№2032 2019年7月 今月は何があった 何をやった

 生み出される作品の多くは鉄道ファンにもお馴染みで、その舞台のみならず、作品製作の現場そのものが「聖地」でした。「クール・ジャパン」のトップランナーを襲った、突然の惨劇。全世界規模の衝撃は、参議院選挙さえ吹き飛ばしてしまったのかもしれない。「7Pay」(会員のパスワードが強制的にリセット、だって)に「ビットポイント」に「リブラ」、未来のお金の形はどうなるの?アポロ11号月面着陸50周年に涌き、東京オリンピック開幕まであと1年に期待が高まる、明暗様々な出来事が日本で、世界で入り交じった7月は、どのような出来事が起きたのでしょうか。

30日 米トランプ大統領 板門店で金正恩氏と3度目会談

 1日 商業捕鯨 31年振り再開 捕鯨船団 下関で出港式
 2日 「うどんの日」 うどん1000食無料で提供 香川県高松市
 3日 釜石鵜住居復興スタジアム 仮設スタンド完成 報道機関に公開
 4日 米カリフォルニア州で地震 M6.4
 5日 夏の高校野球参加校確定 16年連続減少の3,730校
 6日 リニア中央新幹線見学施設入館者150万人に到達 記念セレモニー
 7日 マラソン 設楽悠太 豪ゴールドコーストの大会で優勝
 8日 DeNA タクシー配車アプリ 大阪・京都でサービス開始
 9日 大リーグ・オールスター戦 田中将大登板・勝利投手

10日 横浜銀行・千葉銀行 広範囲業務提携発表
11日 ニューヨーク株式市場 平均株価2万7000$超 最高値更新
12日 北海道南西沖地震26年 小学校で避難訓練
13日 「気仙沼かつお祭り」 予定通り開催
14日 英高速鉄道車両「Class 800」 車両公開
15日 中国4~6月GDP プラス6.2% 1992年以降最低
16日 乳牛飼育再開 大震災後初 福島県飯館村
17日 DeNA山崎康晃投手 150セーブ 史上最年少26歳9ヶ月
18日 奈良市庁舎問題 奈良市長・奈良県知事トップ会談 意見は平行線
19日 「Dragon Ash」メンバー「KenKen」 大麻所持容疑で逮捕

20日 八王子スーパー射殺事件から24年 追悼式
21日 アメリカ東部で猛暑 ニューヨーク市 非常事態宣言
22日 中国版「ナスダック」科創板 取引開始
23日 韓国 ロシア空軍機に警告射撃 「領空侵犯」主張
24日 「ロシア疑惑」 モラー元特別検察官 米議会で証言
25日 日産自動車 3ヶ月間決算発表 営業利益98%減少
26日 水泳世界選手権 男子800mリレー 日本 東京オリンピック出場権獲得
27日 北海道産和牛 アメリカに直接輸出 帯広市で出荷式

 今月はこの他、韓国への輸出規制で日韓関係さらに悪化、「百舌鳥・古市古墳群」世界文化遺産登録、ハンセン病訴訟で政府控訴せず首相謝罪、かんぽ生命不適切販売問題、中村俊輔がJ2FC横浜へ移籍、評論家竹村健一氏・天野之弥IAEA事務局長・中国李鵬元首相死去、英新首相にボリス・ジョンソン氏就任、などがありました。
 ジャニー喜多村氏死去直後に公正取引委員会の注意が入ったジャニーズ事務所、所属タレント2名の独自の会見が社長の陳謝まで招いた吉本興業と、2大芸能プロダクションが揺れました。今も揺れているか。春先にはNGT48のトラブルもあり、芸能プロダクションのあり方が問われているのかも知れません。芸能界って、そんなものだろ?と言われればそれまで、なのだが。
 10月の消費税率10%への引き上げを見据え、交通各社から運賃改定の申請が出されました。相鉄⇔JR相直運転の準備も加速しており(相鉄12000系が品川まで入ったそう)、阪急と阪神は、梅田駅の改称を今日、発表しました。秋をにらんで交通の活発な動きが見られたと思います。利用者にとって良い事、イヤだなあな事、様々だが。

