№2370 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.67

 いよいよオリンピックが開幕、今日から本格的に競技が始まり、日本人のメダリストも生まれているが(高藤 直寿・渡名喜 風南両選手、おめでとうございます!)、このウィルス感染禍の中、どうにも重苦しい開催になってしまいました。一方で公式グッズのオンラインショップにはアクセスが集中し、一時利用できない状況になった、とも。引き続き反対運動もあるが、大多数の一般の人々の中には、今大会とどう向き合えばよい…

続きを読む

№2368 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.66

 関東地方も、梅雨が明けました。マスクを着けたまま迎える、2度目の暑い夏、燃える夏。感染者が再び拡大、第5波も現実味を帯びて、我が神奈川県(今日は539人の感染確認)も、来週から独自の緊急事態宣言という事になりました。身も心も極めて重苦しい緊張した状況の中で、来週はいよいよ、東京オリンピックの開幕です。  首都圏の交通の、新型コロナウィルス感染に対する、特にダイヤ面での対応、今回は、昨日1…

続きを読む

№2365 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.65

 また、緊急事態宣言…。感染状況からしたら仕方ない、のだろうが、一年前の事を思い返すと、宣言って、こんなに「軽い」ものだったっけ?と思う。とりあえず、「あいつが悪い・こいつが悪い」的な感情的な「議論」は一切合切、他人に丸投げする事にするが、今回の宣言期間は7月12日~8月22日、完全に東京オリンピックの期間に被る事になり、一都三県の会場は全て、無観客で競技や、開会式・閉会式が行われる事となり…

続きを読む

№2362 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.64

 ショックです。熱海の土石流。ニュース画像を見たら、東海バスが巻き添えになっているように見えました。乗客やドライバーは、大丈夫だったのでしょうか!?  今日は我が神奈川県も朝から大雨で、平塚の川で氾濫とか聞いていたし、京急線も神奈川新町から先が夕方まで止まるなど、交通機関は皆混乱していました。行方不明の方々の安否が一番心配だが、交通機関への影響もまた、心配です(既に明日の運行の取りやめを発表し…

続きを読む

№2361 バスラマインターナショナル186(ぽると出版)

「バスラマインターナショナル186」は、先月末発売になりました。 各地の新車から  都営バスのエアロスターは新鮮。川崎市営バスのエルガ・ハイブリッドは、先日本体で画像を公開させて頂きました。  丸建つばさ交通のエルガミオは、白一色はつまらない(フロントに描かれているのは、バラ?)とは思うが、今は緊急事態でもあるし、今後新しいデザインも考えられるのだろうか。 新型コロナウィルスCO…

続きを読む

№2359 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.63

 東京都を始め、9都道府県の緊急事態宣言は終わりました。テーマパークや商業施設も、営業を再開、あるいは営業規模を拡大した所が多数。なのに、どうにも重苦しい空気が消える気配がない。東京都はまた感染者が拡大傾向にあるというし。いつになったら、心休まる日が来るのだろうか(と思いつつ、相変わらずどこかチグハグな空気も感じるのだが)。  首都圏の交通の、新型コロナウィルス感染に対する、特にダイヤ面で…

続きを読む

№2356 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.62

 西武鉄道では、ライオンズの選手らを起用したマナーポスター新シリーズの掲出が始まっています。これはその第1弾、という事になり、辻 発彦監督(右 現役時代は昭和~平成の黄金期を支えた名ショート)と、森 友哉選手(左)が起用されています。大声でオシャベリするな、というのはコロナ禍云々関係なく、元々交通の車内で守るべき事項、なのだが、マスクをつける、というのが「マナー」、とはね…。今は仕方なくても…

続きを読む

№2353 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.61

 上の画像は、市川駅前と、市川市のワクチン接種会場(国府台市民体育館)で運行されている無料送迎バスです。京成バスのリエッセⅡ(貸切車・松戸〔営〕)が起用されています。全国各地でワクチンの接種会場の拡大が進み、このような、会場と駅などを結ぶ送迎バスがあちらこちらで見られるようになりました。一刻も早いワクチンの普及が強く望まれるし、そこで、どんな形態であれ、交通事業者(乗り物)が貢献してくれる事…

