№1714 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 新京成電鉄

 前回は「私鉄名車列伝」として、新京成電鉄で最大勢力の8800系を取り上げました。早期の量産型VVVF制御車として、「隠れた名車」と言えると思います。  新京成電鉄は、1947(S22)年12月27日に薬園台~新津田沼間が開業したのが始まりです。戦後生まれの比較的若い鉄道だが、それでも今年の暮れには70周年を迎える事となります。全通は1955(S30)年4月21日でした。  今回はその新…

続きを読む

№1713 私鉄名車列伝135 新京成電鉄8800形

「私鉄の名車列伝」、今回は新京成電鉄8800形です。  デビューした1986(S61)年はVVVF制御の黎明期で、各鉄道でVVVF導入か否か模索が続いていました。一部では営業運転に就く車両もあったが、ほとんど全てが試作的な存在でした。そんな中で、都市近郊ながら一中小私鉄の新京成が、いきなり量産形式として導入し、注目されたのが8800形でした。  8800形は旧型電車の置き換えを目的と…

続きを読む

№1649 能勢電鉄 1990年2月24日

 先月の関西旅行で、かなり久しぶりに能勢電鉄に乗ったと以前書きました。  能勢電鉄に初めて乗ったのは、たぶん1990(H2)年2月14日です。この日、妙見線と日生線の全部の駅の撮影も行ないました。ちょうど27年前の能勢電鉄の駅の画像を、ここでご覧頂こうと思います。全く変わった所、案外変わっていない所、様々です。 1.妙見線 川西能勢口 かわにしのせぐち  当時は阪急共々高…

続きを読む

№1305 私鉄名車列伝 122.神戸電鉄1500形

「私鉄名車列伝」、今回は神戸電鉄1500形です。平成の世になってからの新造だが、やや地味な形式でしょうか。  1500形は、1991(H3)2月、旧型車両の代替とワンマン運転車の予備車確保のため、3両編成×2本の6両が川崎重工で製造された。  1500形は、神戸電鉄の標準形式1000系の一員に位置する。すでに3000形・2000形デビュー後ではあるが、丸妻の中央部に行先・種別表示…

続きを読む

№950 私鉄の車両シリーズ110 芝山鉄道3600形

「私鉄の車両シリーズ」、今回は芝山鉄道3600形です。  3月一杯まで、京成電鉄よりリースで移籍していました。  芝山鉄道は2002(H14)年10月27日、芝山町に対する成田空港建設の見返りとして開業した鉄道。  東成田~芝山千代田間の全長2.2㎞は日本最短。  3600形は、同社が保有する唯一の車両だった。  京成電鉄3600形は1982(S57)~1989(H元)年に…

続きを読む

№560 1988年5月5日の山陽電車

 以前№496で、1986年5月に地平時代の板宿駅で撮影した山陽電車の写真をご覧頂きましたが、今回はその2年後、1988年5月5日の山陽電車について書きたいと思います。  この時はGWを利用して山陰~山陽と巡り、関西地方を経由してJRバス「ドリーム号」で帰宅するという旅の途中でした。  姫路~新開地の間で3000系の阪急三宮行特急に乗車した時に撮影したものです。 「潮干狩」の大型ヘッド…

続きを読む

№531 私鉄の車両シリーズ97 山陽電気鉄道5000系

 一ヶ月ぶりに「私鉄の車両シリーズ」やります。  今回は兵庫県の海岸部を走るインターシティ、山陽電気鉄道の5000系です。  5000系は、それまで普通電車で運用されていた、300系などの非冷房の旧性能車を置き換えるため、3000系以来22年ぶりのモデルチェンジ車両として1986年より製作されました。  車体は3000系の一部で試用されていたアルミ製とし、制御装置はVVVF…

続きを読む

№496 山陽電鉄板宿駅での1枚

 今から25年前の1986年5月1日、山陽電鉄の板宿駅で撮影した、3000系の特急です。  丸くて大きなマークが、山陽電鉄らしい所です。  板宿駅は市営地下鉄西神線の接続駅ですが、当時は地上にあり、上り線(神戸方面行)に古めかしい平屋の駅舎がありました。  また、3000系(鋼製車)はクリームと紺色の旧カラーでした。  当時は阪神の他、阪急も須磨浦公園まで直通でした。  板宿駅…

