№1995 2019年4月 今月は何があった 何をやった

 スリランカの爆弾テロに、サンディエゴの銃撃事件。宗教や人種、思想が違ったら、両者の間に生まれるのは、武力・暴力を伴い、傷つけ、殺しあう、憎悪の連鎖のみなのか?翻って日本は、大阪W選に五輪相の辞任、どこかのんびりしている所はあるよなあ、とは思うが、少なくとも大勢の国民・市民が先鋭的に対立・対決し、身も心も荒廃させるような大規模な衝突事件は、この30年起きる事なく(凶悪事件自体は多数あったけれど、…

続きを読む

№1994 JTB時刻表2019年5月号(JTBパブリッシング)

「JTB時刻表2019年5月号」が、先週土曜日の20日、発売になりました。  表紙は東海道本線の美濃赤坂支線の終点、美濃赤坂駅。停まっているのは313系電車であるものの、ずいぶんガランとした、寂しい終点だ。 10連休の鉄道旅の楽しみ方  3部構成。 初級編 全国のローカル線に乗ってみよう!  五能線、木次線、釧網本線、ひたちなか海浜鉄道、わたらせ渓谷鐵道、大糸線、予土線、指宿枕…

続きを読む

№1993 弾丸旅行月間 第4弾 3.今年最初の関西へ 関西本線踏破

 大阪の天気は不安定。「青春18きっぷ」1日分使って、普通列車で帰るが、名古屋までは久しぶりに、関西本線に乗る事としました。JR難波から名古屋まで乗り通しです。  おおさか東線を降りた新大阪から、JR京都線(東海道本線)と大阪環状線を乗り継いでいく。京セラドーム大阪。  新今宮で乗り換えて、JR難波駅へ。  コンコースのパブリックアート「大いなる旅立ち」。長安に旅立つ遣…

続きを読む

№1992 弾丸旅行月間 第4弾 2.今年最初の関西へ おおさか東線初乗り

 おおさか東線は、先月16日のダイヤ改正時に放出~新大阪間が開業、久宝寺~放出間と合わせて、当初の計画の全区間が旅客線として開業しました。今回の開業区間は、平成最後の鉄道新線になります。  先行開業区間の久宝寺~放出間と含め、今回、おおさか東線全線に、初めて乗車しました。どんな路線なのだろうか。  4月 1日(月)  新大阪停車中の久宝寺行。ウグイス色の201系6連で、大和…

続きを読む

№1991 弾丸旅行月間 第4弾 1.今年最初の関西へ 普通電車乗継ぎ

「弾丸旅行月間」と銘打った先月、4回目の旅先は、昨年末以来の関西としました。  プランは天気次第の所があって、晴れたら京都などの電車、イマイチだったら、16日に全通したおおさか東線に乗る、という程度のものは考えていました。出発直前の大阪の天候は今一つ、このままならおおさか東線、かなと思いつつ、この日も仕事帰りで直行になりました。  3月31日(日) 「青春18きっぷ」使用で、大…

続きを読む

№1990 永久保存版 JRバス30年の軌跡(マガジン大地/グラフィス)

「永久保存版」と銘打たれた、JRバスのあゆみを記したムック本が、先月刊行になりました。といっても、JRバスの30周年(本州の5社)は去年の事、1年あとの話のなったのだが。  まず、「Grafis Mook」となっているが、編集が「株式会社 マガジン大地」となっていて、バスマガジン誌(講談社ビーシー)と同じだ。裏表紙はバスマガジンの広告になっているが、なぜ別の出版社の刊行になったのだ…

続きを読む

№1989 弾丸旅行月間 第3弾 3.しなの鉄道と新幹線

 朝、ホテルを出る時の長野の天気予報は、「晴れのち曇り」だったのです。  だから午後は空模様を見ながら、と考えていたが、どうやら午後まで晴れが続いてくれそう。南側に移動して、115系旧塗装復刻編成などを撮る事にします。  長野駅で、西口のロッカーに預けておいたバッグを引き取って、しなの鉄道の快速604Mに乗ります。途中で、初代長野色復刻編成とすれ違う。まず、この編成を撮りたい。 …

