№1812 私鉄名車列伝141 京阪電気鉄道13000系

「私鉄名車列伝」、今回は、京阪の最新鋭通勤車13000系です。  13000系は、2600系置き換えを主な目的として、2012(H24)年より製造が開始された通勤車両である。快速急行車3000系の兄弟車といえ、在来車と比較し、ソフト・ハード両面で、グレードアップが図られた。  3000系に始まる「風流の今様」をコンセプトとして、同系と、通勤車10000系をベースにして設計されてい…

続きを読む

№1185 駅の時刻表から見る 私鉄ダイヤの変遷 10.京阪本線 枚方市駅(後)

 2003(H15)年9月6日の改正は、京阪本線のダイヤ大転機となるものでした。  長年続いた日中15分サイクル→10分サイクルになったのです。  平成に入って以降、JR西日本の競争力向上とか、阪神・淡路大震災の発生などがあり、関西の大手はどこも輸送需要に大きな変動が生じて(ほとんどは減少)、ダイヤのパターンそのものを大きく変えるケースが増えていました。  京阪でもこの「10分サイクル…

続きを読む

№1184 駅の時刻表から見る 私鉄ダイヤの変遷 10.京阪本線 枚方市駅(前)

 №1156の「私鉄名車列伝」では、京阪電鉄の9000系を取り上げました。  9000系は、朝ラッシュ時の特急の枚方市停車に対応した3ドアセミクロスシートであったと記しました(今はロングシート化)。  枚方市に関係が深い系列なので、今回は枚方市駅の時刻表から、京阪本線及び交野線のダイヤの変遷を、主に枚方市の視点で振り返ってみようと思います。  とはいえ、私は関東人で京阪電鉄の恒常的な利用者…

続きを読む

№1156 私鉄名車列伝 116.京阪電気鉄道9000系

 これまで「私鉄の車両シリーズ」として、私鉄・公営の旅客車両について書いてきたシリーズ、今回より、新たに「私鉄名車列伝」と改称します。  鉄道の世界に於いて「名車」というと、史上に残る記録ホルダーとか、新技術を導入したとか、高速列車や豪華列車とか、何かしら鉄道ファンに限らず、世間一般にインパクトを与えてきた車両に与えられる称号というイメージがあるだろうと思います。  マスプロ的に量産される通…

続きを読む

№948 Kカードで見る 「黄+赤」京阪特急の変遷

 旧京阪3000系の8081Fが引退したのが今年の3月。  後継の8000系は中之島線開業に合わせた新CI導入に伴う「エレガント・サルーン」色への移行が完了していて、伝統の「上半分黄色」+「下半分赤」の旧特急ツートンカラーは、京阪本線からは消滅した事になります。  2000(H12)年、京阪特急50周年を記念した「スルッとKANSAI Kカード」が発売され、歴代の特急車両が顔を揃えま…

続きを読む

№464 私鉄の車両シリーズ91 京阪電気鉄道3000系

「私鉄の車両シリーズ」、今日は京阪電鉄の(新)3000系です。  大阪市内に開業した地下新線の主役として期待された意欲作ですが、来る5月28日のダイヤ改正で、運用方法が大きく変わる事になりそうです。  2008年10月19日に中之島新線が開業、新たに快速急行が設定される事になりました。  主にこの快速急行に運用されるのが3000系です。 「コンフォートサルーン」の愛称を持ち、新た…

続きを読む

№289 私鉄の車両シリーズ66 京阪電気鉄道8000系 

 今日は「青春18きっぷ」1日分を使って、いすみ鐵道に乗りに行ってきました。 (白状すると、いすみ鐵道に乗るのは、木原線時代を含めて初めて)  大原から乗って、小湊鐵道に乗り継いで五井に抜けたのですが、それについては後日書きます。  今日は「私鉄の車両シリーズ」、京阪電気鉄道8000系です。  京阪8000系は、1989年の鴨東線開通時に製作された京都(出町柳)~大阪(淀屋橋)間…

続きを読む

№219 私鉄の車両シリーズ41 京阪電気鉄道800系

 久し振りの「私鉄の車両シリーズ」ですが、その前に。  鉄道関連でちょっとしたニュースが2つ。 ① 羽田空港の国際線ターミナルとD滑走路が10月21日供用開始になるというのは今朝のニュースでもご存知かと思いますが、合わせて東京モノレールと京急空港線の新駅も同日開業と発表がありました。  東京モノレールは「羽田空港国際線ビル」。  京急は「羽田空港国際線ターミナル」と呼称します。  …

続きを読む

№151 私鉄の車両シリーズ15 京阪電気鉄道1900系

 浅田真央選手、銀メダルおめでとうございます。  確かにいくつかミスもあって悔やしい部分はあるかも知れないけれど、それでも自己ベスト更新だし、何より直前に、金妍児選手に世界歴代最高得点なんて出されてしまっては仕方ないですね。  胸張って日本に帰って来て下さい。  安藤美姫・鈴木明子両選手もお疲れ様でした。  それにしても日本国内の各メディアは皆騒ぎすぎ。  全然関係ない話題から始ま…

続きを読む