№2370 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.67

 いよいよオリンピックが開幕、今日から本格的に競技が始まり、日本人のメダリストも生まれているが(高藤 直寿・渡名喜 風南両選手、おめでとうございます!)、このウィルス感染禍の中、どうにも重苦しい開催になってしまいました。一方で公式グッズのオンラインショップにはアクセスが集中し、一時利用できない状況になった、とも。引き続き反対運動もあるが、大多数の一般の人々の中には、今大会とどう向き合えばよい…

続きを読む

№2369 福井鉄道の駅 たぶん2009年

 先週は、福井県のえちぜん鉄道の、京福電気鉄道(福井支社)時代の駅の画像をご覧頂きました。  今回は、福井鉄道です。  福井鉄道も昔は他にローカル路線がいくつかあったが、現在は福井と武生を結ぶ福武線のみです。福井市の中心部は、併用軌道になっているのが特徴的です。全線北陸本線と並走しているが、昔の北陸本線は長距離列車偏重でローカル列車は少なかったから競争力があって、福井市と鯖江市・越前市(…

続きを読む

№2368 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.66

 関東地方も、梅雨が明けました。マスクを着けたまま迎える、2度目の暑い夏、燃える夏。感染者が再び拡大、第5波も現実味を帯びて、我が神奈川県(今日は539人の感染確認)も、来週から独自の緊急事態宣言という事になりました。身も心も極めて重苦しい緊張した状況の中で、来週はいよいよ、東京オリンピックの開幕です。  首都圏の交通の、新型コロナウィルス感染に対する、特にダイヤ面での対応、今回は、昨日1…

続きを読む

№2367 京福電鉄(福井)の駅 1990’s≪後≫

 前回と今回の2回に分けて、現在のえちぜん鉄道の駅の、京福電気鉄道時代の姿をご覧頂いています。2回目は、三国芦原線です。転換後も永平寺口(旧東古市)以外は変化が少なかった勝山永平寺線(旧越前本線)とは対照的に、新駅の開業や、在来の駅名の改称がかなり行われる事になります。 三国芦原線 福井口~三国  えちぜん鉄道転換後、2015(H27)年9月27日に、福井口と西別院の間に、まつも…

続きを読む

№2366 京福電鉄(福井)の駅 1990’s≪前≫

 先週、「平成の鉄道回顧」で、福井県について書きました。  福井県は、北陸本線を中心としたJR西日本の路線の他、福井市を中心に、私鉄が2社あります。そのうちの1社、えちぜん鉄道は、元々は京都に本社を置き、「嵐電」の愛称で親しまれている京福電気鉄道が、福井に支社を置いて運営していました。昭和の頃はもっと路線があったが、平成が始まった時点では3路線に集約されていました。  20世紀の終わりに…

続きを読む

№2365 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.65

 また、緊急事態宣言…。感染状況からしたら仕方ない、のだろうが、一年前の事を思い返すと、宣言って、こんなに「軽い」ものだったっけ?と思う。とりあえず、「あいつが悪い・こいつが悪い」的な感情的な「議論」は一切合切、他人に丸投げする事にするが、今回の宣言期間は7月12日~8月22日、完全に東京オリンピックの期間に被る事になり、一都三県の会場は全て、無観客で競技や、開会式・閉会式が行われる事となり…

続きを読む

№2362 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.64

 ショックです。熱海の土石流。ニュース画像を見たら、東海バスが巻き添えになっているように見えました。乗客やドライバーは、大丈夫だったのでしょうか!?  今日は我が神奈川県も朝から大雨で、平塚の川で氾濫とか聞いていたし、京急線も神奈川新町から先が夕方まで止まるなど、交通機関は皆混乱していました。行方不明の方々の安否が一番心配だが、交通機関への影響もまた、心配です(既に明日の運行の取りやめを発表し…