続きを読む

№2352 バスマガジンvol.107 (講談社ビーシー/講談社)

「バスマガジンvol.107」、先月末発売になったが、少々遅くなりました。  表紙は、寝屋川市駅前を出発する、京阪バスのエルガ。駅は平成の間に立体化で高架駅となり、付近と合わせて、大きく姿がかわりました。 おじゃまします!バス会社潜入レポート Vol.107 京阪バス  多少意外だったが、京阪バスは今号が初めて(京都バスはやっているが)。  先に京都・滋賀のグループ会社で見る…

続きを読む

№2350 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.60

 東京都を始めとする10都道府県の緊急事態宣言は、20日までの延長期間に入りました(沖縄県はもともと20日まで)。しかし一方では、ある程度の制限が緩和され、営業を再開した商業施設などもみられます。上に挙げた、都電荒川車庫の「都電おもいで広場」は、まだ休場の延長が続くが。正直今の状況をどう考えればいいのか、戸惑う所も多々ありますが、ともかく「常識的な」(どこまでが「常識的」かは覚束ない部分もあ…

続きを読む

№2347 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.59

 東京都を始めとする9都道府県の緊急事態宣言は、6月20日まで延長される事になりました。各地に出されている「まん延防止等重点措置」も同じで、神奈川県は平塚・小田原・秦野の3市も加えられます。今月いっぱいで、もうこれっきり、となって欲しかったのに…、という思いもあるが、実は今日、熱海や湯河原のバスに乗る機会があったのだけれど(今月、神奈川県の外に出たのは初めてでした。東京都は行っていない)、案…

続きを読む

№2344 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.58

 コロナ感染禍における交通事業者の経営はどこもかしこも極めて厳しいものがあります。ここでは基本的に関東地方に絞っているが、いくつか他地域の事業者、特にバス事業者の公式Webをいくつか眺めてみると、4月になる前後あたりから、一般路線バスでも運行便数を大幅に減便する所が少なくありません。田舎より、地方都市の中心部で減便の割合が大きくなっているように見えます。いつかは東京など、関東地方にも波及して…

続きを読む

№2341 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.57

 緊急事態宣言が北海道と岡山・広島両県に拡大、まん延防止等重点措置の範囲も、さらに拡大される事になりました。毎朝ニュースを見ても、明るい話がほとんどなくなってしまった。と思ってしまうのだが、実は今日、東急の田園都市線やこどもの国線に乗る機会があったのだけれど、たまプラーザは多くの買い物客がコンコースを行き交い、こどもの国駅のホームは、帰宅の行楽客でごった返していました。ベビーカーの多かった事…

続きを読む

№2338 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.56

 現在東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に出されている緊急事態宣言は今月一杯まで延長となり、同時に愛知・福岡両県も対象となる事になりました。我が神奈川県は、緊急事態宣言の対象とはならなかったが、まん延防止等重点措置の範囲が拡大されます。感染そのものももちろん不安だけれど、なんだか精神的に、どんどん追い詰められるような感覚があります。今の所は上も下も、右も左も、どこか右往左往しているように感じら…

続きを読む

№2336 バスラマインターナショナル185(ぽると出版)

「バスラマインターナショナル185」は、先月末発売になりました。 2021 春のオムニバス ● EVM-JのF8は、車内全体の様子を写した画像と、三面図が欲しかった。ポンチョやBYDのJ6もだが、小型車でノンステップにしようとしたら、2ドア車でもホイールベース間にドアを2つとも配置しなければならなくなるのか。三菱ふそうエアロミディMEは、例外的だったのだろうか。 ● 平和交通のBYDは…

