№2030 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.10<終>

 3ヶ月に渡った、いや渡ってしまった、ひと昔、ふた昔位前の近鉄の駅をご覧頂くシリーズも、ようやく最終回を迎える事になりました。日本最大の私鉄であるから、当然でもあるのだが。  最終回は、三重県下で本線とは線路幅が異なる独立したローカル5路線と、今はけいはんな線の一部となった、第3軌条方式の東大阪線、それにケーブルカー2路線の駅です。  三重県下(養老線の美濃松山以北は岐阜県)の5路線は全て、…

続きを読む

№2029 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.9

 5月から始めているのに飛び飛びになってしまっているが、ひと昔、ふた昔くらい前、だいたい25~30年位前の近鉄の駅をご覧頂くシリーズです。今回は関西に戻ります。南大阪線を中心とした、1067㎜軌間の各路線です。 南大阪線 あべの橋~橿原神宮前 あべの橋 あべのばし  日本一の超高層ビルが建つ事になるなど、想像もしなかった頃です。近鉄で最大の乗降客を有するのはやや意外だが、大…

続きを読む

№2020 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.8

 一ヶ月近く間が空いたが、四半世紀位前、平成が始まって数年、1990年代前半くらいの近鉄線の駅をご覧頂くシリーズです。今回は山田線・鳥羽線・志摩線です。  この3路線は、近鉄沿線一の国際的観光地である伊勢・志摩を貫く、ほぼ一体の路線というイメージがあるが、元々の生い立ちが異なります。志摩線はかつては国鉄参宮線に接続する、戦争前に開通したローカル鉄道であり(開通当時は狭軌)、一方で志摩線は、…

続きを読む

№2007 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.7

 一昨日と昨日、また弾丸旅行で大阪に行ってきました。詳しくは来月書くが、行きは名古屋から大阪まで、近鉄の各駅停車の列車を乗り継いで行って、ただいま連載中の、ひと昔、ふた昔くらいに降りて撮影した、名古屋線と大阪線の各駅の様子も見てきました。今回は実際には乗り降りせず、列車の中から見ただけの所がほとんどだったのだけれど、今回の名古屋線の後半部分は、その時の印象も交えて記したいと思います。 …

続きを読む

№2006 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.6

 ひと昔、ふた昔位前の近鉄の駅をご覧頂くシリーズ、6回目から3回は、東海地方の標準軌路線です。  名古屋線は大阪線と並んで、近鉄の巨大ネットワークを支える大幹線で、名阪ノンストップ特急や、伊勢志摩へ向かう観光特急が頻発するのは大阪線と同じ。ただし、ローカル輸送は規模が小さく、名古屋発着でも大半が2~3連で、駅もそれに合わせて、やや規模が小さくなっている所が多くなっています。ただ、近年は…

続きを読む

№2005 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.5

 ひと昔、ふた昔位前の近鉄の駅をご覧頂くシリーズ、5回目は橿原線と、支線である天理線、それに直接的には他の鉄道路線とは繋がっていない田原本線です。橿原線は、京都線とほぼ一体で運営されています。撮影後に駅施設を地下に移した駅がかなりあります。 橿原線 大和西大寺~橿原神宮前  大和西大寺は、奈良線で出しました。 尼ヶ辻 あまがつじ 西ノ京 にしのきょう  …

続きを読む

№2004 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.4

  ひと昔・ふた昔位前の近鉄の駅をご覧頂くシリーズ、4回目は京都線です。京都と奈良、日本が誇る二大古都を直結する路線だが、近年はJR奈良線や京阪奈自動車道路の影響を受けての事なのか、ダイヤの変化が急です。まだ特急・急行・普通の15分サイクル運転で落ち着いていた頃の撮影でした。 京都線 京都~大和西大寺 京都 きょうと  新幹線の高架と一体になった構造です。当時は3線でした。…

続きを読む

№2003 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.3

 ひと昔・ふた昔位前の近鉄の駅をご覧頂くシリーズ、3回目は奈良線を中心に、奈良線と一体となって運行されている難波線、支線区の生駒線です。華やかさ、という点では名古屋や伊勢志摩へ向かう特急が頻繁に走る大阪線、となろうが、近鉄一の通勤路線、となると、奈良線という事になるでしょう。 難波線 近鉄難波(当時)~上本町(当時) 近鉄難波 きんてつなんば  地下ホーム2面3線の構造は、…