続きを読む

№2359 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.63

 東京都を始め、9都道府県の緊急事態宣言は終わりました。テーマパークや商業施設も、営業を再開、あるいは営業規模を拡大した所が多数。なのに、どうにも重苦しい空気が消える気配がない。東京都はまた感染者が拡大傾向にあるというし。いつになったら、心休まる日が来るのだろうか(と思いつつ、相変わらずどこかチグハグな空気も感じるのだが)。  首都圏の交通の、新型コロナウィルス感染に対する、特にダイヤ面で…

続きを読む

№2357 小田急小田原線 代々木八幡駅

 新宿から小田急線の各駅停車に乗って10分弱、3つ目の駅が代々木八幡です。2年前の3月に新駅舎と新ホームがオープン、これによって、新宿発着の各駅停車の10連運転が始まる事になりました。今回は、新装開店(と言ってももう2年経つが)の代々木八幡駅の「今」を、ご覧頂こうと思いまs。  代々木八幡駅の、2019(H31~R元)年度の乗降人員は20,580人。各停のみ停車の駅としては少なくはない…

続きを読む

№2356 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.62

 西武鉄道では、ライオンズの選手らを起用したマナーポスター新シリーズの掲出が始まっています。これはその第1弾、という事になり、辻 発彦監督(右 現役時代は昭和~平成の黄金期を支えた名ショート)と、森 友哉選手(左)が起用されています。大声でオシャベリするな、というのはコロナ禍云々関係なく、元々交通の車内で守るべき事項、なのだが、マスクをつける、というのが「マナー」、とはね…。今は仕方なくても…

続きを読む

№2353 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.61

 上の画像は、市川駅前と、市川市のワクチン接種会場(国府台市民体育館)で運行されている無料送迎バスです。京成バスのリエッセⅡ(貸切車・松戸〔営〕)が起用されています。全国各地でワクチンの接種会場の拡大が進み、このような、会場と駅などを結ぶ送迎バスがあちらこちらで見られるようになりました。一刻も早いワクチンの普及が強く望まれるし、そこで、どんな形態であれ、交通事業者(乗り物)が貢献してくれる事…

続きを読む

№2351 おうちワークス 京阪臨時ダイヤを作ってみた

 3度目の緊急事態宣言は、今月20日まで延長されています。どうかこれ以上の延長がない事を、祈るのみです。  関西地方、特に大阪府は、一時は東京都をも上回る感染状況となり、人の移動の自粛が強く要請される事となりました。当然この事態は鉄道・バス等の交通事業者を直撃する事になります。発出直後のGW以降、各事業者では、最終電車付近の取りやめによる最終の時刻の繰り上げや、減便が行われています。  …

続きを読む

№2350 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.60

 東京都を始めとする10都道府県の緊急事態宣言は、20日までの延長期間に入りました(沖縄県はもともと20日まで)。しかし一方では、ある程度の制限が緩和され、営業を再開した商業施設などもみられます。上に挙げた、都電荒川車庫の「都電おもいで広場」は、まだ休場の延長が続くが。正直今の状況をどう考えればいいのか、戸惑う所も多々ありますが、ともかく「常識的な」(どこまでが「常識的」かは覚束ない部分もあ…

続きを読む

№2347 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.59

 東京都を始めとする9都道府県の緊急事態宣言は、6月20日まで延長される事になりました。各地に出されている「まん延防止等重点措置」も同じで、神奈川県は平塚・小田原・秦野の3市も加えられます。今月いっぱいで、もうこれっきり、となって欲しかったのに…、という思いもあるが、実は今日、熱海や湯河原のバスに乗る機会があったのだけれど(今月、神奈川県の外に出たのは初めてでした。東京都は行っていない)、案…

続きを読む

№2344 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.58

 コロナ感染禍における交通事業者の経営はどこもかしこも極めて厳しいものがあります。ここでは基本的に関東地方に絞っているが、いくつか他地域の事業者、特にバス事業者の公式Webをいくつか眺めてみると、4月になる前後あたりから、一般路線バスでも運行便数を大幅に減便する所が少なくありません。田舎より、地方都市の中心部で減便の割合が大きくなっているように見えます。いつかは東京など、関東地方にも波及して…

