№1036 神奈川の駅を全部撮る! 9.上強羅~川崎大師

 2週間ぶりに「神奈川の駅を全部撮る!」シリーズ、再開です。
 第9回は大きい駅、小さい駅、古い駅、新しい駅、様々です。


上強羅 かみごうら
箱根登山鉄道 鋼索線

画像

とても急なホーム

画像

線路の両側にあるホーム

(2013(H25)年3月28日撮影)
開業:1921(T10)年12月1日
所在:足柄下郡箱根町
駅番号:
 4つある中間駅の一つ。別荘や企業の保養所が多い。他の駅同様ホームが両側にあり、どちら側でも乗り降りできるが、ホームを間違えるとこの駅の場合は、反対側に移動する地下道や橋みたいなものは近くには無いので注意。


上永谷 かみながや
横浜市交通局 ブルーライン(1号線)

画像

高架駅

画像

2面4線ホーム

(2013(H25)年1月22日撮影)
開業:1976(S51)年9月4日
所在:横浜市港南区
駅番号:B09
 第2期開業時はここが終点になり、当時は横浜市営地下鉄唯一の地上駅だった。上永谷車両基地に接続している。南側にイトーヨーカドーやバスターミナルがあり、野庭団地などへの玄関口として機能する。乗降人員37,902人。


上星川 かみほしかわ
相模鉄道 本線

画像

橋上駅舎 南口

画像

相対式ホーム

(2013(H25)年6月25日撮影)
開業:1926(T15)年12月1日
所在:横浜市保土ヶ谷区
駅番号:
 開業時点では、ここが星川だった。駅の西側を、東海道貨物線の高架が交差する(防音シェルターに覆われていて列車は見えない)。北口には、こぢんまりした相鉄バスの発着所がある。各駅停車のみの停車。乗降人員23,884人。


上溝 かみみぞ
東日本旅客鉄道 相模線

画像

高架駅

画像

ホーム

(2013(H25)年4月18日撮影)
開業:1931(S6)年4月29日
所在:相模原市中央区
駅番号:
 比較的最近改良された。行き違いができない棒線の構造は変わらないが、ホームが右から左に移っている。乗車人員5,602人


鴨居 かもい
東日本旅客鉄道 横浜線

画像

南口

画像

北口 右手にららぽーとへの送迎バス乗場

(2013(H25)年3月4日撮影)
開業:1962(S37)年12月25日
所在:横浜市緑区
駅番号:
 もともとパナソニックの工場などが進出していた上、2007(H19)年春、鶴見川の対岸に「ららぽーと横浜」がオープンし、買い物客も飛躍的に増えた。北口からは送迎バスも発着する(歩いても行ける)。南口に市営・神奈中バスのバスターミナルがあり、竹山団地・白山団地への玄関口でもある。快速停車駅。ホームは島式。乗車人員38,443人


鴨宮 かものみや
東日本旅客鉄道 東海道本線

画像

橋上駅舎

画像

駅舎から見たホームと富士山

(2013(H25)年4月9日撮影)
開業:1923(T12)年6月1日
所在:小田原市
駅番号:
 コロナワールドなどの商業施設が多い。普通列車のみ停車。ホームは島式。乗車人員12,671人


栢山 かやま
小田急電鉄 小田原線

画像

駅舎

画像

相対式ホーム

(2013(H25)年5月20日撮影)
開業:1927(S2)年4月1日
所在:小田原市
駅番号:
 メインの東口の他、駅員がいない西口改札も設けられている。各駅停車の他、6連の急行(区間運転)も停車。乗降人員9,379人。


川崎 かわさき
東日本旅客鉄道 東海道本線・南武線

画像

東口駅ビル「川崎BE」

画像

東西自由通路 天窓は開閉式

(2013(H25)年1月4日撮影)
開業:1872(M5)年7月10日
所在:川崎市川崎区
駅番号:
 JRの3路線が集う川崎市東部の交通の要衝で、乗車人員188,193人はJR東日本全体で12位。東口に駅ビル「川崎BE」と地下街「アゼリア」、ルフロンやモアーズ、さいかや、チネチッタなどの商業施設が並ぶ。西口にも東芝の工場の跡地に「ラゾーナ」がオープンした。大震災で被害を被った「ミューザ川崎」は、本年4月にリニューアルして再開した。ホームは1・2番線が東海道本線・3.4番線が京浜東北線、5・6番線が南武線。東海道線は特急<踊り子>や快速<アクティー>は停車するが、<湘南ライナー>や通勤快速は通過する。
 なお、駅の所在は川崎区だが、駅構内に区の境があり、西口は幸区になる。


川崎新町 かわさきしんまち
東日本旅客鉄道 南武線

画像

駅舎

画像

貨物列車用の通過線をはさむ相対式ホーム

(2013(H25)年6月19日撮影)
開業:1930(S5)年4月10日
所在:川崎市川崎区
駅番号:
 住宅地の中の駅だが貨物列車の通過が中心、旅客列車は尻手~浜川崎の区間運転のみ。日中40分間隔と少ない。乗車人員も1,355人に留まる。


川崎大師 かわさきだいし
京浜急行電鉄 大師線

画像

駅舎

画像

大師電気鉄道「発祥の地」記念碑

(2013(H25)年1月4日撮影)
開業:1899(M32)年1月21日
所在:川崎市川崎区
駅番号:KK23
 現在の京急の祖、大師電気鉄道が開業した時点での終着駅で、駅前に記念碑が建つ。川崎大師への参拝客で通年賑わい、正月は激しい混雑になる。ホームは相対式で、下りホームには臨時改札口も設けられている。乗降人員16,466人。


 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。

 ロンドンではセーターも必要になる位涼しい時間もあったのに、日本に帰ってきたら急に蒸し暑くって、ちょっとビックリです。
 白石ではソメイヨシノが咲いたそうで、どうなっているの…。

《今日のニュースから》
中国・広東省の短期大学 日系企業の就職説明会開催

 そういえば羽田~広州の航空路線、まだ開設のメドが立ちません。