続きを読む

№2002 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.2

 ひと昔、ふた昔くらい前の近鉄の駅をご覧頂くシリーズ、2回目は大阪線の東側、大和八木~伊勢中川間です。山越えで急勾配が連続するようになります。 大阪線 上本町(当時)~伊勢中川 〔後〕大和八木~伊勢中川 大和八木 やまとやぎ  橿原市の中心となる駅で、橿原線との乗換駅です。また、橿原線新ノ口駅構内からの連絡線が接続します。撮影当時は、京都~伊勢志摩間の特急が上下とも1時…

続きを読む

№2001 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 近畿日本鉄道.1

 ひと昔、ふた昔位前、もう30年位前になると言ってもいいのかな…?くらいの駅をご覧頂く不定期シリーズ、今回は日本最大の私鉄、近畿日本鉄道(近鉄)です。  近鉄は大阪・京都・奈良・三重・愛知の2府3県、いや、当時は現養老鉄道も近鉄養老線だったから、岐阜県も加えた2府6県に広大なネットワークを誇り、出自の違いもあって、「特急街道」からナロー路線まで、様々な性格の路線が、25路線ありました。…

続きを読む

№1976 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 名古屋鉄道.11

 ようやくここまで来ました。四半世紀前くらいの名鉄の駅をご覧頂くシリーズ、足かけ2ヶ月にわたって11回続いて、今回で最終回です。  最終回は美濃町線と、(当時)新岐阜駅への直通のために敷設されていた田神線です。何と言って良いのか、ともかくローカル線と路面電車をごっちゃにして2で割ったような路線、関東の完成した幹線鉄道しか知らないものには、ショッキングでもありました。 美濃町線 徹明町~美…

続きを読む

№1975 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 名古屋鉄道.10

 四半世紀位前の名鉄の駅をご覧頂くシリーズ、長丁場だがあと2回、2005(H17)年3月までに全線廃線になってしまった、岐阜県内の600V電化区間の各駅を、2回に分けてご覧頂きます。  今回は岐阜市内から東側、岐阜市内線、揖斐線、谷汲線の各駅です。このうち揖斐線と谷汲線は9年も前、2010(H22)年7月8日に書いた№272で全駅取り上げているのだが、改めて書きたいと思います。   岐…

続きを読む

№1974 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 名古屋鉄道.9

 四半世紀位前の名鉄の駅をご覧頂くシリーズ、あと3回続きます。  今回は名古屋本線西側区間のさらに西側の支線、津島線・尾西線・竹鼻線・羽島線です。 津島線 須ヶ口~津島 甚目寺 じもくじ 七宝 しっぽう 木田 きだ 青塚 あおつか 勝幡 しょばた 藤浪 ふじなみ 尾西線 弥富~玉ノ井 弥富 やとみ  この駅はJ…

続きを読む

№1973 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 名古屋鉄道.8

 四半世紀前くらいの名鉄の駅をご覧頂くシリーズ、また1回お休みしたけれど、8回目になりました。長いです。  今回は小牧線と広見線、それに廃線となった八百津線と、モンキーパーク・モノレール線です。小牧線は名古屋市内を起点としながら、市内では他鉄道路線との直接の繋がりがなかったので、利用がやや低迷していた、そんな感じだったでしょうか。しかしこの後、名古屋市営地下鉄上飯田線を介して平安通で名城線と直…

続きを読む

№1971 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 名古屋鉄道.7

 2回間が空いたが、四半世紀位前の名鉄の駅をご覧頂くシリーズ、再開します。  後半は、北部の幹線の犬山線と、各務原線から始めます。こちらも田舎的な駅が多く、特に布袋・扶桑の両駅は、歴史がかった木造駅舎が残っていました。 犬山線 枇杷島〔信〕~新鵜沼 下小田井 しもおたい 中小田井 なかおたい  高架化されたばかりの頃です。 上小田井 かみおたい  以前は…

