№2405 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.79

 衆議院解散で、深まりゆく「政治の秋」。メディアは公示前なのに早くも選挙報道一色になりつつあるよう。一方、それと反比例するかのように、新型コロナウィルス関連のニュースは、感染者数の大幅な減少もあって、急速に扱いが小さくなってきたようです。「第6波」を心配する声は小さくないが、どうかこのまま穏やかに推移して欲しい。「巣ごもり」はイヤだ。  首都圏の交通の、新型コロナウィルス感染に対する、特に…

続きを読む

№2403 バスマガジンvol.109 (講談社ビーシー/講談社)

「バスマガジンvol.109」、予定通りの刊行だったが、こちらが先週出かけていたので、取り上げるのが少々遅くなってしまいました。  表紙は、入ったばかりらしい、最新のブルーリボン。 おじゃまします!バス会社潜入レポート Vol.109 長電バス  長野は7月半ば、神奈川県独自の「緊急事態宣言」が出される前に行ってきて、時間は短かったけれど、長電バスの写真も少し撮ってきました。2…

続きを読む

№2402 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.78

 関東地方の2大交通系ICカード、JR東日本のSuicaと、私鉄・地下鉄・バスのPASMOは共同で、モバイルへの乗り換えをPRしています。「非接触」の文言があるように、昨今のコロナ禍が背景にあるのは、明らかでしょう。他のICカードでもあるようだし、MaaSの普及という政策もあって、「アフターコロナ」の交通の世界では、スマホが必携となっていくのだろうか。 (私の場合スマホはあるけれど、PAS…

続きを読む

№2400 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.77

 緊急事態宣言・まん延等防止措置が、9月いっぱいを持って、全て終わりました。月の後半になって感染者数が劇的に減少、神奈川県も今日は約半年ぶりに、1日の感染者数が100人を切りました。むろん非常に望ましい事態ではあるが、これだけ急な現象だと正直戸惑いも感じられるし、「第6波」などというリバウンドがなければ、と、かすかな不安も、感じなくもありません。複雑な心境は否めないが、ともあれこのまま人々の暮ら…

続きを読む

№2397 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.76

 今緊急事態宣言発出からもう2か月近く、この数日は相当感染者数も減ってきていて、このままいけば、今月一杯での終了も見えてきそうです(まん延等防止措置に移行する所、各都道府県の判断で引き続き規制が続く所は出てくるだろうが)。少なくとも今年中は、いろいろな規制が劇的に緩和される事はないとは思うが、先週も書いたが、せめて外出自粛はしなくても良いくらいには、状況が好転して欲しいと思います。そういえば…

続きを読む

№2394 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.75

 感染者数はなんとか減少傾向にあるようにも見えるが、今日からの3連休での感染拡大を懸念する声も、小さくはありません。それにしても、今回の国レベルでの緊急事態宣言発出から一ヶ月余り。特に経済界からは「出口戦略」の策定を求める声が上がり始めており、来月に行われるはずの総選挙の争点になる事は間違いないが、震災・豪雨などと違って、人の暮らしとダイレクトに連動するウィルス感染だけに、一歩間違えると怖い…

続きを読む

№2391 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.74

 案の定、首都圏の1都6県を含む19都道府県は、緊急事態宣言が今月一杯まで延長される事になりました。政治の世界は、右も左も一気にヒートアップしているようだが、我々にとっては正直それどころではない。「出口戦略」という話も聞こえては来るが、早く少しでも事態が良い方向に向かってもらわないと、「ゼロ」も「アフター」もない、半永久的に新型コロナウィルスの脅威にさらされ続けなければならなくなるかも知れな…

続きを読む

№2389 バスラマインターナショナル187(ぽると出版)

