№2314 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 12.埼玉県(2)

 平成の鉄道・埼玉県、今回はデータ編です。埼玉県と言えば、今年の大河ドラマの主役は、深谷出身の実業家、渋沢 栄一です。彼は、鉄道の世界にも少しばかし縁があります(東急の前身の一つ、荏原電気鉄道の発起人の一人に名を連ねている)。鉄道との関わりは、どう描かれる事になるのか。出身地の「血洗島」には現在、ドラマ放映期間中のみバスが運行されているそうだが(通常はコミュニティバスを利用するが、本数は少ない)、ずいぶん物騒な地名だ。藍の里として、穏やかな田園風景が描かれているのだが。埼玉県の平成時代は、路線の開業は意外に少ないが、宅地開発の進行により、特に東武は(昭和の終わりの頃から)、駅がたくさん開業します。

◆平成時代の新規開業路線・区間 〔カッコ内は新線開業に伴う新駅(県内のみ)〕
1990(H2)年8月22日
 埼玉新都市交通 羽貫~内宿
 〔内宿〕
2001(H13)年3月28日
 埼玉高速鉄道 赤羽岩淵(東京都)~浦和美園
 〔川口元郷/南鳩ヶ谷/鳩ヶ谷/新井宿/戸塚安行/東川口/浦和美園〕
2005(H17)年8月24日 首都圏新都市鉄道 秋葉原(東京都)~つくば(茨城県)
 〔八潮/三郷中央〕

◆平成時代の新規開業駅 〔新線開業に伴わない単独開業駅〕
1989(H元)年4月1日
 秩父鉄道 桜沢
1993(H5)年11月15日
 東武鉄道 東上本線 ふじみ野
2000(H12)年4月1日
 東日本旅客鉄道 東北本線 さいたま新都心
2002(H4)年3月26日
 東武鉄道 東上本線 つきのわ
2003(H15)年3月27日
 秩父鉄道 ひろせ野鳥の森
2004(H16)年3月13日
 東日本旅客鉄道 上越新幹線 本庄早稲田
2008(H10)年3月15日
 東日本旅客鉄道 武蔵野線 越谷レイクタウン
2009(H21)年3月14日
 東日本旅客鉄道 川越線 西大宮
2012(H24)年3月17日
 東日本旅客鉄道 武蔵野線 吉川美南
2017(H29)年4月1日
 秩父鉄道 ソシオ流通センター

◆平成時代の改称駅
2007(H19)年10月14日
 埼玉新都市交通 鉄道博物館(←大成)
2008(H20)年4月1日
 秩父鉄道 和銅黒谷(←黒谷)

◆平成時代の電化路線・区間
1996(H8)年3月16日
 東日本旅客鉄道 八高線
 八王子(東京都)~高麗川(直流1500V)

◆平成時代の事業者名称変更
2004(H16)年4月1日
 東京地下鉄 ←帝都高速度交通営団 ※民営化

12埼玉県.JPG


埼玉県の歴代知事
畑 和→(1992(H4)年7月13日~)土屋 義彦→(2003(H15)年8月31日~)上田 清司


令和以降の埼玉県の鉄道
 東武伊勢崎線では、2020(R2)年6月より、新ライナー列車〔THライナー〕が運行を開始した。東上線〔TJライナー〕と同様の座席指定制の列車だが、地下鉄直通の優等列車は東武初、久喜に発着する日比谷線直通列車も初めてである。日比谷線直通車は、〔THライナー〕に使用する70090型を含め、全列車の20m4ドア化が達成された。これまでの20000系は、東京メトロ03系共々日比谷線直通からは退役したが、コロナ禍の影響でさよなら運転も行われず、静かな引退となった。支線区転用改造車の20040型は、同改正から、南栗橋発着の日光線ローカル列車でも運用が始まっている。ワンマン運転を行っている。
 東上線では2020(R2)年10月、みなみ寄居駅が開業した。ホンダの埼玉製作所寄居完成車工場へのアクセスとして、「ホンダ寄居前」の副称が付けられている。今年3月12日までは、運賃計算上の特例が設けられていた。
 JR埼京線は、2019(R31)年11月ダイヤ改正で、快速は武蔵浦和~大宮間が各駅停車となった。同日より朝方の一部列車が相鉄線直通となり、新たな東京都・神奈川県直通ルートが生まれた。
 西武池袋線の特急は、2020(R2)年3月改正で001系「Raview」への置き換えが完了し、10000系は基本的に新宿線〔小江戸〕専用となった。この改正から、秩父鉄道直通は飯能発着となり、池袋への4000系の乗り入れが廃止になっている。しかし、この頃から新型コロナ禍は日本全国に暗い影を投げかけ、埼玉県も例外ではなかった。特に2020(R2)年4月に発せられた緊急事態宣言により、〔ちちぶ〕〔むさし〕は半数以下となり、他の〔小江戸〕全てを含む特急全列車、各ライナー列車は、土休日は全て運休となり、GWの真っただ中でもあり、大きな損失となった。秩父鉄道も以降、長らく減便が続き、急行もしばらくは全て運休となっている。西武~秩父鉄道直通は、今春ダイヤ改正で土休日のみ再開されるまで、長期に渡って運休となってしまった。たまたまSLの全般検査で運行計画がなかった〔SLパレオエクスプレス〕は、今2021(H21)年より、「三密」回避もあって、全車指定席で運行を開始している。

 次回はいよいよ東京都です。来月になるが、3回に分けて書きます。

span style=color:#090> 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。

《今日のニュースから》
22日 エゾシカ約20頭 苫小牧市内小学校グランドに出現
(アストラゼネカ 最終段階臨床実験 暫定的分析結果発表)
23日 河井 克行元法務大臣 議員辞職の意向表明
(韓国文 在寅大統領 アストラゼネカ製ワクチン接種)

 私はスマホでAndroidを使っているのだけれど、今日の午前中、一部のアプリが起動できなくて、困りました。全世界規模の話だったらしく、大元のGoogleに問題があったようだが、とりあえずネット上のツィートなどを参考にして、Chromeをアンインストールしたら、起動できるようになりました。皆さまはどうだったでしょうか。

この記事へのコメント