№1750 残念な空模様の中 九州3日間 3.西鉄電車 「旅人」と「水都」

 九州旅行2日目も、曇天…。
 西鉄の2大観光電車、「旅人」と「水都」に乗って、太宰府と柳川まで行きます。

画像


 9月 5日(火)

画像

 先に福岡市営地下鉄から。各駅のホームは、発車案内表示がフルカラー化されていました。

画像

 2000系の行先表示もフルカラーLED化されています。ハングル文字も表示されるのが、韓国に近い福岡らしい?

画像

 福岡の地下鉄は、車内も駅も、他空港のアクセスの広告が非常に目立ちます。特に羽田。くりぃむしちゅーの京急。

画像

 HKT48の東京モノレール。くりぃむしちゅーvsHKT48、勝つのはどっちだ?
(HKT=博多、なのに福岡ではなくて、東京なんだ…)
 この他、京成スカイライナーの広告もありました。

画像

 西鉄福岡(天神)駅の改札口。
 8月26日にダイヤ改正を行なったばかりなので、窓口で時刻表をもらう。ところが、今回から冊子状の有料の時刻表は、もう作らなくなったという事だ。西鉄もか…。
(ダイヤグラム式は引き続き配布)

画像

 改札上の発車案内表示が、大型サイネージに変わっていました。この先の二日市や柳川もそうだが、西鉄はLEDではなく、サイネージによる案内表示を多用する方向になっていると見えました。
 特急はこの改正で、新たに大橋に停車になっています。特急もこの数年で、停車駅がかなり増えました。20~30年位前だと、ここを出たら西鉄二日市、西鉄久留米、西鉄柳川、新栄町のみだったのだが。

 特急で西鉄二日市に向かい、太宰府線に乗り換えます。

画像

「旅人(たびと)」。引退間近の8000形(8051F)です。日中は太宰府線内を折返し運転。

画像

「旅人」の展望席。座席の地が変わっています。

画像

 それ以外の車内は、化粧板が車両毎に異なる文様でラッピングされているが、座席はそのまま。

画像画像

 クロスシート部の端(ドア脇)では、太宰府市のゆるキャラ「千梅ちゃん」が、皆さんの幸せを祈ってくれます。
 1号車(8051)…「貝合せ文様」(縁結び)

画像

 2号車(8052)…「七宝文様」(家内安全)

画像

 3号車(8053)…「波兎文様」(安産)

画像

 4号車(8054)…「矢羽根文様」(厄除け)

画像

 5号車(8055)…「亀甲文様」(健康長寿)

画像

 6号車(8056)…「梅文様」(学業成就)

画像

 3号車にはカウンターとスタンプ台があり、カウンターにはリーフレットが置かれ、スタンプ台では記念スタンプを押す事ができます。カウンターは、以前は公衆電話があったスペースです。

画像

 路線図も「旅人」仕様になっています。

画像

 太宰府駅。

画像

 駅前には、博多駅バスターミナルからの高速バスが発着します。電車と似た系統の「旅人」ラッピング。

画像

 それよりも、駅前からの土産物屋や飲食店が連なる道路の先にある駐車場の観光バスの台数がすごい。しかもほとんど、聞いた事がない名前のバス会社だ。客はほぼ全てインバウンド。恐れをなしたのか?(そんな事はないだろうが)郵便局は全く別の場所に移転していました。

 今度は5000形で西鉄二日市に戻る。さすがに6両固定では輸送力がやや過剰と思ったが、この後6000形の4連に交換されます。

画像

 次は「水都(すいと)」。7月に8061F→3017+3018Fの6連(3+3)に交代したばかりです。

画像
画像

 車内の観察はまた別の機会にするが、2号車にスタンプコーナーがあり、乗車記念カードにスタンプを押す事ができます。

画像

 新しくなった柳川駅は次回ご覧頂きます。新たに設けられた東西自由通路には西鉄や柳川市の観光あるいは産業の案内が並んでいるが、「水都」は8000形のままだったりしました。

画像

 川下り。インバウンドの観光客の姿は目立つが、平日でしかも雨模様、とあってか、駅も街も、全体的に閑散とした感じはしました。

 大牟田で折り返してきた「水都」で、西鉄福岡まで戻ります。平坦な筑後平野を長い直線で突っ切って、スピードも105㎞/hまで上がる。ただ西鉄久留米以南で言うと、大手私鉄の本線、高速の特急が30分間隔で行き交う路線にしては、ロングレール化があまり進んでいないなあ、の印象がありました。