 東京オリンピック・パラリンピックが、ついに終わりました。コロナ禍の真っただ中であり、開催に賛否両論…否定的な意見の方が、多かったのかな…あったのは致し方なし。私自身、開催は限りなく赤に近い黄信号…鉄道風に言えば、黄色2つの「警戒信号」にあった、という感もあったので。コロナ禍以外を含めてもスッタモンダがあったし、何よりほぼ全会場が無観客開催になってしまったのは、仕方がないにしても残念。それでも、…

続きを読む

№2388 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.73

 良い方向に向かっているのか、悪い方向に向かっているのか、まるで方向感がつかめないコロナ禍の最中、一気に「政治の秋」が早まる事態になりました。右からも左からも、発せられる言葉に「心」が感じられない今の政界だけれど(これが、感染が爆発的に拡大しているのに、人出が減らない理由の一つかも知れない)、10月半ばと想定される総選挙に向けて、政治の内も外も、どう動くのか、コロナ禍に痛めつけられる交通業界…

続きを読む

№2385 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.72

 この画像は、東急のシェアオフィス「エキスル長津田」です。以前は定期券発売所だったところで、先月12日よりシェアオフィスとして再出発しています。武蔵小杉も同様にシェアオフィスに転換していて、「電車とバスの博物館」B棟も、今月からシェアオフィスとして再開しています。コロナ禍で「働き方」の変革を余儀なくされている一方、券売機の多機能化やスマホアプリ定期券の登場などで、定期券購入のための専用の「窓…

続きを読む

№2382 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.71

 画像は、JR東日本が売り込んでいる、「ワーケーション」の動画広告(京浜東北線)です。しかし、感染者の増加に歯止めがかからない今、各道府県の知事はいらだちを隠せない様子で、神奈川県の黒岩知事などは、公然と「ロックダウン」を国に迫る発言をするようになりました。しかし「ロックダウン」では、自宅から出る事にも「制限」が加えられる事になるので、「ワーケーション」さえ成り立たない事になります。そうなっ…

続きを読む

№2379 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.70

 まず、昨日・今日と東京都の1日の感染者数がついに5,000人を突破、全国でも20,000人を超え、日本の新型コロナウィルス感染禍は、これまででは最悪の事態になっています。なのに、それさえどこかに押しやってしまっている、九州・中国等の豪雨災害。江の川などの反乱も発生しているそう。どの程度の規模の被害になっているのか全貌はまだ解らないが、交通関係は、JR九州やJR西日本の各線、西鉄の天神大牟田線、…

続きを読む

№2376 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.69

 ついに公然と「ロックダウン」の是非に関して発言が行われるまでに、感染禍が急激に拡大しています。いくら交通そのものがウィルス対策を施して「安全」と胸を張っても、ロックダウンになってしまっては、ひとたまりもない。交通事業者の従業員の感染者が増えているのも心配の材料で去年暮れの大江戸線のような、運行に直接の影響が出る事態にならなければ良いのだが。何より、感染者全てが一日も早く、日常の暮らしに戻れ…

続きを読む

№2375 バスマガジンvol.108 (講談社ビーシー/講談社)

「バスマガジンvol.108」、先月27日発売でした。ただ、他はどうだかわからなかったが、神奈川県下の書店は、店頭に並ぶのが少々遅かったような気がします。  防長交通のレインボーが表紙。 おじゃまします!バス会社潜入レポート Vol.108 防長交通  防長交通はほとんど利用した記憶がない、というか、山口県自体、この数年、いや十数年訪問の機会がなくて、これではいかんとは思ってい…

続きを読む

№2374 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.68

 ここまでくると、どうなってしまうんだろう…と思ってしまう。首都圏は先月後半になって感染者数が爆発的に増加(そういえば交通も、従業員の感染者確認のリリースが、各事業者とも目立って増えた)、東京都に加えて、神奈川・埼玉・千葉の各県も明日から今月一杯、再び緊急事態宣言発出となってしまいました(東京都も延長)。東京都が100人前後、それだけで日本全国に緊迫感が漂っていた昨年春がウソのようでもある…