続きを読む

№1988 弾丸旅行月間 第3弾 2.8年振りの長野 北しなの線

 JR信越本線・長野~直江津間は、2015(H27)年3月14日の北陸新幹線開業によって第3セクター鉄道に転換、妙高高原を境に南側は、しなの鉄道に転換され、北しなの線となりました。  今回の長野の旅は、しなの鉄道115系撮影と合わせて、北しなの線乗車も目的でした。この区間、乗車はたぶん、旧国鉄民営化直後の1987(S62)年のGW以来、32年振り、くらいになるのでしょうか…?  3月…

続きを読む

№1987 弾丸旅行月間 第3弾 1.8年振りの長野 東京→長野 普通列車乗継ぎ

 弾丸旅行の第3弾は長野です。長野は8年前、東日本大震災の直後以来です。あの時は震災発生以降、重苦しい世の中全体の雰囲気は精神的に苦痛で苦痛で、被災者の方々には失礼と思いつつも、どうしても「息抜き」をしたくて、出かけて行ったものでした。あの時も弾丸旅行的で、行きは仕事が終わった直後に京王の高速バスで出かけて、翌日の新幹線で帰ってきたのみでした。  今回は、往路は「青春18きっぷ」なので、普…

続きを読む

№1986 バスマガジンvol.94(講談社ビーシー/講談社)

「バスマガジンvol.94」が先月末発売になったが、少々遅くなってしまいました。  表紙は、鹿児島氏の天文館付近を走るJR九州バスのエアロスター。後方の山形屋は鹿児島一の百貨店で、かつては鹿児島交通のバスターミナルも併設していました。 2019年型 NEW MS06 出撃!!  新エアロクィーンとエアロエースって、2008(H20)年のBKG-MS96系が始まりだから、早いものでもう1…

続きを読む

№1985 弾丸旅行月間 第2弾 3.あの日から8年 仙石東北ラインと野蒜駅

 東日本大震災では、東北地方の太平洋岸はどこも甚大…という一言では片付けられないほどの酷い津波被害を受けたが、宮城県においては、東松島市の、JR仙石線の野蒜付近が、一番大きな被害を受けた場所の一つと思われます。  何しろ、電車が丸々ながされてしまったのだから…。東京でのうのうとしていた我が身には、ショッキングな光景でした。  その結果、再開に際しては、陸前大塚~陸前小野間は内陸の高台に丸…

続きを読む

№1984 弾丸旅行月間 第2弾 2.あの日から8年 地下鉄東西線にあいさつ

 運命の日、3月11日の朝になりました。  ホテルの部屋から見えるのは、雨模様。  仙石東北ラインで石巻へ向かうことになるが、朝方はまず、前回6年前の仙台訪問後に開通した、市営地下鉄東西線に全線乗り通します。  3月11日(月)  地下鉄のコンコースで目にするのは、市営バスの経営状況。  数値は、「100円稼ぐのにいくら必要か」という営業係数で、私くらいの歳の人なら…

続きを読む

№1983 弾丸旅行月間 第2弾 1.あの日から8年 仙台へ乗継ぎ

 新元号が「令和」(れいわ)となる事は、昨日、JR関西本線の加茂駅で、スマホのニュースサイトのアプリを開いて知りました。 「平成」の2文字をつけた交通事業者は、九州の第3セクター鉄道・平成筑豊鉄道に、高速バス等を運行する平成エンタープライズ、「昭和」は、佐賀県のバス会社の昭和自動車があります。鉄道の駅としては豊肥本線に平成駅があり、さかのぼれば昭和駅が鶴見線に、大正駅が大阪環状線にあります(旧…

続きを読む