続きを読む

№1968 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 名古屋鉄道.6

 四半世紀くらい前の名鉄の駅をご覧頂いているシリーズ、今回は太田川で常滑線から分岐する河和線と知多新線、それと築港線です。河和線は常滑線の支線的な存在ではあるが、セントレア開港までは、むしろ特急が30分間隔で走っているこちらの方が、メインになっていたような気がします。 河和線 太田川~河和 高横須賀 たかよこすか  現在は高架化しています。 南加木屋 みなみかぎや …

続きを読む

№1967 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 名古屋鉄道.5

 四半世紀くらい前の名鉄の駅をご覧頂いているシリーズ、5回目は構成上、まず瀬戸線の各駅を、その次に常滑線の各駅をご覧頂きます。  瀬戸線は、他の名鉄各線から完全に独立した路線です。1978(S53)年に栄町地下新線開通で、名古屋市内中心部への乗り入れを果たしました。  常滑線は、2004(H16)年開港の中部国際空港(セントレア)へのアクセスとしてかなり近代化されているが、当時は太田川で…

続きを読む

№1966 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 名古屋鉄道.4

 四半世紀前くらいの名鉄の駅をご覧頂くシリーズ、4回目は三河線と、豊田線です。  三河線は、吉良吉田~知立~西中金間64.8㎞と長大な路線だったが、撮影時には運転系統が碧南、知立、猿投で分割され、吉良吉田~碧南間、猿投~西中金間はレールバスに転換されていました。共に2004(H16)年3月一杯をもって廃線になっています。  豊田線は、豊田市と名古屋市内をダイレクトに結ぶ新線として開業し、赤池…

続きを読む

№1965 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 名古屋鉄道.3

 四半世紀前くらいの名鉄の駅をご覧頂くシリーズ、3回目は西尾線と蒲郡線です。  撮影した当時、西尾線と蒲郡線は一体感があったダイヤになっていて、蒲郡線も西尾線経由で名古屋本線へ直通する列車が中心となり、特急・急行も走っていました。この後、西尾と吉良吉田を境として、北と南で明暗が分かれて行く事になります。 西尾線 新安城~吉良吉田 北安城 きたあんじょう 南安城 みなみ…

続きを読む

№1964 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 名古屋鉄道.2

 四半世紀くらい前の名鉄の駅をご覧頂いているシリーズ、続いて、名古屋本線の西側区間(新名古屋~新岐阜間)と、豊川線です。  名鉄では幹線でも無人駅が少なくないが、磁気SFカード「トランパス」(今は終了)導入時、フェアライドシステムも合わせて導入し、各駅に改札機を設置したため、駅員はいないものの、似たようなスタイルの駅舎が新設された駅(遠隔操作)がほとんどです。しかし撮影当時は、本当にホーム…

続きを読む

№1963 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 名古屋鉄道.1

 四半世紀位前の私鉄の駅をご覧頂く不定期シリーズ、今回は名古屋鉄道(名鉄)の駅をご覧頂こうと思います。  当時の名鉄は近鉄に次ぐ大手私鉄2位の路線網があり、名古屋を中心として、濃尾平野に津々浦々路線を伸ばしていました(これでも昭和30~40年代くらいには、大多数の路線の整理が行われていたようだが)。多数の中小私鉄の合併によって生まれた会社なので、本線級であっても、ローカル色が濃い駅が少なく…

続きを読む

№1956 リニューアルオープン 湘南江の島駅

 湘南モノレールの湘南江の島駅が、昨年12月、リニューアルが完成しました。  湘南モノレール線の終点の湘南江の島駅は5階建てのビルになっていて、ホームは5Fにあります。当初は江の島方面への延伸も考慮していたためこの高さになりました。  一昨年から耐震補強とバリアフリーの対応のための工事に入っていたが、テナントのフロアを除いて、工事が完成したものです。  新しい湘南江の島駅を、ここでご覧頂き…