続きを読む

№2372 バスジャパン・ハンドブックシリーズV106 西日本JRバス 中国JRバス

 なんだこの爆発的な感染者の急増は…。事前に専門家が予測したとおりになった、わけだが、東京とは昨日今日と、一日の感染者数が3,000人を超えてしまい、神奈川県も初めて1,000人を超えました。全国の感染者数は初の10,000人超、神奈川・埼玉・千葉・大阪の4府県が8月2日~31日の間、またも緊急事態宣言を発出、東京・沖縄も8月31日まで延長される事になりました。  緊急事態宣言発出の度に議論は…

続きを読む

№2370 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.67

 いよいよオリンピックが開幕、今日から本格的に競技が始まり、日本人のメダリストも生まれているが(高藤 直寿・渡名喜 風南両選手、おめでとうございます!)、このウィルス感染禍の中、どうにも重苦しい開催になってしまいました。一方で公式グッズのオンラインショップにはアクセスが集中し、一時利用できない状況になった、とも。引き続き反対運動もあるが、大多数の一般の人々の中には、今大会とどう向き合えばよい…

続きを読む

№2368 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.66

 関東地方も、梅雨が明けました。マスクを着けたまま迎える、2度目の暑い夏、燃える夏。感染者が再び拡大、第5波も現実味を帯びて、我が神奈川県(今日は539人の感染確認)も、来週から独自の緊急事態宣言という事になりました。身も心も極めて重苦しい緊張した状況の中で、来週はいよいよ、東京オリンピックの開幕です。  首都圏の交通の、新型コロナウィルス感染に対する、特にダイヤ面での対応、今回は、昨日1…

続きを読む

№2365 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.65

 また、緊急事態宣言…。感染状況からしたら仕方ない、のだろうが、一年前の事を思い返すと、宣言って、こんなに「軽い」ものだったっけ?と思う。とりあえず、「あいつが悪い・こいつが悪い」的な感情的な「議論」は一切合切、他人に丸投げする事にするが、今回の宣言期間は7月12日~8月22日、完全に東京オリンピックの期間に被る事になり、一都三県の会場は全て、無観客で競技や、開会式・閉会式が行われる事となり…

続きを読む

№2362 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.64

 ショックです。熱海の土石流。ニュース画像を見たら、東海バスが巻き添えになっているように見えました。乗客やドライバーは、大丈夫だったのでしょうか!?  今日は我が神奈川県も朝から大雨で、平塚の川で氾濫とか聞いていたし、京急線も神奈川新町から先が夕方まで止まるなど、交通機関は皆混乱していました。行方不明の方々の安否が一番心配だが、交通機関への影響もまた、心配です(既に明日の運行の取りやめを発表し…

続きを読む

№2361 バスラマインターナショナル186(ぽると出版)

「バスラマインターナショナル186」は、先月末発売になりました。 各地の新車から  都営バスのエアロスターは新鮮。川崎市営バスのエルガ・ハイブリッドは、先日本体で画像を公開させて頂きました。  丸建つばさ交通のエルガミオは、白一色はつまらない(フロントに描かれているのは、バラ?)とは思うが、今は緊急事態でもあるし、今後新しいデザインも考えられるのだろうか。 新型コロナウィルスCO…

続きを読む

№2359 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.63

 東京都を始め、9都道府県の緊急事態宣言は終わりました。テーマパークや商業施設も、営業を再開、あるいは営業規模を拡大した所が多数。なのに、どうにも重苦しい空気が消える気配がない。東京都はまた感染者が拡大傾向にあるというし。いつになったら、心休まる日が来るのだろうか(と思いつつ、相変わらずどこかチグハグな空気も感じるのだが)。  首都圏の交通の、新型コロナウィルス感染に対する、特にダイヤ面で…