続きを読む

№412 私鉄の車両シリーズ85 横浜高速鉄道Y500系

 フランス旅行などについて書いていたので相当間が空いてしまいましたが、久し振りに「私鉄の車両シリーズ」をやります。  今回は横浜高速鉄道・みなとみらい線のY500系です。  本当は開業7周年を迎える明日書いた方がタイムリーなのですが、明日は仕事で更新できませんので…。  まずみなとみらい線について。  横浜高速鉄道みなとみらい線は、ちょうど7年前の2004年2月1日に開業した…

続きを読む

№318 私鉄の車両シリーズ72 大阪港トランスポートシステムOTS系

「私鉄の車両シリーズ」、今回は1998年12月18日に大阪市南港の埋立地「咲州(さきしま)」地域へのアクセスとして開業した、大阪港トランスポートシステム(OTS)のOTS系です。  OTSの「テクノポート」線は、当初は大阪港~咲州(コスモスクエア)~中埠頭間の全線を新交通システムで建設し、ニュートラムと相互直通運転する予定でした。  しかし需要の見直しにより大阪港~コスモススクエア間…

続きを読む

№261 私鉄の車両シリーズ60 新京成電鉄800形

 先日少し書いたように、京急1000形がいよいよ今月一杯で引退します。  明日27日には金沢文庫→三浦海岸→京急久里浜で「ありがとう運転」と称したさよなら運転が行われるとの事です。 (28日までは営業運行の予定だとか。)  1959年から51年間走り続け…といっても1978年まで約20年にわたって製作が続けられていたので、一つの車両が50年走り続けたわけではないが…ましたが、最近は新100…

続きを読む

№230 私鉄の車両シリーズ47 泉北高速鉄道5000系

 今日JTB時刻表6月号が発売されました。  巻頭のカラーグラフ「駅旅本線」では、映画「RAILWAYS」を特集。  なんだか、鉄道や旅行業界、及び関連する出版等の業界が総力を挙げて応援、という感じです。  時刻表については後日書きます。  今日は「私鉄の車両シリーズ」、泉北高速鉄道の5000系です。  まず、泉北高速鉄道について。   南海高野線の中百舌鳥から分岐し泉北ニュータ…

続きを読む

№191 私鉄の車両シリーズ35 千葉ニュータウン鉄道(北総鉄道)9000形

 三日連続して私鉄の車両シリーズになりますが、今日は千葉ニュータウン鉄道に所属し、北総鉄道線で運用される9000形です。  千葉ニュータウンと都心を結ぶ鉄道は、北総開発鉄道(現北総鉄道)が1979年3月に北初富~小室間を開業させた後、1984年3月に当時の住宅・都市整備公団が小室~千葉ニュータウン中央間を開業させました。  運営は北総開発鉄道に委託されましたが、このとき公団自身が製作…

続きを読む

№162 私鉄の車両シリーズ21 神戸電鉄3000形 

 きのうファミレスのジョナサンに行ったら、入口にSuica・PASMOのマークの他、「TOICA」(JR東海)、「ICOCA」(JR西日本)、「Kitaca」(JR北海道)に加え、「Sugoka」(JR九州)、「はやかけん」(福岡市営)、「nimoca」(西鉄)のマークが掲げられていました。  ジョナサンは以前からSuica電子マネーを採用していて(関東地方のみ・一部店舗は除く)、相互利用して…

続きを読む

№142 私鉄の車両シリーズ10 東葉高速鉄道2000系

 今日はまず、お詫びをしなければなりません。  №137で京急2100形について取り上げましたが、その最後に、「2100形は鉄道友の会のブルーリボン賞・ローレル賞をどちらも受賞していない。」と書きました。  それ自体は間違っていないのですが、ノミネートは1998年ではなく、1999年の事でした。  本文についてはそれを踏まえ、訂正して書き直しています。  申し訳ありませんでした。  ち…

続きを読む