのLCCだそうです。

画像

ブリティッシュ・エアウェイズ B777-200ER
 顔が「パンダ」!成都線就航記念らしく、羽田にも来たそう。

画像

ブリティッシュ・エアウェイズ A321-200
 BAのナローボディ機はこの数年で大方様変わりしたようで、B737は全く見ませんでした。

画像

スカンジナビア航空 B737-800

画像

アメリカン航空 B777-200ER
 新色。成田でもチラホラ見られるようになってきたらしいです。

画像

ユナイテッド航空 B767-300ER
 逆に旧色。B767は日本には来ないので、ここで撮れて良かった。

画像

エーゲアン航空 A321-200

画像

トランスアエロ航空 B737-800

画像

エア・カナダ A330-300
「STAR ALLIANCE」。

画像

アイスランド航空 B757-200

画像

 ほとんど途切れる事無くアプローチ機が続くが、後方にひときわ巨大な影。
 ひょっとして…。

画像

ブリティッシュ・エアウェイズ A380-800
 A380ではないですか!
 今月からロサンゼルス・香港線で飛んでいるとか。
 A380とB787を両方運行しているキャリアは今の所、中国南方航空とBAの2社。

画像

エミレーツ航空 A380-800
 エミレーツまで!

画像

JATエアウェイズ B737-300
 セルビアのキャリアで、JATユーゴスラビア航空。

画像

エルアル・イスラエル航空 B747-400

 残念無念、13時を過ぎると西から灰色の雲が押し寄せて青空を覆いつくし、全く陽射しがなくなってしまいました。
 もっともっと撮っていたかったが、ギブアップして、市内に戻ります。
 これだけ撮れたのだから、ゼイタクも言えないのだが。

 短い時間ながら撮り続けている内に気づいた事。

① LCCは全くといって良い程来ない。イージージェットやライアンエアー等は乗り入れない。
② 欧州でもフランス・オランダ・イタリア・オーストリア・チェコあたりからは全く来ない。AFは乗り入れがあるはずなのだが、見なかったなあ。
③ A319より小型の機体も来ない。当然ターボプロップも見ない。
④ この時間だと、アジア勢はまだ来ないようだ。早朝か、遅い午後。
 ロンドン郊外には他に数ヶ所空港があり、キャリアの特性に合わせて使い分けられているのでしょう。
 昨年BAに統合されたbmiは、既に全てBAカラーに変わってしまったのか、これも全く見ませんでした。

●R/W27R撮影ポイントへの足
 最寄り駅がピカデリーラインのハットン・クロスである事は、前に書きました。

画像

 駅を出て、北側のバスターミナルの先にあるロータリーを右に入ります。
(左に入ると、BAの整備エリア)
 左にBAの格納庫、右に小ホテルを見ながら、ひたすらテクテク歩きます。BAの整備地区を回りこむような形。

 180°方向を変える形で、右手にパーキングが広がるのが見えると、ロータリーが見えてきます。ここがポイント。

画像

 BAの整備地区と、パーキングにはさまれた所です。

画像

 下を走る道路はバスの往来も頻繁で、本当はこちらも気にはなるが、旅客機で精一杯でした。
 郊外となるとさすがにダブルデッカーはありません。多少古いかな?
 パーキングの送迎バスもお約束で、市中心部では見られない連接車も多数走っています。
 また、「ナショナル・エクスプレス」の長距離バスや、BAスタッフの送迎バスも頻繁に見られます。

画像

 今回は徒歩だったが、ロータリーの先に、「イースト・チャーチ・ロード」バス停があり、ハットンクロス方向へ行くロンドンバスが発着します。
 いくつかの系統を合わせると結構本数があり、帰りに利用しても良いでしょう。
 逆方向(ハットン・クロス駅から)だと、少し先の「ノースロップ・ロード」バス停に停車し、少々戻る事になります。
 ポイント付近には、飲食物を購入できる店やトイレなどはないのでそのつもりで。
(パーキングにはあるかも知れないが未確認)

 なお、航空ファンには良く知られている事だが、ヒースロー空港には、各ターミナルを挟むように並行して2本の滑走路があり(09L-27R、09R-27L)、15時になると離着陸がきっちり入れ替わります。
 もし、この日このまま粘れていたとしても、15時位になったら27Lのポイントへ、移動が必要でした。
 日によって違うので、一日費やせるなら、ハットン・クロス駅で降りた時点で使用R/Wを確認してポイントに向かい、15時位になったら移動、というパターンになるかと思います。
 今回はそれ以前に撮影終了なので、27Lについては書けませんが…。

 多少押せ押せの時間になってしまったが、残りの時間は「トラムリンク」を訪ねます。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。

 今の所戸塚は、雨は降っても風はまだ弱くて「嵐の前の静けさ」なのでしょうか?
 台風直撃は回避されそうだが、横浜市営地下鉄等、明日のイベントがことごとく、事前に中止になっています。
 26号の傷も癒えていないのに(大島もそうだし、京成も成田駅が被害にあい、ダイヤに大きな影響が出ている)、また大きな惨事・災害にならなければ良いのだが。

《今日のニュースから》
日本シリーズ 予告先発を実施 第1戦は則本・内海と発表

 楽天は田中じゃないんだ。ただ、天気がどうか…。