№2348 2021年5月 今月は何があった 何をやった

 10都道府県にまで拡大した、緊急事態宣言。ワクチン接種会場の拡大は何とか進むが、変異種の脅威も消えない。欧米では不安要素を残しつつも市民の制限の緩和が進んでいるようだが、日本はいつになるのだろうか。まん延するのはウィルスだけではない。イスラエルvsパレスチナの戦闘を筆頭に、アメリカ・ロシアで相次ぐ銃撃事件(米サンノゼでは、ライトレールの車庫で起きた)、アフガニスタンの爆弾テロ。世界中に吹き荒れ…

続きを読む

№2347 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.59

 東京都を始めとする9都道府県の緊急事態宣言は、6月20日まで延長される事になりました。各地に出されている「まん延防止等重点措置」も同じで、神奈川県は平塚・小田原・秦野の3市も加えられます。今月いっぱいで、もうこれっきり、となって欲しかったのに…、という思いもあるが、実は今日、熱海や湯河原のバスに乗る機会があったのだけれど(今月、神奈川県の外に出たのは初めてでした。東京都は行っていない)、案…

続きを読む

№2346 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 16.富山県(2)

「平成の鉄道」富山県編、今回はデータ編です。富山県は去年の秋に行って、新しい富山駅も見ているが、市内線電車は富山港線も含めて全く乗らずじまいに終わっています。また早めに行って、富山港線から市内線と乗り通してみたいが、この状況下では、いつになるのやら。 ◆平成時代の新規開業路線・区間 〔カッコ内は新線開業に伴う新駅(県内のみ)〕 1996(H8)年4月23日  立山黒部貫光 室堂~大観峰…

続きを読む

№2345 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 16.富山県(1)

 毎日毎日、どうも明るい話題というものがないですよねえ。ネガティブな話ばかり(特にオリ・パラ)。震災や豪雨災害などとは違い、「パンデミック」というものは、ダイレクトに人々の日常の営みと連動して拡大していくものなので、どうしてもそうなってしまう。命に関わる感染症がまん延する世界で生きるとはこういうものなのか、大げさかもしれないけれど、今さらながらにしみじみ思い知らされます。 「平成の鉄道回顧…

続きを読む

№2344 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.58

 コロナ感染禍における交通事業者の経営はどこもかしこも極めて厳しいものがあります。ここでは基本的に関東地方に絞っているが、いくつか他地域の事業者、特にバス事業者の公式Webをいくつか眺めてみると、4月になる前後あたりから、一般路線バスでも運行便数を大幅に減便する所が少なくありません。田舎より、地方都市の中心部で減便の割合が大きくなっているように見えます。いつかは東京など、関東地方にも波及して…

続きを読む

№2343 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 15.新潟県(2)

「平成の鉄道」新潟県編、今回はデータ編です。前回の繰り返しになってしまうけれど、新潟交通と蒲原鉄道、やはり廃線前にもう一度、キチンと乗っておきたかったです。この両鉄道、あるいは新潟県に限らず全都道府県に言えるけれど、近代化された路線に脱皮できない鉄道は、平成の30年間のうちに進退が極まってしまった所が多いようです。寂しい事ではあるけれど、一方で一時は、時速160㎞/hで快走する特急も走った北越急…

続きを読む

№2342 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 15.新潟県(1)

「平成の鉄道回顧」、今回からは中部です。第1回は新潟県です。  下の画像は1990(H2)年1月24日、新潟駅で撮影した夜行快速〔ムーンライト〕(後に〔ムーンライトえちご〕)です。後述する通り、当時台頭していた高速バスへの対抗策として、165系3連を改造して夜行快速専用車としていたもので、グリーン車から転用した座席を配置、読書灯や、小規模ながらフリースペースを設けた、夜行仕様に特化した意欲作で…

続きを読む

№2341 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.57

 緊急事態宣言が北海道と岡山・広島両県に拡大、まん延防止等重点措置の範囲も、さらに拡大される事になりました。毎朝ニュースを見ても、明るい話がほとんどなくなってしまった。と思ってしまうのだが、実は今日、東急の田園都市線やこどもの国線に乗る機会があったのだけれど、たまプラーザは多くの買い物客がコンコースを行き交い、こどもの国駅のホームは、帰宅の行楽客でごった返していました。ベビーカーの多かった事…

続きを読む

№2340 小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅

 小田急江ノ島線の終点、片瀬江ノ島駅は、年間を通じて、数多くの観光客が訪れます。今はコロナ禍で減少はしているが、それでも休日の昼間は、賑わいが絶える事はありません。  この片瀬江ノ島駅は、昔から竜宮城を模した駅舎が有名だったが、近年全面的に立て替えられ、昨年7月30日に全面オープンしました。竜宮城スタイルを活かしつつ、一回り大きな駅舎となりました。これには、オリンピックの対策もあったと思う…

続きを読む

№2339 2021年度GW 航空利用データ分析

 東京・大阪・京都・兵庫の一都3県に出されている緊急事態宣言は今月一杯まで延長になり、同時に愛知・福岡の両県も宣言が発出される事になりました。また、まん延防止等重点措置の範囲も拡大される事になります。ここまで来てしまうと、正直なところ、ため息しか出なくなりました。当然いろいろな人が、いろいろな立場から、いろいろな発言をしているけれど、あくまで私個人が見聞きしている現状も合わせての印象だが、政治家…

続きを読む

№2338 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.56

 現在東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に出されている緊急事態宣言は今月一杯まで延長となり、同時に愛知・福岡両県も対象となる事になりました。我が神奈川県は、緊急事態宣言の対象とはならなかったが、まん延防止等重点措置の範囲が拡大されます。感染そのものももちろん不安だけれど、なんだか精神的に、どんどん追い詰められるような感覚があります。今の所は上も下も、右も左も、どこか右往左往しているように感じら…

続きを読む

№2337 もう一度 JR東日本は 旅客への案内の優先順位を誤っていないか

 今回は、昨年7月の№2184の内容の繰り返しになってしまう部分が多々ある事を、お断りしておきます。  まず、先月の30日の戸塚駅下りホームの、発車案内表示です。  この朝、公衆の線路内立ち入りという一件があり、東海道線・横須賀線は徐々にダイヤが乱れ始めていました。  さて、この状況下での東海道線、特に平塚より先、小田原・熱海方面へ行きたいという場合、どの列車が先に出る事になり、どの列車に…

続きを読む

№2336 バスラマインターナショナル185(ぽると出版)

「バスラマインターナショナル185」は、先月末発売になりました。 2021 春のオムニバス ● EVM-JのF8は、車内全体の様子を写した画像と、三面図が欲しかった。ポンチョやBYDのJ6もだが、小型車でノンステップにしようとしたら、2ドア車でもホイールベース間にドアを2つとも配置しなければならなくなるのか。三菱ふそうエアロミディMEは、例外的だったのだろうか。 ● 平和交通のBYDは…

続きを読む

№2335 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.55

 東京都への3度目の緊急事態宣言の発出を受けて、首都圏のJR・私鉄の各社では、GW中の平日(一部は土日も)の列車の一部削減を行う事になり、先週発表がありました。首都圏の交通の、新型コロナウィルス感染に対する、特にダイヤ面での対応、今回は、昨日30日までのリリースで確認できた事項、特に鉄道各社の平日ダイヤの変更点を中心にまとめます。なお、6・7日に行われる減便は、4月30日にも行われました。G…

続きを読む