続きを読む

№2335 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.55

 東京都への3度目の緊急事態宣言の発出を受けて、首都圏のJR・私鉄の各社では、GW中の平日(一部は土日も)の列車の一部削減を行う事になり、先週発表がありました。首都圏の交通の、新型コロナウィルス感染に対する、特にダイヤ面での対応、今回は、昨日30日までのリリースで確認できた事項、特に鉄道各社の平日ダイヤの変更点を中心にまとめます。なお、6・7日に行われる減便は、4月30日にも行われました。G…

続きを読む

№2331 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.54

 東京都に、大阪府・京都府・兵庫県と共に、3度目の緊急事態宣言が発出されました(神奈川・埼玉・千葉の3県は、今日の時点では対象外)。今回は変異種の急速な拡大という、過去2回にはなかった事態を踏まえ、年始の2回目よりは強い措置が取られる事になりそうです。交通にも、最終電車の繰り上げや、週末や休日の減便が要請される事になるという事で、昨日までの時点では関東の各事業者からは、この発出を踏まえたと思…

続きを読む

№2327 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.53

 東京都に続いて、神奈川県・埼玉県・千葉県などにも「まん延防止等重点措置」が適用される事になりました。いずれも特定の市町村が対象となるが、感染者数がまた増加傾向にあり、しこかも今回は変異種が主力となっているため、これまでより危機感が高まっています。昨日あたり、「重点措置」への交通機関の対応が発表になるかと思ったが、今の所は、目立ったものはありません。しかしこのままだと、今年のGWもまた、去年…

続きを読む

№2324 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.52

 感染者が爆発的に増大し、大阪府に「まん延防止等重点措置」が適用された関西地方。近鉄は29日より、土休日運休の特急を追加すると発表しています。阪急も「京とれいん」が再度運休になってしまいました。関東地方は今の所、ダイヤに影響が出るところまでは行ってはいないし、行楽用の臨時列車の運転も予定はされているものの、東京都を中心に感染者数が再び増加に転じているため、どう転ぶか、解ったものではありません…

続きを読む

№2320 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.51

 コロナ禍の前にまず、台湾の「太魯閣」の事故、悲惨な事態になってしまいました。亡くなられた方々には、お悔やみを申し上げたいと思います。今回の事故は台湾の鉄道史上最悪、とも報道されているが、台湾では3年前にも普悠瑪の事故があったし、両事故とも5年前に実際に乗っている区間だったので、うーんと思ってしまいました。立ち席がたくさん出るほどの混雑ぶりとも聞いていて、全体的に、インフラの不備もまだあるのだろ…

続きを読む

№2319 バスマガジンvol.106 (講談社ビーシー/講談社)

 4月1日、本来なら、咲き乱れる桜や菜の花などの花々に思わず心ウキウキの春、しかも今日は「エープリルフール」。…でも、現状は、とても冗談が通じる雰囲気があるとは思えない、コロナ禍の闇の中。緊急事態宣言が終わったばかりのはずなのに、第4波の襲来が現実味を帯びてきている。大阪府が今日、感染者数が600人を超えたらしいし。軽いジョークで雰囲気が和む状況には、到底ない。もし感染拡大が抑えられなかったら、…

続きを読む

№2316 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.50

 首都圏一都三県の「緊急事態宣言」は終わったが、感染者数は再び、ジリジリ上昇しているという。加えて、宮城県や大阪府では感染者の数が急増している。しかし一方で、限定的な形だが、センバツに加えてプロ野球が開幕。スッタモンダがありながらも、とにもかくにも、五輪の聖火リレーも、スタートしました。日本を、世界を覆う閉塞感はぬぐいようがないが、世の中は、少なくとも日本は、ほんの少しでもいい方向に向かうは…

続きを読む

№2312 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.49

 地震が起きた時、たまたま私はJR根岸線に乗っていました。駅停車中にユラユラ揺れて、地震?とは思ったが、スマホでニュースのアプリを見て、宮城で震度5強と知りました。私が乗った列車はそのまま終点に着いたが、その後は当然、JR各線でダイヤが混乱する事になります。東北新幹線が止まっているようだが(来週の通常運行復帰に影響が出なければ良いが)、全体的には幸い、今回は大きな被害はなさそうです。それにしても…

