№2051 Happy Birthday! でも主役はオレたち! Dr. STONEラッピング電車

2019091700.jpg
 いつも話題の、伊豆箱根鉄道駿豆線のラッピングトレイン。
 昨年の2月、「ラブライブ!サンシャイン!!」(以下LLS)の第2段、「HAPPY PARTY TRAIN」(以下HPT)を撮りに行った事は№1808で書いて、大きめの画像で大サービス?させて頂きました。
 その後、今年の正月の劇場版公開に合わせた第3段「Over the Rainbow」(以下OtR)の運行も始まり、いつかは行かないとアカンなと思って、実際今年の3月にも行っているのだが、あの時は午後から曇り空になってしまって西側サイドをきれいに撮れなかったので、途中でギブアップ(本体でアップしている、伊豆箱根バスのLLS3号車と「のるーら」は、その日に撮ったものです)。
 再度訪問の機会を伺っていたところ、8月になってもう一つ、大きなトピックスがありました。
 7月からTV放映されている「Dr. STONE」(ドクターストーン 以下DST)のラッピング電車が、8月2日より運行を開始しました。DSTは週刊少年ジャンプに連載されている、稲垣理一郎・Boichi原作コミックのアニメ化作品で、LLSと違ってご当地・聖地巡礼ものではないのだが(箱根へ行くエピソードはあったらしい)、作品テーマが「石」に関わるもので、伊豆半島ジオパーク推進協議会との協力でキャンペーンが展開されるので、その一環で運行されるものらしいです。同時に、スマホを利用したARスタンプラリーも行われます。
 同じ鉄道路線でアニメ2作品のラッピング電車が同時に運行されるのは、8年前に京阪石山坂本線の「けいおん!」「機動戦士ガンダムAGE」もあったけれど、まあ珍しいケースでしょう。LLSとDSTは作品の方向性や対象の年齢層が全然違うし。これは早いうちに、両方とも撮りに行かなければ(特にDSTは来年1月までと短期だし)と思っていたが、今週の火曜日、17日の三島が晴れ、と聞いたので、ここがその機会と、東海道線の初電で出向いて行ったのでした。
 なお、LLSもDSTも、アニメは全く見ていないので、この辺は語れません。ご承知おきを。

 東海道線の初電に乗り、熱海で乗り換えて三島へ。一日乗車券「旅助け」を購入。

2019091704.jpg
 OtRデザインで、HPTの時と同様、アクリルバッジのオマケ付きで1,200円。この日は桜内 梨子(9月19日誕生日の設定)のバースデーヘッドマーク仕様。なお、乗車券自体は全有人駅で発売するが、オマケがバースデー仕様になるのは、三島だけ。
 おい、今日はDSTメインじゃないのか?

2019091705.jpg
 実は1ヶ月前の8月5日にも来ていて、DSTデザインの一日乗車券は、この日に買って、使っていました。ただこの日は先に岳南鉄道と静岡鉄道を回ってきて午後からだった上に、ARスタンプラリーに参加したかったのに、QRコードを読み取れず、ラリーはできませんでした。17日の訪問は、ラリー再チャレンジの意味もありました。

2019091706.jpg
 では、ラリースタート。昔ながらのインクを使って駅備え付けのスタンプをペッタンコ、ではない、ARのラリーは初めて。なのでうまくやれるかなあ。三島は窓口の窓ガラスに、LLSのポスターの隣に張られています。アプリ内のカメラを使うが、注意するのは、読み取るのは、右上のキャラクターという事。読み取ると、白黒のキャラクター部がカラーに変わり、タップするとキャラの紹介を見る事ができます。基本的には子供向け、だろうか?

 6時49分発の普通電車で出発。ラリーのためには途中、大場と伊豆仁田に降りる必要があるのだが、すぐ次がDST、さらに2本後がOtRの編成なので、スルーして、先に原木まで行きます。駅から撮影場所まで歩いて行きました。

 2019091707.jpg
 四日町第1踏切。「とまれ よくみてわたろう」の看板は、電車が7000系だ。四半世紀くらい前に整備されたのだろう。他の踏切も、ほとんどがそうです。

 この踏切や、近くの空き地で、DSTやOtRの編成を撮るが、後半でキャラクターの画像と併せて、まとめて書きます。
 この他の電車を2点。

2019091708.jpg
 1302Fはオリンピック・パラリンピックのPR編成になっていました。共に自転車競技が静岡県で行われるためで、修善寺方はパラリンピックのマスコット、ソメイティのヘッドマーク。

