№1100 近鉄けいはんな線 白庭台駅

 1000回を越えると100回単位で刻むのは意味が薄いとは思うが、当ブログは今回で1100回目の更新になります。いつもありがとうございます。
 今後もよろしくお願い致します。

 昨年暮れ、近鉄けいはんな線(生駒~学研奈良登美ヶ丘)に乗り、名古屋線の2駅を訪れた事は、№1086で書きました。
 今回から5回連続で、けいはんな線3駅、名古屋線2駅について取り上げます。
 けいはんな線は奈良県と京都府に跨る「関西学術研究都市」へのアクセスとして、2006(H18)年3月27日、東大阪線を延伸する形で開業、同時に長田~学研奈良登美ヶ丘をけいはんな線の名称で統一しました。
 大阪市営地下鉄中央線と相互直通運転を行ない、今の所近鉄では唯一、駅番号が制定されています。
(番号はコスモスクエアから通し)
 第三軌条方式で、専用の7000系・7020系が運用されています。
 かなり前に一度学研奈良登美ヶ丘まで往復した事はあったが、今回途中の駅も含めて、改めて訪ねてみました。

画像

 生駒から東生駒の車庫(奈良線東生駒駅に隣接)をかすめて東生駒トンネルを抜けて、白庭台駅(C28)までは5.1㎞も離れています。
 ホームは半地下式で、地上にある駅舎はカーブが印象的です。
 2012(H24)年11月13日調査時の、一日の乗降人員は8,100人。

画像

 コンコース。白庭病院が隣接しているためか、処方箋薬局が出店しています。

画像

 券売機。

画像

 改札口。

画像

 精算機。

画像

 広々とした、改札内コンコース。

画像

 床には、タイル絵があります。

画像

 ホームから改札へ向かうエスカレーター。

画像

 ホームのエレベーター。

画像

 ホームの出発案内表示。大阪市営中央線とほぼ一体の相互直通を行っているためか、案内表示装置も大阪市営のものとほぼ同じになっています。

画像

 延伸区間にある3駅の駅名票には、シンボルマーク的なデザインが施されています。特に公表されていないので、何をモチーフにしているのかは解りませんでした。

画像

 半地下式ホーム。けいはんな線各駅共通で、赤外線センサーが設けられています。
(けいはんな線はワンマン運転)

 東側のトンネルの向こうには、次の駅が小さく見えます。
 次回はその学研北大和駅です。

 当ブログでは、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 なお、当ブログに寄れない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。
 
《今日のニュースから》
浜松市の小学生905人集団欠席 5人からノロウィルス検出