№1936 青空の南九州 5.鹿児島市内から空港へ Saab撮るぞ

 今回の旅の目的のもう一つは、JACのSaab340Bを撮影する事でした。新鶴丸カラーになって久しいし、搭乗はしているものの、以前の「Arc of the Sun」色は撮っているものの、現行色の撮影はまだ。ATR導入でリタイアが進んでいるし、羽田では撮影できない機体なので、なんとか機会を作って撮りに行かなければならない、と思っていたのでした。 11月 7日(水)  今日の鹿児島…

続きを読む

№1729 私鉄名車列伝136 函館市企業局交通部39号「箱館ハイカラ號」

「私鉄名車列伝」、今回は函館市企業局交通部(函館市電)の30形39号車、「箱館ハイカラ號」です。  この電車、今年5月の東北・北海道旅行で函館に降り立った時、短区間ながら乗りました。その前にも乗った事があります。毎年春~秋の観光シーズンの風物詩として定着しました。  元は千葉県の成田山新勝寺(山門前)~宗吾間に1910(M19)年に開業した成宗電気軌道の、開業当時の15両の1両(…

続きを読む

№1329 私鉄名車列伝 123.とさでん交通2000形

 土佐電気鉄道は昨年秋、高知県交通と合併し、とさでん交通として再スタートを切りました。公主導による県単位の公共交通再編成が、どうか成果を上げる事を期待します。  今回の「私鉄名車列伝」は、そのとさでん交通の2000形です。  2000形は、土佐電気鉄道時代の2000(H12)年6月、200形の車体更新車としてデビューした。1000形以来、19年振りの新型車両である。形式名称は、デビュ…

続きを読む

№1065 リニューアル 市電保存館

 3年前の№238で、横浜市の市電保存館「トラムポート」について書きました。  その市電保存館が7月20日、開館40周年を機にリニューアルしました。  沖縄に行く前だったので時期が前後してしまうが、10月23日(水)に再度訪問しましたので、ここで御覧頂きたいと思います。  入口でまず目に付くのは、マイカーの駐車場が拡張整備されている事。  24台分あるそうだが、私たちとしては…

続きを読む

№974 1994年 加越能鉄道万葉線の駅

 昨日の「私鉄の車両シリーズ」では、富山県の万葉線を走るMLRV1000形を取り上げました。  万葉線は2002(H14)年4月、廃線を表明していた加越能鉄道(現加越能バス)から路線を引き継ぎ、今現在に至るまで近代化を推し進めています。  この万葉線には、19年前の1994(H6)の加越能鉄道時代に初めて訪れ、全駅(停留所)の写真を撮影しました。  今回は、当時の万葉線の駅を全て御覧頂…

続きを読む

№973 私鉄の車両シリーズ111 万葉線MLRV1000形

「私鉄の車両シリーズ」、今回は富山県の万葉線、MLRV1000形です。 「富山ライトレール」「セントラム」へと続く、富山のLRTの先駆けとなりました。  万葉線は高岡駅前~越ノ潟間12.8㎞を結ぶ軽鉄道で、軌道の高岡軌道線と鉄道の新湊港線に区別されるが、一体で運行されている。  以前は加越能鉄道(現加越能バス)が運営していたが、経営難により廃止を表明。  富山県と高岡市・新湊市(…

続きを読む

№851 やっぱり乗り物中心主義・香港旅行 6.香港名物トラムに乗る

 一昨日(11月5日)、昨日(11月6日)は共に郊外の乗り物に乗ったり、撮ったりしました。  今日は事実上香港最終日、午前中は香港名物・2階建てトラムです。 11月 7日(水)  香港のトラムはたぶん全車両が広告ラッピング車ですが、上のトラムはエバー航空の「ハローキティ・ジェット」。  他にもう一台、ピンク系の車両も見かけました。 「ハローキティ・ジェット」は日本路線がメイ…

続きを読む

№782 成宗電車「電車道」の跡

 千葉県の成田市には、遠い昔路面電車がありました。 「成宗電気軌道」(成宗電車)と言うこの路面電車は、1910(M43)年に成田山門前~成田駅前間、翌年に成田駅前~宗吾間が開業しました。  以降34年に渡って主に参詣に訪れる人々の足となっていましたが、戦時体制が強化される中、1944(S19)年に全区間廃線となりました。  会社そのものはその後バス専業の千葉交通となり、2008(H20…