2019091745.jpg
 これは後で撮ったものだが、三島方はオリンピックのミライトワ。

2019091742.jpg
 ドア部には競技別にマスコットが描かれているが、小さいし、手ぶれで見づらいのはご勘弁。2202号車。

2019091743.jpg
 1402号車。

2019091744.jpg
 1302号車。

2019091712.jpg
 これも後で乗り合わせた時に撮ったものだが、広告がオリ・パラで統一されていました。

2019091709.jpg
 1301F「YELLOW PARADICE TRAIN」(YPT)は、ハロウィーンのヘッドマークを掲げています。車内もハロウィーン仕様のようだが、今回は乗る機会がなかった。
(後追いです)

2019091710.jpg
 ラリー復帰の前に、朝食のため伊豆長岡へ移動。韮山から乗りました。

2019091711.jpg
 この韮山駅、10月1日から、朝7時~8時30分以外は駅員がいなくなってしまいます。自動改札機がある駅だが、通路を開けておくので、この日のような一日乗車券は、この通路を通ればいい、という事。でも車いすの乗客は、あらかじめ鉄道に伝えておかなければならなくなるらしい。少数ながら路線バスも発着する駅なのだが、乗客はやはり少ないのか。この先、〔踊り子〕停車駅以外は皆そうなってしまうのかも知れない。現実は厳しい。

2019091713.jpg
 ラリー復帰。伊豆仁田駅。「柏谷横穴群」は駅からタクシー20分、と書いてあるが、地図で見た限りは、歩いても20分程度で行けそうだ。

 伊豆仁田から大場までは歩いて行きました。次の電車まで20分あるので。乗っても乗らなくても大場からの下り電車は同じになるのだが、ただ待つ、という行為は苦手で。

2019091714.jpg
 それに、道すがら、こういうのも撮れるしね。OtR編成、桜内 梨子バースデーHM。
(この一つ前を〔踊り子101号〕が通過しているが、これは撮れなかった)

2019091715.jpg
 大場駅のラリーポイント。丹那断層公園は逆に、大場駅では遠い。JRの函南駅の方がまだ近いが、ここはタクシーの世話にならないと辛そうだ(熱海駅からもほぼ同距離のようだ)。

2019091716.jpg
 下り電車に乗り、大仁下車。ラリーポイントは駅舎内壁面の上の方にあって、見落としやすいかも。

2019091717.jpg
 駅前に立つ、「長嶋茂雄ロード」の記念碑。

 次の電車で、修善寺到着。
 ここもラリーポイントになっているが、もう一ヶ所のポイント「ジオリア」は修善寺温泉の近くにあり、基本的にはバス利用。ちょうど修善寺温泉行の伊豆箱根バスの出発が迫ってきていて、どのみち駅に戻ってくるのだから、先に「ジオリア」に行きます。

2019091718.jpg
「ジオリア」は、終点の2つ手前の修善寺総合会館が最寄りだが、終点まで乗り通してみました。修善寺温泉「駅」だって。本来は東海バスの施設。修善寺駅からは220円。この路線は伊豆箱根バスと東海バスの共同運行だが、どちらもIC不可。

2019091719.jpg
「ジオリア」は、修善寺総合会館の地下1Fにあり、左手の階段を降りていきます。なお、最後のラリーポイントはその階段のすぐ右手にあり、見落としやすいので注意。黄色い矢印を加えておきました。

20190 91720.jpg
 最終ポイント。獅王子 司はずいぶんオジサンっぽくみえるが、高校生なんだって。
(ラッピング電車には描かれていない)

2019091721.jpg
「ジオリア」は伊豆半島ジオパークミュージアム、という事だが、ミュージアム、というよりは正直展示室、という印象。入場無料。訪ねた時は、他に人はいなかった。

2019091722.jpg
 世界各地のジオパークの紹介をするコーナー。韓国にもあり、韓国の有名人も訪れたのだろうか、サインもあるけれど、全部ハングルでは読めません…。

2019091723.jpg
 ジオパークとは直接関係ないと思うが、狩野川台風に関する展示もありました。

2019091724.jpg
 東海バス便で修善寺駅に戻り、最後のポイント。
 解説の最後の一文、「唆(そそ)るぜ、これは!」というのは、主人公・千空の口癖、なのだそう。
 これで、ラリーポイント6ヶ所全て回りきりました。

