№2181 「移動自粛」明け 何が見えるか北海道 4〈終〉.JAL554便

20200630-50 JAL554.jpg
 旭川から帰宅です。帰りもJAL便です。しかし運休便が多いため、まだ昼過ぎのこの時間で帰宅の途に就かざるを得ませんでした。

20200630-51 空港バス.jpg
 やや慌ただしかったが、富良野から着いて10分で、空港バスに乗り換えます。このすぐ後にADOの羽田便もあるからだろうか、行列が案外長い。

20200630-52 空港バス時刻表.jpg
 6月30日時点の、旭川空港行の時刻表。この日のJALは、これから搭乗する554便しかない。ADOは夜にも便があります。

20200630-54 旭川空港ターミナル.jpg
 旭川空港のターミナル。2年ぶりです。

20200630-55 出発ロビー.jpg
 出発ロビー。

20200630-56 JALカウンター.jpg
 JALのカウンター。ビニールのシートで覆われている。

20200630-57 イラスト.jpg
 旭川空港所のスタッフによる、旅客機キャビンの空気循環についての解説のイラスト。元々旅客機は密閉状態にあるので、最初から空気循環のシステムがあるのだけれど。

20200630-58 到着.jpg
 チェックインが終わると同時に、「JAL553便が羽田から到着しました」というアナウンスがあったので、慌てて展望デッキに向かう。ちょうどタキシング・スポットインする所でした。JA656J、B767-300ER。おや、後部に何か描かれているな。

20200630-59 2F出発ロビー.jpg
 2Fの出発ロビー。羽田行が相次いで出発するので、それなりに賑わっていました。

20200630-60 ショッピング.jpg
 ショッピングのフロアも、全店舗普通に営業していました。

20200630-61 保安検査場.jpg
 保安検査場。手前の消毒液以外は、いつもと変わらないか。

20200630-62 出発案内表示.jpg
 出発案内表示。結局この日の出発は、JAL1便とADO(ANAコードシェアあり)2便、合計羽田行3便のみ。

20200630-63 駐機中.jpg
 駐機中のJAL機。すぐ後ろ、ADOのB737-700が着陸。

20200630-64 2番ゲート.jpg
 2番ゲート付近、状況を考えたら、乗客数は多い方だったのではないか。「クラスJは予約分のみで満席」というアナウンスも聞こえた。無論、全席は販売していないはずだが。

20200630-65 搭乗開始.jpg
 搭乗開始。「ソーシャル・ディスタンスを守ってください」とアナウンスはあったが、実のところはあまり守られていないように見えた。

20200630-66 消毒液.jpg
 ゲートを通過すると、すぐに消毒液が用意されている。

20200630-67 日本博ラッピング.jpg
 ボーディングブリッジから、先の機体後部のラッピングを撮影。「日本博」。
 普通席は単純計算で、4/7の販売のはずだが、キャビン全体が落ち着くと、それよりも少なめ、と見えた。特に後方は、販売席でもいない所が多い。

20200630-68 出発.jpg
 定刻出発。この便はHAとのコードシェアとアナウンスにあったが、現状では意味がない。曇り空は変わらないなあ。晴なら、神楽山とかが見えるはずだが。

20200630-69 離陸直前.jpg
 離陸はR/W14。ADO便も出発するようだ。

20200630-70 離陸.jpg
 離陸。ちょうどターミナルの真横。

20200630-71 上昇中.jpg
 上昇中。北海道らしい田園地帯が広がる。

20200630-72 大雪山カントリークラブ.jpg
 大雪山カントリークラブを左に見て旋回、やがてその向こうに見える空港の真上を横切る。一回転する形だ。すぐ南に山々が控えているので、高度処理か。

20200630-73 千代ヶ岡.jpg
 先ほど富良野線で通過した、千代ヶ岡。

20200630-74 富良野.jpg
 ベルトサインは案外早く消灯。雲が多いのだが、その切れ間に、富良野を見る事が出来ました。

20200630-75 日高門別上空.jpg
 晴なら左手にはいろいろ山々が見えたはずだが、次に雲が切れた時には、もう太平洋の上空に出るところだ。日高門別の上空だろうか。

20200630-76 キャビン.jpg
 キャビン。この後往路の女満別便同様、おーいお茶のパックが配られました。

20200630-77 Wi-Fiマップ.jpg
 東北上空は天気が良くない。Wi-Fiのマップでは花巻上空、と表示されていても、下界は何も見えない。こういう状況なので、「JAL FLIGHT FUN!」のお楽しみ、「名所✈めぐり 日本全国47県」もオヤスミ。致し方ないが、残念。

20200630-78 雲海.jpg
 何しろ東北上空は、ひたすら雲が広がる。

20200630-79 キャビンモニターマップ.jpg
 キャビンのモニターも、マップを表示。

20200630-80 降下中.jpg
 ディセンド。スポイラーが立ち上がり、みるみる高度が下がっていく。かなり揺れだす。

20200630-81 降下中キャビン.jpg
 降下中のキャビン。明かりがブルー系。

20200630-82 ルート迂回.jpg
 マップを見ていると、茨城県南部でかなり西側に迂回しているのが解る。積乱雲でも避けたのか?(そんなものは見えなかったと思ったが)あるいは羽田で急なR/Wチェンジでも起きたか?