続きを読む

№2341 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.57

 緊急事態宣言が北海道と岡山・広島両県に拡大、まん延防止等重点措置の範囲も、さらに拡大される事になりました。毎朝ニュースを見ても、明るい話がほとんどなくなってしまった。と思ってしまうのだが、実は今日、東急の田園都市線やこどもの国線に乗る機会があったのだけれど、たまプラーザは多くの買い物客がコンコースを行き交い、こどもの国駅のホームは、帰宅の行楽客でごった返していました。ベビーカーの多かった事…

続きを読む

№2340 小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅

 小田急江ノ島線の終点、片瀬江ノ島駅は、年間を通じて、数多くの観光客が訪れます。今はコロナ禍で減少はしているが、それでも休日の昼間は、賑わいが絶える事はありません。  この片瀬江ノ島駅は、昔から竜宮城を模した駅舎が有名だったが、近年全面的に立て替えられ、昨年7月30日に全面オープンしました。竜宮城スタイルを活かしつつ、一回り大きな駅舎となりました。これには、オリンピックの対策もあったと思う…

続きを読む

№2338 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.56

 現在東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に出されている緊急事態宣言は今月一杯まで延長となり、同時に愛知・福岡両県も対象となる事になりました。我が神奈川県は、緊急事態宣言の対象とはならなかったが、まん延防止等重点措置の範囲が拡大されます。感染そのものももちろん不安だけれど、なんだか精神的に、どんどん追い詰められるような感覚があります。今の所は上も下も、右も左も、どこか右往左往しているように感じら…

続きを読む

№2337 もう一度 JR東日本は 旅客への案内の優先順位を誤っていないか

 今回は、昨年7月の№2184の内容の繰り返しになってしまう部分が多々ある事を、お断りしておきます。  まず、先月の30日の戸塚駅下りホームの、発車案内表示です。  この朝、公衆の線路内立ち入りという一件があり、東海道線・横須賀線は徐々にダイヤが乱れ始めていました。  さて、この状況下での東海道線、特に平塚より先、小田原・熱海方面へ行きたいという場合、どの列車が先に出る事になり、どの列車に…

続きを読む

№2335 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.55

 東京都への3度目の緊急事態宣言の発出を受けて、首都圏のJR・私鉄の各社では、GW中の平日(一部は土日も)の列車の一部削減を行う事になり、先週発表がありました。首都圏の交通の、新型コロナウィルス感染に対する、特にダイヤ面での対応、今回は、昨日30日までのリリースで確認できた事項、特に鉄道各社の平日ダイヤの変更点を中心にまとめます。なお、6・7日に行われる減便は、4月30日にも行われました。G…

続きを読む

№2332 相鉄線 羽沢横浜国大駅

 先週の木曜日、「平成の鉄道回顧」の続きで、令和の世になってからの神奈川県の鉄道も振り返ってみたが、この2年間の神奈川の鉄道で一番大きな出来事は、間違いなく、相鉄線とJR線の相互直通運転の開始でした。  両鉄道は、横浜市神奈川区の、羽沢貨物駅に隣接する羽沢横浜国大駅で接続します。今回、開業後初めて同駅に降り立って観察してみたので(通過はあったが)、ここで現状をご覧頂こうと思います。 …

続きを読む

№2331 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.54

 東京都に、大阪府・京都府・兵庫県と共に、3度目の緊急事態宣言が発出されました(神奈川・埼玉・千葉の3県は、今日の時点では対象外)。今回は変異種の急速な拡大という、過去2回にはなかった事態を踏まえ、年始の2回目よりは強い措置が取られる事になりそうです。交通にも、最終電車の繰り上げや、週末や休日の減便が要請される事になるという事で、昨日までの時点では関東の各事業者からは、この発出を踏まえたと思…

続きを読む

№2327 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.53

 東京都に続いて、神奈川県・埼玉県・千葉県などにも「まん延防止等重点措置」が適用される事になりました。いずれも特定の市町村が対象となるが、感染者数がまた増加傾向にあり、しこかも今回は変異種が主力となっているため、これまでより危機感が高まっています。昨日あたり、「重点措置」への交通機関の対応が発表になるかと思ったが、今の所は、目立ったものはありません。しかしこのままだと、今年のGWもまた、去年…