2019091725.jpg
 これが、コンプリート時点の画面。コハクとクロムのキャラ紹介は、この日の時点では「coming soon」になっていました。
 ラリーのキャラクターと、ラッピング電車のキャラクターは、一部一致していません。
 この画面を、修善寺駅の改札で駅員に見せると、景品を頂く事ができます。これも最後にご覧頂きます。

2019091726.jpg
 この日は、DST編成とOtR編成の間にHPT編成が運用されるパターンでした。DSTとHPTの並び。この日の日中は、三島と修善寺で、頻繁にこの並びが見られたはずです。

 最初は牧之郷で交換する、DST編成とOtR編成のツーショットを撮るつもりでした。しかし、12~13時台の両編成は3番線に発着、2番線に電車がいないと、車体にラッピングされたキャラクターのアップを撮れそうです。しばらく粘る事にしました。後で出します。

2019091727.jpg
 DST編成と入れ替わるように3番線に着いた、OtR編成。HPTとの並び。これも、昼間は頻繁に見られたはずです。ファンにはたまらない組み合わせ?なんだろうね。
 OtR編成に乗って移動します。

2019091728.jpg
 田京で、YPTと交換。

2019091729.jpg
 伊豆長岡で〔踊り子115号〕と交換。

2019091730.jpg
 原木駅の駅舎。こうしてみると、割とレトロモダンな雰囲気もあるかも知れない。無人駅。

2019091731.jpg
 ホームの乗車目標。中間車の中間のドア部分はこんな表示。7000系にはドアがないので、こんな文言になるのです。今乗ってきたのがまさにそう。

2019091799.jpg
 原木で降りたのは、三島で折り返してきたDST編成を撮るため。原木は通常、行き違いがないと両方向とも駅舎側の2番線に発着するが、行き違いがあると、修善寺行は1番線に入ります。
 これを撮って、行き違いの電車で大場に向かい、いつものポイントへ歩いて行きます。徒歩10分くらい。この日は軌道線復刻色の3000系は終日お休み、道すがらの車庫の中にいました。

2019091732.jpg
 火の見踏切は、ファンがいっぱいいるなあ。普通の平日なのに。ファンと言っても、鉄道かLLSか、あるいは両方のファン?もうすぐOtR編成の通過で、バースデーHM狙いなのでしょう。

2019091734.jpg
 実はここって何回も来ているのだが、近くの茂みに隠れて、バスの廃車体があるのに、この日初めて気づきました。敷地内で立ち入れなさそうだが、プロポーションからして、三菱ふそうの「ブル」か?前後ドアなので、関西から持ってきたのだろうか?

2019091733.jpg
 付近は田んぼが広がっています。朝の原木付近もそうだったが、稲がたわわに実っていました。やや雲が多くなってきて、時々太陽を遮ってしまいます。ただ、さすがに9月半ば、次の週が秋分の日、となると、陽が遮られると、風はだいぶ涼しく感じられるようになりました。
 修善寺から戻ってきて、更に三島から来たDST編成です。

 これを撮って帰路に就こうと、大場駅に戻ろうとすると…。

2019091735.jpg
 ED32の姿が駅構内にありました。この日は大雄山線5505Fの甲種回送のため三島への輸送に当たっていて、その帰りなのでした。入れ替えで、車庫の中に入っていきます。ここの踏切が遮断されるシーンは、実は初めて見ました。

2019091736.jpg
 三島からの帰り、熱海行の電車から、5505Fの姿が見えました。帯が緑色になっている。翌18日にJR線内を移動し、19日に大雄山に戻ってくる事になります。「ミント・スペクタクル・トレイン」と称される事になるらしい。

 ここから、この日1日かけて撮り歩いた、DST編成とOtR編成の、編成全体と各車両、それにキャラクターのアップの画像を並べてます。

**Dr. STONE**

2019091751.jpg
(左から)7501-7301-7101
 これは東側だが、DST編成は7301を中心にした点対称のラッピングなので、東西どちら側から見ても同じデザインになります。

2019091752.jpg
7501

2019091753.jpg
7301

2019091754.jpg
7101

2019091755.jpg
千空 (CV:小林 裕介)
 ドア部に顔が描かれているので開いたら見られなくなってしまうのだが、ポーズからして、こうせざるを得なかったのだろう。