続きを読む

№2356 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.62

 西武鉄道では、ライオンズの選手らを起用したマナーポスター新シリーズの掲出が始まっています。これはその第1弾、という事になり、辻 発彦監督(右 現役時代は昭和~平成の黄金期を支えた名ショート)と、森 友哉選手(左)が起用されています。大声でオシャベリするな、というのはコロナ禍云々関係なく、元々交通の車内で守るべき事項、なのだが、マスクをつける、というのが「マナー」、とはね…。今は仕方なくても…

続きを読む

№2353 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.61

 上の画像は、市川駅前と、市川市のワクチン接種会場(国府台市民体育館)で運行されている無料送迎バスです。京成バスのリエッセⅡ(貸切車・松戸〔営〕)が起用されています。全国各地でワクチンの接種会場の拡大が進み、このような、会場と駅などを結ぶ送迎バスがあちらこちらで見られるようになりました。一刻も早いワクチンの普及が強く望まれるし、そこで、どんな形態であれ、交通事業者(乗り物)が貢献してくれる事…

続きを読む

№2352 バスマガジンvol.107 (講談社ビーシー/講談社)

「バスマガジンvol.107」、先月末発売になったが、少々遅くなりました。  表紙は、寝屋川市駅前を出発する、京阪バスのエルガ。駅は平成の間に立体化で高架駅となり、付近と合わせて、大きく姿がかわりました。 おじゃまします!バス会社潜入レポート Vol.107 京阪バス  多少意外だったが、京阪バスは今号が初めて(京都バスはやっているが)。  先に京都・滋賀のグループ会社で見る…

続きを読む

№2350 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.60

 東京都を始めとする10都道府県の緊急事態宣言は、20日までの延長期間に入りました(沖縄県はもともと20日まで)。しかし一方では、ある程度の制限が緩和され、営業を再開した商業施設などもみられます。上に挙げた、都電荒川車庫の「都電おもいで広場」は、まだ休場の延長が続くが。正直今の状況をどう考えればいいのか、戸惑う所も多々ありますが、ともかく「常識的な」(どこまでが「常識的」かは覚束ない部分もあ…

続きを読む

№2347 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.59

 東京都を始めとする9都道府県の緊急事態宣言は、6月20日まで延長される事になりました。各地に出されている「まん延防止等重点措置」も同じで、神奈川県は平塚・小田原・秦野の3市も加えられます。今月いっぱいで、もうこれっきり、となって欲しかったのに…、という思いもあるが、実は今日、熱海や湯河原のバスに乗る機会があったのだけれど(今月、神奈川県の外に出たのは初めてでした。東京都は行っていない)、案…

続きを読む

№2344 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.58

 コロナ感染禍における交通事業者の経営はどこもかしこも極めて厳しいものがあります。ここでは基本的に関東地方に絞っているが、いくつか他地域の事業者、特にバス事業者の公式Webをいくつか眺めてみると、4月になる前後あたりから、一般路線バスでも運行便数を大幅に減便する所が少なくありません。田舎より、地方都市の中心部で減便の割合が大きくなっているように見えます。いつかは東京など、関東地方にも波及して…

続きを読む

№2341 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.57

 緊急事態宣言が北海道と岡山・広島両県に拡大、まん延防止等重点措置の範囲も、さらに拡大される事になりました。毎朝ニュースを見ても、明るい話がほとんどなくなってしまった。と思ってしまうのだが、実は今日、東急の田園都市線やこどもの国線に乗る機会があったのだけれど、たまプラーザは多くの買い物客がコンコースを行き交い、こどもの国駅のホームは、帰宅の行楽客でごった返していました。ベビーカーの多かった事…

続きを読む

№2338 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.56

 現在東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に出されている緊急事態宣言は今月一杯まで延長となり、同時に愛知・福岡両県も対象となる事になりました。我が神奈川県は、緊急事態宣言の対象とはならなかったが、まん延防止等重点措置の範囲が拡大されます。感染そのものももちろん不安だけれど、なんだか精神的に、どんどん追い詰められるような感覚があります。今の所は上も下も、右も左も、どこか右往左往しているように感じら…

続きを読む