№2396 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 津軽鉄道

ストーブ列車 タブレット交換.jpg
 青森県の私鉄の昔の駅、前回は弘南鉄道の駅をご覧頂きました。
 今回は、ストーブ列車で有名な、津軽鉄道です。例によって記録を残していないのは申し訳ないが、保存している乗車券の日付からして、ほとんどの画像は恐らく、1995(H7)年1月13日の撮影です。ストーブ列車にも乗りました。当時はタブレット閉塞で、タブレットの受け渡しのシーンも見られました。それが、上の画像です。

津軽鉄道01津軽五所川原01駅舎.jpg
津軽五所川原 つがるごしょがわら
 JR五能線五所川原とは駅舎は別で、駅名も違う、が、跨線橋は共用という、ここも東北地方では良く見られるスタイルです(ここは今も変わっていないよう)。

津軽鉄道01津軽五所川原05車庫.jpg
 車庫。この時点では津軽21形はまだ導入されていなくて、国鉄キハ20形に準じたキハ2400形(1段上昇窓)、JRから購入したキハ22形が主力、という時代でした。

津軽鉄道02十川.jpg
十川 とがわ

津軽鉄道03五農校前.jpg
五農校前 ごのうこうまえ

津軽鉄道04津軽飯詰.jpg
津軽飯詰 つがるいいづめ

津軽鉄道05毘沙門.jpg
毘沙門 びしゃもん

津軽鉄道06嘉瀬.jpg
嘉瀬 かせ

津軽鉄道07金木.jpg
金木 かなぎ

津軽鉄道08芦野公園.jpg
芦野公園 あしのこうえん

津軽鉄道09川倉.jpg
川倉 かわくら

津軽鉄道10大沢内.jpg
大沢内 おおさわうち

津軽鉄道11深郷田.jpg
深郷田 ふこうだ

津軽鉄道12津軽中里02改築後.jpg
津軽中里 つがるなかざと
 先に改築後をご覧いただきます。スーパーと同居する近代的なタイプになったが、このスーパーは、今はないそうです。なお、北海道新幹線開業時に、奥津軽いまべつへ行く弘南バス路線が開通したが、やはり客足が付かなかったようで、去年の11月に、予約制乗合タクシーに移行しています。

津軽鉄道12津軽中里01改築前 1990.jpg
 津軽鉄道は、先に1990(H2)年、確か2月12日に乗車しています。品川から広崎まで、今はなき高速バス〔ノクターン〕に乗った時、だったかな?この時に撮影した、改築前の駅舎です。

津軽鉄道時刻表19941101.jpg
 1994(H6)年11月1日改正の時刻表です。津軽鉄道は毎年2回ダイヤが変わるので全部を比較するのは難しいが、根本的な部分は変わっていなんじゃないですかね?

 結局画像は全部雪景色で、特にホームだけの無人駅なんて寒々とした印象だけれど、これはこれで、この方が津軽らしくていい、とも感じます。
 津軽鉄道は、結局21世紀になってからは一度も訪れていません。今はどうなんだろう、またいずれ乗りに行きたい、と思うが、いつの日になるのか。乗るなら、やっぱり冬、ストーブ列車(今はストーブ列車車両は有料、これが唯一、20世紀と違う点か?)が走っている時期、だろうか。他の季節も良さそうだが。
 青森県には、以前も何度か書いた南部縦貫鉄道に十和田観光電鉄、黒石線と同じく旧国鉄特定地方交通線を引き継いだ下北交通、乗った事はないが遠い昔には南部鉄道(現南部バス→岩手県北自動車南部支社)もあったけれど、21世紀になってから東北本線を転換して開業した青い森鉄道を除くと、青森県の私鉄は、津軽地方の弘南・津軽の2社のみになってしまいました。私の両親が青森出身という事もあって、ひょっとしたら他の都道府県以上に思い入れが強いのかも知れず(ただし、私自身は青森県には住んだ事がないし、まして津軽弁は全く理解不能)、それだけに、鉄道もまたその行く末を注目してしまうのかも知れません。海・山・湖という自然もまた魅力だし、鉄道だけでなく、バス・船等他の交通機関もまた魅力的なのだが。今すぐとは言えないが、いつかまた、両私鉄を含めた青森の鉄道を探訪できる日を作れればと思っています。それまで、弘南・津軽両私鉄には、コロナ禍を何とか乗り越えて、走り続けて欲しいと願います。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


《今日のニュースから》 カッコ内は新型コロナウィルス関連
22日 柏崎刈羽原発テロ対策不備 東京電力 報告書提出
(関西空港 PCR検査センター開設)
23日 栃木県農業大学校「いちご学科」 オンラインでオープンキャンパス
(札幌・すすき野で職域接種 2回目接種者には缶バッジ配布)

この記事へのコメント