画像

 久留米の先で特急とすれ違う。見てきた限り、現在の西鉄電車は、日中は特急が3000形6連(3+3または2+2+2)、急行は3000形または9000形5連(1運用だけ5000形6連があった)、福岡天神発着の普通は4連、という所だった。筑紫の車庫の奥には、3000形の新「旅人」の姿がありました。3000形では5連となり、デザインされる文様が8000形とは異なるようです。

画像

 春日原付近は連続立体交差工事の真っ只中、高架線の柱の中を行く。スピードが70㎞/hに押さえられる。このため、現在の特急で福岡(天神)~大牟田間の最速は63分と、一頃に比べると、ちょっと掛かっているなあという印象。停車駅が増えている事もあるが。

 これで今回の西鉄の電車(天神大牟田線)は終わり。9000形なんて撮りたかったが、また次。
 8000形はラッピングを内外とも剥がし、一般特急色に戻して、14日まで通常ダイヤに組み込まれて運用中です。その後は観光列車に転用改造がなされるのではないかと思っているが、どうなるか。

 この後、本体のWebサイトの作成のため、JR九州バス直方線に乗ります。平日のみ1日2往復だけ運行される、蒲田団地経由便。博多駅バスターミナル15時発は、新エルガミオ。途中では新エルガも見た。

画像

 蒲田団地は、一旦粕屋町に入り(途中香椎線と踏切で交差)、再び福岡市東区に入って、本線から分岐した所にありました。団地としては小規模だが、もう少し本数があっても良いのではないかと思った。西鉄バスなど、他のバスがないのだし。現状は平日の朝方に山の神発2本、夕方に山の神行き2本が経由するのみ。通学の小学生の足、という所でしょうか?

画像

 蒲田団地は、一旦団地とバス停をやり過ごし、坂の上の折返し場でお客さんを乗せたまま転回して、バス停に着きます。
 直方線も、ダイヤ改正の度に本数が削減されています。土曜日・休日は1時間以上便がない時間帯もあります。新車が入っているし、廃線になる、という事はないと思う、というか思いたいけれど。

 こうして、この日は終わりに近づきました。最後に、福岡(天神)駅近くの銭湯に入浴しました。後日書きます。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


 栃木県議会が今日、LRTに関わる工事に同意する関連議案を、賛成多数で可決しました。既に宇都宮市と芳賀町の議会でも可決されていて、県は申請書類を国土交通省に送付しました。認可が下りれば、2022年3月開業を目指して、工事が始まる事になります。

《今日のニュースから》
 8日 東京六大学野球 東大 15年振り勝ち点
 9日 出雲駅伝 東海大学優勝 青山学院大学3連覇阻止
10日 四国4地方銀行と東証 地域企業上場支援で協定書締結


「政治ゲーム」が始まってしまいました。前にも少し書いたが、今の政治は「ゲーム」化、だけでなく、ゲームのプレーヤーが政治家本人達、だけではなくなりつつあるのではないか?有権者が主役、のはずが、逆に有権者が、プレーヤー達のコマにされてしまっている所があるのではないか?と思う所があります。
 去年の参議院選挙の時にも書いたが、選挙は政党vs政党、主要政策を問うのは結局、政党の主張の確認作業に過ぎず、あまり意味が無い。もう少し違った事を、違った角度から問う事で、政党毎の本当の違いがはっきりするのではないかと思います。
 今回問えるものなら問うて見たいのは、次の5点(+野党のみ1点)。

1.アメリカと北朝鮮の間の戦争を回避させるために、何か行動を起こす用意はあるのか。
2.「ベーシック・インカム」制度(最低限所得保証制度)の是非は。
3.高齢者福祉施設への外国人労働者(特に東南アジアからの出稼ぎ)の受け入れは賛成?反対?
4.飲食店等の全面禁煙が議論されているが、中小規模の事業者からは強硬な反対もある。WHOなどの機関もからんで国際問題に発展する可能性もあるが、禁煙政策はどうあるべきか。全面禁煙賛成なら反対論者を、反対なら賛成論者をどう説得するのか。
5.鉄道業界では列車内への防犯カメラ設置の動きが加速している(東急はほぼ全車に導入、JRの新幹線や京成スカイライナー等も全車導入を表明している)。かつて商店街などで導入しようとした時「プライバシー侵害」「監視社会」の批判・抗議行動もあったと思うが、鉄道業界の動きに関してはどのような見解か。

(野党のみ)この選挙の直後、米トランプ大統領が来日する。政権交代を実現させた場合、どのような態度で迎えるのか。

 とりあえず、駅前の街頭宣伝や街宣車がまき散らす騒音が、非常に憂鬱…。