続きを読む

№2326 銚子電鉄の駅 2020年冬

 今回は、どうしてもこれを書かねば、という更新のネタがなかったので、ローカル私鉄の駅の画像を並べて、お茶を濁してみたいと思います(?)  昨年暮れの12月14日、日帰りで銚子に行ってきて、銚子電鉄の駅の写真を撮ってきました。仲ノ町駅のたたずまいを写した画像は、去年の大みそか更新の№2269でご覧いただいたところだが、改めて各駅の画像を、ご覧頂きたいと思います。 銚子 ちょうし  J…

続きを読む

№2325 私鉄名車列伝 150.四日市あすなろう鉄道260系

「私鉄名車列伝」、今回は四日市あすなろう鉄道の260系です。  四日市あすなろう鉄道は、2015(H27)年4月に、近鉄が運営していた内部線(近鉄四日市(転換時にあすなろう四日市に改称)~内部)・八王子線(日永~西日野)を継承して開業した新鉄道で、四日市市が線路・施設及び車両を保有し、同鉄道(現在の出資比率は近鉄75%・四日市市25%)が運営を担う、「公有民営」鉄道です。260系は四日市市…

続きを読む

№2324 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.52

 感染者が爆発的に増大し、大阪府に「まん延防止等重点措置」が適用された関西地方。近鉄は29日より、土休日運休の特急を追加すると発表しています。阪急も「京とれいん」が再度運休になってしまいました。関東地方は今の所、ダイヤに影響が出るところまでは行ってはいないし、行楽用の臨時列車の運転も予定はされているものの、東京都を中心に感染者数が再び増加に転じているため、どう転ぶか、解ったものではありません…

続きを読む

№2320 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.51

 コロナ禍の前にまず、台湾の「太魯閣」の事故、悲惨な事態になってしまいました。亡くなられた方々には、お悔やみを申し上げたいと思います。今回の事故は台湾の鉄道史上最悪、とも報道されているが、台湾では3年前にも普悠瑪の事故があったし、両事故とも5年前に実際に乗っている区間だったので、うーんと思ってしまいました。立ち席がたくさん出るほどの混雑ぶりとも聞いていて、全体的に、インフラの不備もまだあるのだろ…

続きを読む

№2317 アニメと鉄道ビジネス(栗原 景/交通新聞社新書)

 昨今は当ブログ、あるいは本体でもアニメやコミック等と、鉄道(を始めとする交通)とのコラボについて画像を発表したり、記事を書いたりする機会が相当増えたが、その最中の昨年秋、交通新聞社新書として、「アニメと鉄道ビジネス」が刊行されました。  本当はもっと早く書くつもりだったが、例によって遅くなってしまいました。ともあれ非常に興味ある題材でしたので、さっそく買って、読んでみました。その印象や感…

続きを読む

№2316 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.50

 首都圏一都三県の「緊急事態宣言」は終わったが、感染者数は再び、ジリジリ上昇しているという。加えて、宮城県や大阪府では感染者の数が急増している。しかし一方で、限定的な形だが、センバツに加えてプロ野球が開幕。スッタモンダがありながらも、とにもかくにも、五輪の聖火リレーも、スタートしました。日本を、世界を覆う閉塞感はぬぐいようがないが、世の中は、少なくとも日本は、ほんの少しでもいい方向に向かうは…

続きを読む

№2312 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.49

 地震が起きた時、たまたま私はJR根岸線に乗っていました。駅停車中にユラユラ揺れて、地震?とは思ったが、スマホでニュースのアプリを見て、宮城で震度5強と知りました。私が乗った列車はそのまま終点に着いたが、その後は当然、JR各線でダイヤが混乱する事になります。東北新幹線が止まっているようだが(来週の通常運行復帰に影響が出なければ良いが)、全体的には幸い、今回は大きな被害はなさそうです。それにしても…

続きを読む