******************

《今月この一枚》

201907photo.jpg
 実はこの記事、岩手県の宮古から発信しています。公約通り?3月23日に開業した三陸鉄道リアス線に乗って、各駅を乗り降りしてきました。詳しくは来月書く予定だが、この画像は今日、三陸鉄道に乗る直前、釜石駅近くで撮影した、岩手県交通バスです。歩道の柵の幕にもある通り、今秋にはラグビーのW杯があり、釜石でも2試合が行われます。釜石の街中でも、三陸鉄道の沿線でも、W杯の幟や幕が数多く掲げられていました。県交通バスは、国際興業傘下の時期にはほぼいすゞ車の独占だったが(今でも画像の如く多数派だが)、釜石では日産ディーゼル車や、三菱ふそうのエアロミディMEも見られ、バラエティが豊富になってきていたようでした。曇り空でもあり、撮影が適わなかったのは残念だったが(元々時間もなかったけれど)。
 今春JRから転換した三陸鉄道リアス線(釜石~宮古間)は、元々戦争前に開通していた路線だから、在来の旧南北リアス線とは大分趣きが違っていたけれど、震災の津波被害が甚大だった鵜住居や大槌、陸中山田付近は、町のたたずまいからして、まるっきり姿形が変わっていたようでした。春先の宮城県の野蒜も思い出したけれど、震災による痛みを何一つ受けなかった私が、ああだこうだ言う事はできないでしょう。ともかく三陸鉄道やこの岩手県交通、あるいは北部の岩手県北バス(明日アストロメガデビューだが、見られるかなあ…)といった交通機関が、「乗り物」の力を見せて、W杯を戦うラガーマンの如く、沿線の人々に勇気と希望を与えてくれる事を、切に望みます。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


 ANAとJALは昨日、相次いで成田~ウラジオストック線の開設を発表しました。シベリアへの路線はANAは初、JALは大分昔に新潟~ハバロフスク線に就航していて、それ以来になります。個人的には両社とも、政治に左右されないで、安定した就航が続く事を望みたいと思います。日露間には、政治的に難しすぎる問題が色々あるので。

《今日のニュースから》
28日 水泳世界選手権 瀬戸大也 400m個人メドレー金メダル
29日 農薬散布ヘリコプター墜落 茨城県筑西市
30日 無敗の三冠馬・ディープインパクト死亡

 日曜日、「天気の子」観てきました。映画館に行ったのなんて、数十年ぶりでした。ほぼ予備知識なしで観たのだが、「天気をベースにしつつ、十代半ばの男の子と女の子のロマンスを描いたファンタジー」なんだ、というのが、作品に関する印象でした。だから私くらいの年代のヤローが、それも独りで観ると、ややこっ恥ずかしい部分もあったりするのだが。でも偶然だけど、タイムリーでしたよね。現実世界の関東地方も、映画の世界ほど極端ではないにしても、7月に入ってからずっと雨に降り込められて、日照不足の記録更新、とか言っていたのだからから。日曜日は久しぶりに晴れて、映画を見終わって外に出ると青空が広がっていたのだけれど(それを見た時に人々が抱く感情が、このドラマの根底にあるのだろう)、観終わった後だと、やや複雑な印象を抱いたりもしたものでした。
 この作品、乗り物目線で言うと、JR東日本東京支社、東京都交通局、東海汽船が協賛していて、まず、この映画を観るきっかけは、たぶん交通局のキャンペーンでした。大江戸線のメディアライナーには偶然乗り合わせたし(既に運行は終了)、ラッピングの都バスも見た。現在、主人公穂高役のCVによるPR動画を配信中だが、その動画にも出てくる、序盤に穂高が乗っていたのは、新宿〔支〕のC246号車。JRの電車はかなり出てきていました。ヒロイン陽菜が住んでいるのは田端の近くらしく、京浜東北線や山手線がガンガン行き交っていた。東海汽船はさるびあ丸が出てきて、序盤の穂高の行動のきっかけとなる一件がおきます。でもなぜか、東海汽船の公式Webには、リリースがないんだよなあ。
 今回の映画鑑賞は、3月のBリーグ観戦と同じく、最近のテーマとしている「チャレンジ・再チャレンジ」の一環でした。残りの時間でどれだけできるか解らないが、今後も可能な限り、続けて行きます。乗り物以外でも。

KIMG0706.jpg
 7月のMyカレンダーは、国際興業バス「ヤマノススメ」でした。カレンダーでは、さわらびの湯に到着した所を撮影して使いました。構図的に、5月のくしろバス「ルパンⅢ世」と同じになってしまっているが、こちらはバス停で到着を待つ行楽客の姿が映り込んでいて、だからこれでも良いなと使ったものです(だから「ルパンⅢ世」は5月に回し、6月は西武「銀河鉄道999」にした)。なので、タイトル画像は別の場所で撮影した後ろ姿にしました。
 8月のタイトル画像は、また埼玉です。県東部にある都市を舞台とした、「嵐を呼ぶ幼稚園児」が主人公のギャグアニメ。今はコミュニティバスにも描かれているが、東武鉄道の方を出します。東武なのに神奈川県で見る機会の方が多かった、神奈川県民としてはありがたいラッピング電車でした。
 なお、8月1日の更新はお休みを頂く予定。3日から、通常通りのペースで更新する予定です。
 それと16日には、当ブログのスタート10周年を迎えるが、合わせて当ブログと、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」に関する、新たな運営の方針を記す事にしています。

この記事へのコメント