続きを読む

№1927 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 東京急行電鉄.4

 ひと昔、ふた昔前の東急の駅をご覧頂いてきたが、最終回は旧目蒲線と池上線です。  当時の東急は、東横線・田園都市線を中心とした輸送力増強策が進められようとしていた時期で、運行形態も、今とは異なる所がありました。目蒲線はその最もたるもので、2000(H12)年には多摩川園(→多摩川)を境に分断され、目黒側は目黒線と称し、複々線となった東横線へ直通、蒲田側は東急多摩川線と称して、独立して折…

続きを読む

№1926 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 東京急行電鉄.3

 ひと昔、ふた昔くらい前の東急の駅、今回は大井町線とこどもの国線、そして世田谷線の各駅をご覧頂きます。  大井町線は、混雑が激化しつつあった田園都市線のバイパスの役割を期待されて、撮影の後、各地で大規模な改良工事に着手する事になります。その直前、という時期だったでしょうかね? 大井町線 大井町~二子玉川園 大井町 おおいまち  この後、駅舎が増改築されます。この駅舎、今見ると…

続きを読む

№1925 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 東京急行電鉄.2

 ひと昔、ふた昔位前の東急の駅をご覧頂く短期シリーズ、2回目は田園都市線です。  といっても撮影の時点では、渋谷~二子玉川園(現二子玉川)間の地下線区間は、新玉川線と呼称していました。 新玉川線 渋谷~二子玉川園  地下路線なので駅の写真と言っても地上の入口だけ、少々つまらなく感じられるのはご了承ください。 渋谷 しぶや  東横線駅の地下移転までは、東横線とは別々の駅でした…

続きを読む

№1924 ひと昔・ふた昔前 私鉄の駅 東京急行電鉄.1

 ひと昔、ふた昔前の私鉄の駅をご覧頂く不定期シリーズ、今回は東京を走る大手私鉄では最後となる、東急の駅をご覧頂きます。  第1回は東横線です。東横線もこの四半世紀位で大きく変わり、何より渋谷のターミナルがまるまる地下に移転して地下鉄と直結した事、横浜~桜木町間が廃止になり、みなとみらい線への直通が始まった事が劇的でした。中間も複々線化(目黒線受け入れ)で変化が起きています。  今回の撮影…

続きを読む

№1918 京王線 南平駅

 京王線の近年の駅舎改良駅をご覧頂いているが、今回は南平駅です。  2011(H23)年に橋上駅舎に改築、前回の百草園などと同じ、2014(H26)年5月の撮影になります。  2014(H26)年度の1日平均乗降人員は10,794人、2017(H29)年度は10,739人、10,000人をやや超えるレベルで横ばい、という所でしょうか。区間快速停車駅(といっても、府中から先は各駅停車に…

続きを読む

№1917 京王線 百草園駅

 今月後半は、近年の京王線の改良駅をご覧頂いています。  今回は百草園駅です。2014(H26)年の撮影で、記録を見ると、つつじヶ丘・多磨霊園・武蔵野台と同じ日だったようです。  百草園は、聖蹟桜ヶ丘と高幡不動、両特急停車駅に挟まれた、京王線としては比較的小駅です。2014(H26)年度の乗降人員は1日あたり7,524人。2017(H29)年度は7,823人と微増だが、京王線本線に限…

続きを読む

№1916 京王線 多磨霊園駅

 普悠瑪の脱線転覆事故はショックでした。動画があまりにも生々しすぎるし。普悠瑪は一昨年乗っているが、台北からのメインの区間は指定券を確保出来ず、末端の花蓮→台東間のみになっていて、今回事故が起きた区間は乗車していません。だから、本来の性能を発揮するとどんな走りっぷりになるのかは体験していない。いつかは、と思っていたのだが。せっかくの台湾鉄路のスーパースターが、残念でなりません。一刻も早い原因の究…

続きを読む

№1915 京王線 桜上水駅

 今月頭、四半世紀位前の京王電鉄各駅の写真をご覧頂きました。  その中のいくつかはこの後駅舎が改築され、その内の一部は公開した所もあるが、今回から数回は、その他まだ公開していない駅をご覧頂こうと思います。  まず、京王(本)線の桜上水駅です。2008(H20)年橋上駅舎、だから既に10年前なので、何をいまさら、ですが。2014(H26)年の撮影です。  乗降人員は、2014(H26…

続きを読む