№1975 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 名古屋鉄道.10

画像

 四半世紀位前の名鉄の駅をご覧頂くシリーズ、長丁場だがあと2回、2005(H17)年3月までに全線廃線になってしまった、岐阜県内の600V電化区間の各駅を、2回に分けてご覧頂きます。
 今回は岐阜市内から東側、岐阜市内線、揖斐線、谷汲線の各駅です。このうち揖斐線と谷汲線は9年も前、2010(H22)年7月8日に書いた№272で全駅取り上げているのだが、改めて書きたいと思います。
 
岐阜市内線 岐阜駅前~忠節

画像

岐阜駅前 ぎふえきまえ
 JR線の高架化前。ここまで行かず、新岐阜駅前で折り返す電車もあったが、岐阜市内線で安全地帯があった電停は、ここだけでした。JR岐阜駅高架化工事に関連して、全線廃止に先行して、2003(H15)年12月より休止していました。

画像

新岐阜駅前 しんぎふえきまえ
 ここで折り返す電車も少なくなく、利用者も一番多かったが、安全地帯がありませんでした。ロープで仕切られているだけ。

画像

金宝町 きんぽうちょう
 ここも安全地帯がなく、なので電停という雰囲気が出る写真が撮れませんでした。

 徹明町は、次回の美濃町線で出します。

画像

金町 こがねまち

画像

千手堂 せんじゅどう

画像

本郷町 ほんごうちょう

画像

西野町 にしのちょう

画像

早田 はやた

揖斐線 忠節~本揖斐

画像

忠節 ちゅうせつ
 揖斐線は大半が770形、780形による直通で、急行運転も行われていたが、揖斐線線用の高床式ホームもありました。広電の西広島に似ていたか。

画像

近ノ島 ごんのしま

画像

旦ノ島 だんのしま

画像

尻毛 しっけ

画像

又丸 またまる

画像

北方東口 きたがたひがしぐち

画像

北方千歳町 きたがたちとせまち

画像

美濃北方 みのきたがた
 撮影当時は駅員がいたが、2001(H13)年の末端区間廃止時に、駅員の配置がなくなったようでした。樽見鉄道の北方真桑駅間では徒歩10分程度でした。

画像

真桑 まくわ

画像

政田 まさだ

画像

下方 しもかた

画像

相羽 あいば

画像

黒野 くろの
 揖斐線最大の駅で谷汲線分岐駅、車庫もある一大基地でした。駅舎の前に名阪近鉄バスのバス停があるが、現在はルートを変更している模様。
 黒野~本揖斐間と谷汲線は、2001(H13)年9月いっぱいで廃止になりました。

画像

中之元 なかのもと

画像

清水 きよみず
 瀬戸線は「しみず」だが、こちらは「きよみず」。

画像

本揖斐 ほんいび
 養老鉄道(当時は近鉄養老線)の揖斐駅は少し離れていて、バス路線がありました。

谷汲線 黒野~谷汲

画像

黒野北口 くろのきたぐち

画像

豊木 とよき

画像

稲富 いなとみ

画像

更地 さらぢ

画像

北野畑 きたのばた
 行き違いが可能で、朝夕にはタブレット交換も見られたが、後に減便により、特定日(毎月18日の谷汲山の命日の日)の臨時列車運転時以外は、閉塞統合により駅員の姿がなくなりました。

画像

赤石 あかいし

画像

長瀬 ながせ
 昔はここで行き違いが可能だったようです。
 ここと谷汲の間に結城(ゆうき)駅があったが、平成の世になってすぐ、1990(H2)年4月22日限りで廃止になっています。なので写真がありません。末期は朝方上り、夕方下り各3本が停車するのみでした。

画像

谷汲 たにぐみ
 駅舎はこの後改築されるが、短命に終わりました。現在はモ755号が保存されていて、たまにイベントが行われているようです。

 前にも書いた事だけれど、揖斐線・谷汲線は、(車両も含めて)他の路線以上にローカル色が濃くて、大手私鉄の路線とは思えないたたずまいでした。それだけに、生き残りのための近代化の投資は、相当な負担になっただろうと思われます。近鉄の支線のような、自治体主導の新会社への移管はありえなかったのか?とも一瞬思ったが、費用の負担に加えて、岐阜市内線の存続を前提にしなければならなかったはずで、市内線の近代化がほぼ望み薄、という状況では、揖斐・谷汲両線の廃線は不可避だったのでしょう。
 次回は最終回、ようやくここまで来ました。美濃町線と田神線で、完結です。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


 ボーイング737MAX8は、ついにアメリカも、トランプ大統領自らが運行停止を命じる事態になりました。ついこの間、ベトナムに多数売り込んでドヤ顔、だったのにね。事態はいつ、どのような形で収束するのか、ANAはもちろん、JALやSKYあたりも、そろそろB737-800型の後継機を考えなければならない時期のはずで、この行方は、日本の航空業界にも、大きな影響を与えることになりそうです。

《今日のニュースから》
13日 「5G」割り当て ドコモ・au・ソフトバンク・楽天からヒアリング
14日 日産・三菱 提携後初 新型軽乗用車公開

 軽乗用車は、日産は「デイズ」「デイズ ハイウェイスター」、三菱は「ek ワゴン」「ek クロス」。バスで言うと、日野セレガ・いすゞガーラのような関係、と言ってよいのか。