続きを読む

№2308 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.48

 JRグループをはじめ、関東地方の大半の鉄道やバスは今日、一斉にダイヤ改正を実施しました(京急・京成・シーサイドラインなどは27日)。JRの〔踊り子〕新旧交代劇も話題にはなったが、今回の最大のポイントはもはや言うまでもなく、ほとんどの路線で、最終電車が繰り上がるでした。一般のニュースでも大きく取り上げられています。明るい話題が乏しい、「後ろ向き」のダイヤ改正(それも特定の1社2社ではなく、ほ…

続きを読む

№2305 バスラマインターナショナル184(ぽると出版)

「バスラマインターナショナル184」、先月末刊行になりました。  BYDのJ6が、本格的に営業運行を介したという情報が入ったが、ポンチョの最大のライバルは、これになるのだろうか。航続距離150㎞は、コミュニティバスなら十分すぎるだろう。協同は、以前はCNG車への改造を数多く手がけてきたが、EVに舵を切るという事だろうか。 沖縄のバス情報 2020→2021  沖縄は一昨年、ゆいレー…

続きを読む

№2304 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.47

 首都圏一都三県の緊急事態宣言は、2週間の延長になってしまいました。  いくら交通事業者側が抗ウィルス対策を徹底し、安全性をアピールしても、そもそも外出・移動そのものが、どこか害悪であるようなニュアンスの報道もなされる現状では(現状では仕方がないとしても)、移動のニーズなくして成り立たない公共交通には、なすすべがない。この所「交通崩壊」の危機が公然と叫ばれているようだが、それが現実のものに…

続きを読む

№2303 バスジャパン・ハンドブックシリーズV105 岩手県交通

 首都圏の1都3県の緊急事態宣言は、2週間の延長となりそうです。イヤだと言ったのに。  少なくともワクチンが広く普及し、効果がはっきり確認できるまでは、「生活を止める・制限する」事が、唯一の(緊急避難的としても)解決に至る道となります。これが震災や豪雨災害と決定的に違う所で、だから結局感染を止める事と経済活動は相容れず、感染を抑えるには人の行動も抑えるしかない。という理屈は解るけれど、それでも…

続きを読む

№2300 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.46

 関東1都3県は、引き続き緊急事態宣言が継続される事になりました。個人的にはガッカリ。無論、そうならざるを得ない事情はよく分かるが(変異種という不安材料もあるし)、どうも「外出」という行為自体が反社会的、と考えているのか?と思える節も、一部の発言からは感じられてなりません。せめて、宣言が延長になったりしない事を、祈るのみです。  首都圏の交通の、新型コロナウィルス感染に対する、特にダイヤ面…

続きを読む

№2299 年鑑バスラマ2020→2021(ぽると出版)

「年鑑バスラマ2020→2021」、先月末には刊行になりました。  去年の「2020→2021」のときの冒頭で、「国産ハイブリッド連節バス車は、前年(2019(H31~R元)年)には導入事業者は現れなかった」と書いたが、去年は横浜市営バス「BAYSIDE BLUE」を皮切りに、導入が始まりました。 巻頭言  今年は完全にコロナ禍一色となり、如何にバス業界が損害を被ったか、どうリカバ…

続きを読む

№2297 京浜急行バス 夜行バス終焉

 京浜急行バスは15日、夜行高速バス4路線、弘前線〔ノクターン〕と盛岡・宮古線〔ビーム1〕、鳥取・米子線〔キャメル〕、それに徳島線〔エディ〕の運行を、3月いっぱいを持って終了するとリリースしました。 〔ノクターン〕は共同運行相手の弘南バス、〔ビーム1〕も同じく岩手県北バスの単独運行で運行が維持されるが、〔キャメル〕は全面的に廃止になります。〔エディ〕は、この路線だけ「廃止」ではなく「休止」…

続きを読む