№2111 変化の予感 1年ぶりの成田へ〈前〉

20200120-000 成田空港.jpg
 今週の月曜日、成田空港まで撮影に行ってきました。久しぶり….。成田の旅客機撮影、結局夏は行かずに終わって、ちょうど1年ぶりになってしまいました。
 この3月には羽田空港の国際線増便があり、成田からの多数の便のシフトが、航空各社などから既に発表になっています。一方で新顔も見られたりして、3月以降の変化の予感を感じさせる、今回の撮影行となりました。画像数が多いので、2回に分けます。

 今回は、今までとは少し行動パターンを変えてみました。これまでは先に第1ターミナルに行って9時30分頃まで撮影、その後夏なら桜の山、冬だとひこうきの丘、という行程だったが、今回は成田駅から、直接ひこうきの丘を目指します。成田駅に8時前に降り立ち、朝食を済ませてゆったり、という行程。

20200120-001 JRバス成田空港行き.jpg
 8時50分発、JRバス関東多古本線・成田空港行。この路線に乗るのも、久しぶりになってしまいました。しばらく乗らない間にまたいくつか変化があり、成田空港行が増便になった上、一部の便が延長になっています。バスだけでなく、乗り場も変わりました。駅前に整備された交通広場から出発します。

20200120-002 JRバス成田空港行き時刻表.jpg
 時刻表。全体的に、平日がまた減少してしまっているかな…。ただ、全ての便が三里塚より先に行くようになったので、今回目指す住宅入口行バス停は、全部の便が行きます。
 下段は、正月恒例の迂回運行のお知らせ。迂回時間帯は、成田駅を出ると、松原まで直行します。

20200120-003 JRバス成田空港行き行先表示.jpg
 その行先の表記。一部の便は、貨物管理ビルから、さらに第7貨物ビルまで入るようになりました。
(第7貨物ビルは、入構許可証がないと入れない)
 上の段に、迂回運行の表記があります。アナウンスにも入ります。

20200120-004 インパレスホテル.jpg
 この行先表記にはないが、成田空港行の一部の便は、三里塚の手前のインパレスホテルを経由するようになっていました。航空利用の宿泊客を取り込む、という事だろうが、せっかくの寄り道なのに、乗降が全くなかった…。
 三里塚で左折した先には、コンテナを活用した宿泊施設が作られている最中のようです。バス車内は、混雑はしていないが、通勤の利用のお客さんが少なくないようだった。通勤客とか、ホテル宿泊客が積極的にバスを利用してもらえると、将来は明るいのだが…。

20200120-005 住宅入口バス停.jpg
 三里塚の一つ先の、住宅入口。ここで下車します。成田駅からは30分くらい。540円。多古本線はSuicaを導入しているので、全国相互利用のICカードでも乗れます。
 このバス停には、東京駅からの高速バスも停車します。東京駅8時発に乗ると、9時25分着。
 次のバス停は航空科学博物館で、結構離れている。ひこうきの丘はその中間だが、さすがにバス停を、とは行かず、バスの進行方向に向けて、テクテク歩いて行きます。

20200120-006 畑ポイント.jpg
 ひこうきの丘が見えてきました。その手前、歩道上にカメラ片手のファンが数人見えるところが、ここも何度か書いている、通称「畑ポイント」。住宅入口バス停から、徒歩10分程度、でしょうか。

20200120-008 CEBE PACIFIC A320-200 RP-C3281.jpg
セブ・パシフィック A320-200
 早速、畑ポイントで1枚撮ってみました。セブ・パシフィック機は、若干デザインが変わっています。

20200120-007 ひこうきの丘.jpg
 ひこうきの丘。普通の平日だからそんなに大勢、でもないが、それでもそれなりに観客がいました。

20200120-011 デルタ航空格納庫.jpg
 デルタ航空の格納庫。元はJALが使っていた所だが、デルタがいなくなったら、誰が使うのだろう?NCA?ピーチ?

20200120-010 CHINA AIRLINE A330-300 SKYTEAM B-18311.jpg
チャイナ・エアライン A330-300
 エアバスでスカイチーム色は、初めて見ました。

20200120-014 peach A320-200 JA827P.jpg
ピーチ A320-200
 バニラエアを吸収した事で、成田でもピーチを見る機会が増えました。これは、最初からピーチ機。

20200120-015 ANA WINGS DHC-8-Q400 JA859P.jpg
ANAウィングス DHC-8-Q400
 成田で見られる、唯一のターボプロップ旅客機。

20200120-016 THAI B787-8 HS-TQF.jpg
タイ国際航空 B787-8

20200120-017 ANA B787-10 JA901A.jpg
ANA B787-10
 A380の影に隠れているが、これも去年初就航した機材です。上のTGの-8と比べると、相当長くなったと解るのでは?