20200630-83 アプローチ.jpg
 さらに降下。かなり高度が下がっても、時々翼が見えなくなるくらいの濃い雲の中に突っ込む。

20200630-84 東京湾上空.jpg
 ようやく雲海を抜けると、もう東京湾上空だ。たくさんの船が、同じ方向に向けて航行している。

20200630-85 着陸直前風の塔.jpg
 着陸の直前、前方遠くに風の塔が見えた。という事は、R/WはD滑走路の23だ。

20200630-86 着陸.jpg
 着陸。風の塔を見る。
 アナウンスでは、到着は3番ゲートだという。という事は南ウィング側の一番端に近く、タキシングはそんなには長くはなるまい。

20200630-87 駐機.jpg
 南側の駐機場を行く。相変わらず駐機中の機体が多い。

20200630-88 離陸機.jpg
 到着直前、左側をA350が離陸していくのが見えた。何も描かれていない、スッピンの機体だ。

20200630-89 到着.jpg
 定刻より2分早い到着となりました。ベルトサインが消えてお客さんが立ち上がると、結構乗客がいたんだなあと感じる。

20200630-90 3番ゲート.jpg
 3番ゲート。次は鹿児島行になるらしい。

20200630-91 バゲージクレーム.jpg
 バゲージクレームも、荷物が出てくるのを待つお客さんが多い。少々遅く、到着から15分位かかって出てきた。

20200630-92 手荷物受取の流れ.jpg
 手荷物受取の流れも、JALのスタッフによって描かれています。旭川も合わせて思ったのだが、JALではこんな感じで、空港の職員による手書きの案内とか、ガイドとかが結構多くみられる。フレンドリーでいいと思う。

20200630-93 到着ロビー.jpg
 到着ロビーも、模様替えが終わっている。

20200630-95 到着便案内表示.jpg
 到着便案内表示。やはり欠航が多い。これ、プロジェクターによる投影だ。

20200630-94 空港バス券売機.jpg
 空港バスの券売機。ブルーのAが京急バス、オレンジのBがリムジンバスだ。バスもまだまだ運休便が多い。

20200630-96 京急バス.jpg
 横浜までの帰り、今回はバスにしました。表示に見る通りこの路線も20分間隔に減便(通常10分間隔)されているが、都合よく25分発の便に乗れました。半分弱くらいの乗車はあったのだろうか。

 こんな感じで、「移動自粛」要請明けでは最初の旅行は、やや慌ただしくも無事終わりました。梅雨がない北海道のはずなのに、全日ほぼ曇天だったのが残念だったが、久しぶりに石北本線や富良野線に乗ってきたし、ウィルス感染禍の北海道の地方の様子も垣間見えて、それなりに収穫もあったと思います。それにしても、現状では仕方がない、受け入れるしかないとしても、往復の航空便に見るように、ウィルス感染禍の影響は、特にサービスの面であちらこちらに出ていました。むろんJR〔大雪〕や高速バスの運休とかもあったりして、やはり今一つウキウキできない、気分的に乗れないなあ、という部分が多々あったのは、事実でした。今回出会った、誰のせいでもないのだが。やはり旅というものは、精神的に楽しくやり遂げたいと思います。そうなるのは…、この数日の感染者数の増加を見ると、まだまだ先なのかなあ。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


《今日のニュースから》 カッコ書きは新型コロナウィルス感染関連
15日 立件民主党 国民民主党に合流案提案 両党解散・新党結成を提示
(香港ディズニーランド 再度休園)
16日 JR東日本・東京海上日動 Maas提携を発表
(大阪府 「ミナミ」にPCR臨時検査場開設)


弘明寺商店街.jpg
 乗り物とも、今日書いた事とも何の関係もないのだけれど、今日、弘明寺商店街で撮った1枚をご覧いただきます。アーケード街には、七夕の飾りつけが残されていました。今年は平塚も仙台も七夕まつりは当然中止、この数日の神奈川も曇り空続きだが、せめてこの飾りつけで、ほんの少しでも、真っ青な青空と白い雲がどこまでも広がる、たとえ暑くても、楽しい夏が始まっているんだ、と感じたいと思いました。一方で右側の不二家の、マスク姿のペコちゃんが、現実の厳しさを思い知らせてくれるのだが。
 感染者の数がどこまで増えようと、政治や行政がどう動こうと、現状で自らの命や自由な暮らしを護るのは、他ならぬ自分自身しかない。そのためにも、「マスクを着用する」「ソーシャル・ディスタンスを守る」「消毒・手洗いを徹底する」「『三密』は避ける」、この4つのポイントだけは、確実に守ろう。

この記事へのコメント