2019091756.jpg
コハク (CV:沼倉 愛美)

2019091757.jpg
スイカ (CV:高橋 花林)
 頭部のスイカは被り物で、女の子、なんだって。ARラリーには出てこない。

2019091758.jpg
クロム (CV:佐藤 元)

2019091759.jpg
あさぎり ゲン (CV:河西 健吾)
 ARラリーには出てこない。

 逆に、ラリーに出てきた大木 大樹、小川 杠(ゆずりは)、獅王子 司は、ラッピング電車には描かれていませんでした。

2019091760.jpg
 千空には、西側・三島方のみ、CV・小林 裕介氏のサインが書き込まれています。8月25日に小林氏を一日駅長として招いたイベント列車としての運行があり、その時に書かれたようです。

**Over the Rainbow**

2019091771.jpg
(左から)7502-7302-7102
 Over the Rainbowは、東西とも三島→修善寺と、同じ順番でメンバーが描かれています。これは東側。HPTとは、若干並びが異なります。

2019091776.jpg
7102

2019091777.jpg
7302
 2ドアなので、花丸とルビィは、修善寺方のドアを2人で分け合っている(東西とも)。

2019091778.jpg
7502

2019091781.jpg
高海 千歌 (CV:伊波 杏樹)
 両作品とも、主人公は「千」なんだ!

2019091782.jpg
渡辺 曜 (CV:斉藤 朱夏)

2019091783.jpg
桜内 梨子 (CV:蓬田 利香子)

2019091784.jpg
津島 善子 (CV:小林 愛香)

2019091785.jpg
国木田 花丸 (CV:高槻 かなこ)

2019091786.jpg
黒澤 ルビィ (CV:降幡 愛)

2019091787.jpg
小原 鞠莉 (CV:鈴木 愛奈)
 架線柱の影はご勘弁。顔にはかかっていないので、これで納得して下さい…。

2019091788.jpg
黒澤 ダイヤ (CV:小宮 有紗)

2019091789.jpg
松浦 果南 (CV:諏訪 ななか)

2019091791.jpg
 本当は、OtR編成とDST編成の並び、という所まで撮りたかったが、修善寺で時間を使ったため、この日はそこまでは行きませんでした。
 なので先月、8月5日に大場駅で撮っていた並びをご覧頂こうと思います。OtRは高海 千歌バースデーHMでした。


2019091737.jpg
 最後に、この日の「戦利品」?ARラリーの景品のクリアファイルと、「伊豆の紅白鉱石」、一日乗車券と、バースデーHMクリアバッジ。

 こうして、この日やりたかった事は、ほぼやりおおせました。駿豆線は変わらずLLSのファンが多いと思うが、彼らの目には、DSTのラッピング電車って、どう映るのだろう。私個人としては、電車・バスを彩るアニメのラッピングも、そろそろ男の子がグイグイ引っ張る作品が欲しいと思っていた頃なので、歓迎でした。伊豆箱根は4年前にも「弱虫ペダル」をやっているし、今後も(伊豆箱根以外も含めて)バランス良く取り上げてもらえると、嬉しいと思っています。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


 おとといのリリースだったので前回書くべきだったが、スカイマークは、成田~サイパン路線と、成田~セントレア路線の開設を発表しました。年内の就航を目指すとしていて、サイパン路線はデイリー、セントレア路線は週2便を予定しているとの事。定期国際路線は初めてで、成田就航は、何年ぶりだろう?サイパン路線はこの数年チャーター便の運行で実績を積んでいたようで、満を持して、という所でしょう。

《今日のニュースから》
20日 温暖化対策訴え 若者デモ 150ヶ国以上で実施
21日 巨人 セ・リーグ優勝 5年ぶり37回目

 ただ、このデモ行進は東京でも行われている一方で、ロシアと中国では行われていない。どちらも、あまりに強権的な大国だからね…。この辺は、この種の運動の限界もちらつかせていると思う。あと問題は、ドナルド・トランプだろうねえ。
 カナダのトルドー首相が教師時代、パーティーの時に顔を黒く塗った動画が拡散し、人種差別的だと非難されています。日本では昔、シャネルズ(ラッツ&スター)が顔を黒く塗ったいでたちで「ランナウェイ」「め組のひと」などを大ヒットさせたが、では、彼らも非難の対象となりうるのか?

この記事へのコメント