20200120-018 vietjet A321-200 VN-A653.jpg
ベトジェット A321-200
 ベトジェットは、2機が間髪入れずやってきました。

20200120-019 vietjet A321-200 AMY VN-A607.jpg
 もう一機、前方に描かれているのは、ベトジェットのオリジナルキャラデ、「エイミー(AMY)」と言うのだそう。ベトジェットは去年B737MAXを発注したらしいが(米朝首脳会談がベトナムで行われた時。トランプがドヤ顔だったっけ)、就航の大幅延期は避けられず、どうなるんだろうねえ?ニュース映像に映し出されていた737MAXには、ベトジェット色の機体もあったような。

20200120-021 ひこうきの丘展望.jpg
 ひこうきの丘からA滑走路(R/W34L)を見るとこんな感じ。現れたのは…。

20200120-022 SKYMARK B737-800 JA73NN.jpg
スカイマーク B737-800
 久しぶりに成田に就航した、スカイマーク。国際線のサイパン行。紆余曲折あったが、就航から21年で、定期国際線の就航にこぎ着けました。現在パラオへのチャーター便も積極的に飛ばしていて、いずれは定期路線として就航する事に、なるのでしょうか。

20200120-024 Jetstar A320-200 Nyanko Daisenso JA17JJ.jpg
ジェットスター・ジャパン A320-200
 後部に描かれているのは「にゃんこ大戦争」という、スマホ向けのゲーム、らしい。

20200120-025 malaysia A350-900 9M-MAD.jpg
マレーシア航空 A350-900
 MHにもA350-900が入りました。去年はA380だったはずの便。

20200120-026 swiss A340-300 HB-JMA.jpg
スイス・インターナショナル A340-300
 結構古い機材だと思うが、もうしばらくは使うみたい。3月からの関空線にも導入されるそう。

20200120-028 ビズジェット&A380.jpg
 ビズジェットもたまに見られるが、その大きさはA380とは比べものにならん。

20200120-029 JRバス関東.jpg
 前述のように、JRバスは三里塚折り返しの便も全部、最低航空科学博物館までは延長されたから、ひこうきの丘に関しては見る機会が増えました。朝乗ったエルガと、元東急らしきエアロスターが主力になったようだが、まだこんな古めの中型車も見られます。

20200120-030 JRバス関東高速バス.jpg
 高速バスも、東京~多古・八日市場路線が、割と多めに通過します。千葉交通も入ります。

20200120-000 成田空港&成田空港交通.jpg
 それと、成田空港交通の南部博物館線。このエルガ、元京成バスだろうが、新スカイライナーのカラーをまとっています。
(平日のみ)

20200120-031 AIR BUSAN A320-200 HL7445.jpg
エアプサン A320-200
 A320なんてあったんだ。

20200120-032 ZIP AIR.jpg
 B滑走路・R/W34Rへの着陸が見えたZIP AIR機、整備地区に現れました。尾翼が、緑がかったグレーに塗られている。

20200120-033 ROYAL BULNEI A320-200.jpg
ロイヤル・ブルネイ A320-200
 去年の3月から成田に就航しています。関西空港開港時に一時日本路線の就航があったが、その時とはデザインが変わっている。

20200120-034 HONGKONG AIRLINES A330-300.jpg
香港航空 A330-300
 去年末には一時、運行停止寸前の経営危機に陥っていたが、とりあえずは一息ついたようです。でも、香港自体が未だに落ち着きを取り戻せていないし、今後はどうなるのか。

 ところでA滑走路は、9時30分少し前にひこうきの丘に着いて以来、全く着陸がなかった。

20200120-035 AEROFLOT B777-300ER VP-BPG.jpg
アエロフロート B777-300ER
 12時過ぎ、ようやく着陸機が現れました。B777-300ERが日本でも見られるようになった。31年前、平成の世になった頃はイリューシン62だったのだから隔世の感があるが(まだソビエトだったし)、SUも3月に羽田にシフトするから、成田で見られるのは、短期間。

 午後も数多くの機体を見る事が出来ました。ニューカマーあり、成田では見られなくなるものあり、様々だが、それは次回とします。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


 武漢の肺炎では、春秋航空日本は2月いっぱいまでの武漢路線の運休を決定し、ANAもとりあえずは今日出発の便の運休を決めました。中国から日本各地へ乗り入れる武漢便も欠航が相次いでいるようです。現地では公共交通も全部止まっているらしい。春節だ、というのに。
(日本で正月の時期にこんな事が起きたら、どうなるのだろう?)
 JR東海は昨日、新型電車315系の製造を発表しました。2021(R3)~2025(R7)年度にかけて352両を新造し、211系・213系・311系を置き換えていくとしています。211系には国鉄時代末期に導入された、セミクロスの0番台8両が含まれているが、これで、JR東海からは、国鉄時代の車両は全滅する事になります。エクステリア・イメージのイラストを見た印象では、正面はだいぶおとなしく感じられました。「通勤型」だからか。名古屋・静岡を中心とした路線に入るようだが、ロングシートらしいので、豊橋~名古屋~大垣を中心とした快速には、入らないと思われます。JR東海は、羽振りがいいなあ。

《今日のニュースから》
22日 WADA モスクワのドーピング検査所 再び暫定的資格停止処分
23日 日本プロゴルフ殿堂 海老原清治氏ら4人 渋野日向子に特別賞

この記事へのコメント