№2008 2019年5月 今月は何があった 何をやった

 30年前とは大違い、祝賀ムード一色で迎えた、令和の新しい世の中。しかし、10連休が終わってみると、米vs中、米vsイランの対立の先鋭化に北朝鮮の飛翔体、ついに首相辞任のイギリスに右翼躍進のEU選挙と、世界は荒れ模様の様相を呈してきました。月末にはショッキングな登戸の通り魔殺傷事件まで。穏やかな世の中は日本の内も外も、望むべくはないというのか。誰もみんな幸せに、輝いてる未来がほしい!令和の世こそ…

続きを読む

№2007 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.7

 一昨日と昨日、また弾丸旅行で大阪に行ってきました。詳しくは来月書くが、行きは名古屋から大阪まで、近鉄の各駅停車の列車を乗り継いで行って、ただいま連載中の、ひと昔、ふた昔くらいに降りて撮影した、名古屋線と大阪線の各駅の様子も見てきました。今回は実際には乗り降りせず、列車の中から見ただけの所がほとんどだったのだけれど、今回の名古屋線の後半部分は、その時の印象も交えて記したいと思います。 …

続きを読む

№2006 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.6

 ひと昔、ふた昔位前の近鉄の駅をご覧頂くシリーズ、6回目から3回は、東海地方の標準軌路線です。  名古屋線は大阪線と並んで、近鉄の巨大ネットワークを支える大幹線で、名阪ノンストップ特急や、伊勢志摩へ向かう観光特急が頻発するのは大阪線と同じ。ただし、ローカル輸送は規模が小さく、名古屋発着でも大半が2~3連で、駅もそれに合わせて、やや規模が小さくなっている所が多くなっています。ただ、近年は…

続きを読む

№2005 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.5

 ひと昔、ふた昔位前の近鉄の駅をご覧頂くシリーズ、5回目は橿原線と、支線である天理線、それに直接的には他の鉄道路線とは繋がっていない田原本線です。橿原線は、京都線とほぼ一体で運営されています。撮影後に駅施設を地下に移した駅がかなりあります。 橿原線 大和西大寺~橿原神宮前  大和西大寺は、奈良線で出しました。 尼ヶ辻 あまがつじ 西ノ京 にしのきょう  …

続きを読む

№2004 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.4

  ひと昔・ふた昔位前の近鉄の駅をご覧頂くシリーズ、4回目は京都線です。京都と奈良、日本が誇る二大古都を直結する路線だが、近年はJR奈良線や京阪奈自動車道路の影響を受けての事なのか、ダイヤの変化が急です。まだ特急・急行・普通の15分サイクル運転で落ち着いていた頃の撮影でした。 京都線 京都~大和西大寺 京都 きょうと  新幹線の高架と一体になった構造です。当時は3線でした。…

続きを読む

№2003 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.3

 ひと昔・ふた昔位前の近鉄の駅をご覧頂くシリーズ、3回目は奈良線を中心に、奈良線と一体となって運行されている難波線、支線区の生駒線です。華やかさ、という点では名古屋や伊勢志摩へ向かう特急が頻繁に走る大阪線、となろうが、近鉄一の通勤路線、となると、奈良線という事になるでしょう。 難波線 近鉄難波(当時)~上本町(当時) 近鉄難波 きんてつなんば  地下ホーム2面3線の構造は、…

続きを読む

№2002 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.2

 ひと昔、ふた昔くらい前の近鉄の駅をご覧頂くシリーズ、2回目は大阪線の東側、大和八木~伊勢中川間です。山越えで急勾配が連続するようになります。 大阪線 上本町(当時)~伊勢中川 〔後〕大和八木~伊勢中川 大和八木 やまとやぎ  橿原市の中心となる駅で、橿原線との乗換駅です。また、橿原線新ノ口駅構内からの連絡線が接続します。撮影当時は、京都~伊勢志摩間の特急が上下とも1時…

続きを読む

№2001 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.1

 ひと昔、ふた昔位前、もう30年位前になると言ってもいいのかな…?くらいの駅をご覧頂く不定期シリーズ、今回は日本最大の私鉄、近畿日本鉄道(近鉄)です。  近鉄は大阪・京都・奈良・三重・愛知の2府3県、いや、当時は現養老鉄道も近鉄養老線だったから、岐阜県も加えた2府6県に広大なネットワークを誇り、出自の違いもあって、「特急街道」からナロー路線まで、様々な性格の路線が、25路線ありました。…

続きを読む

№2000 ありがとうございます おかげさまで2000回

 2009(H21)年8月16日、ほとんど思いつきの形でスタートした当ブログ、なんだかんだと色々ありながら、今回2000回目の更新を迎える事となりました。  いつも拙くて、見苦しい記事ばかり書いていますが、見捨てずにお立ち寄り頂いている皆様には、心から感謝を申し上げます。  世の中、日本の内も外も、おめでたいんだか世知辛いんだか、よく解らない出来事ばかりが日々続いています。特に公共交通の世界…

続きを読む

№1999 この列車の行先・終点はどんな場所 9.小川町

 3月16日は、JRグループ以外でも関東大手私鉄でダイヤ改正があり、新しい運行形態の列車もいくつか見られました。  東急東横線~東京メトロ副都心線~東武東上線で運行される相互直通列車は、基本的にはほとんど変わりがないが、土休日の早朝に設定がある、東上線内快速急行運転の3本が、行先を森林公園から小川町に延長、東横線から小川町までの列車が走る事になりました。今回はこの終点、東上線の小川町を訪ね…

続きを読む

№1998 航空利用データ分析 2018年度GW10連休 総決算

 長い長い10連休が終わり、その間に世は平成から令和に移ったけれど、ともあれ日常の生活が戻ってきました。年末年始以上に長いから、曜日の感覚がマヒしてしまった…。連休が明けると、国の内外とも、急に世情は慌ただしくなってきたようです。  という令和最初の平日の7日、GW中の航空利用のデータが、航空各社から発表されました。例年通り、データから利用状況を読み解いて行きたいと思います。異例の10…

続きを読む

№1997 バスラマインターナショナル173(ぽると出版)

「バスラマインターナショナル173」、先月末発売になりました。  関東バスのエアロスターとセレガの背後に立つ中野サンプラザは、昨年9月、中野区長により建て替えが表明されました。今後新区役所完成後の2023(R5)年より、解体作業が始まるとの事。 各地の新車から  羽後交通のエルガミオは、プロパーとしては、(コミュニティバスを除いて)初のノンステップ車、という事になるのか。  芸陽バス…

続きを読む

№1996 バスグラフィックVol.38(ネコ・パブリッシング)

 令和の世が始まりました。うんと先の話だろうと思っていた事が、現実になってしまったという気がします。基本的にどこもかしこも祝賀ムード、鉄道も平成→令和と跨がる記念列車が走ったり、記念乗車券発売などがあったりで、30年前とは大違いのようでした。ただ、新年を迎えるかの如くのカウントダウンは、これはこれで、どこか違うんじゃね?みたいな感想も抱きました。前回も書いたが、何のかんの言っても、日本人にとって…

続きを読む