続きを読む

№780 都電フォルムカードセット

 渋谷の郵便局で見つけた「都電フォルムカードセット」をご紹介します。  大き目のフォルムカード(絵ハガキ)5枚+ミニカード、それと全盛期(1962(S37)年10月)の復刻路線図がセットになって1,000円。  フォルムカードには、簡単な説明書きが記されています。 - 1957(昭和32)年頃の都電 - 銀座四丁目は、7つの系統が交差する都電の花道だった。 銀座から都電が姿…

続きを読む

№693 「さよなら苫小牧市営バス」と函館の旅 4.函館バス撮りまくり&市電

 3月27日(火)  前日の天気予報は微妙だったのだけれど、朝起きて外見たら、朝日が昇るのが見えた。  ただ朝方はまた時々雲が太陽を遮り、駅前に影を作って撮りにくい。  最も8時位まではビルの影が広場を遮って元々撮りづらいのであるが。  このため、北海道バスの高速バス<ニュースター>は、残念ながら撮れませんでした。  札幌行2便を見たが、どちらも貸切車を格下げして運…

続きを読む

№556 私鉄の車両シリーズ98 岡山電気軌道7000(他)形

「私鉄の車両シリーズ」、今回は岡山電気軌道(岡電)の7000形と、それ以降の7000形に準じた車体を持つ各形式について取り上げます。  岡電は岡山市内に2系統の路面電車を運営する小規模な事業者です。  2路線で全長4.7㎞は日本最小。  長らく単車や、他都市からの中古車両を使用してきましたが、会社創立70周年の1980年、車体更新による新形式車両がデビューする事になりました。  大半…

続きを読む

№523 路面電車パーフェクトガイド(ネコ・パブリッシング)

 明日の甲子園の高校野球の決勝戦が、光星学院(青森)VS日大三(西東京)と決まりました。  光星学院には、東北勢初の優勝がかかります。  それにしても決勝が朝9時30分プレーボールとは…。  節電対策という事で、今年の大会は第1試合が8時となり、一昨日・昨日の準々決勝も今日の準決勝も、早いうちに終わるように時刻が設定されていました。  開幕直後のプロ野球のようにナイトゲームをデーゲームに…

続きを読む

№521 都営交通100周年 都電写真集(東京都交通局)

   都営交通100周年を記念して「東京の交通100年博」が開催中であることは№519で書きましたが、関連して都電、そして東京都交通局の100年の歩みを記した写真集が交通局から同時に発売になっています。  まず、「都電写真集」から取り上げます。  20年前の80周年の時には「わが街 わが都電」というのが発行されていて、豪華装丁版ゆえデータも豊富で読み応えもあったがかなり重かった(そして…

続きを読む

№514 鉄道ピクトリアル2011年8月臨時増刊号 【特集】路面電車(鉄道図書刊行会)

 昨日は西武池袋線、そして今日は京王相模原線で大規模な輸送障害があり、相当長時間電車が止まってしまって、かなりの影響が出たようです。  西武に関しては落雷が原因という事で、そういえば数年前には東急田園都市線でも落雷の被害があって、当日のみならずかなり長期間、ダイヤに影響を与えた事があったと思います。  この数年、特に関東地方は夏になると必ずゲリラ豪雨が発生し、雷による被害も少なくないですから…

続きを読む

№486 都電の100年(イカロス出版)

 今の東京都交通局は、1911年に私鉄として開業した路面電車を買収して東京市電となった事でスタートしてから、今年でちょうど100年となりました。  市電→都電の歴史がそのまま交通局の歴史という事になります。  これを記念して発刊されたのがこのMOOK本になります。  まず表裏両面の表紙の見返しが、表が東京タワー+700形、裏がスカイツリー+8800形という対比が憎い。  5500…

続きを読む

№415 私鉄の車両シリーズ86 札幌市交通局8500・8510・8520形

 東京モノレールが、変電所の火災の影響で2時間に渡って全線で不通となり、ダイヤの混乱は今日一杯続くという事です。  国際線ターミナル開業もあり、羽田空港へのアクセス機能が強化されつつある東京モノレールともなると、影響もさらに甚大になってしまいます。  もちろん空港アクセスに限った事ではないですが、特に空港へ向かう路線となると、より安定した運行が望まれる所です。  その先が大変な事になる訳で…

続きを読む

№320 私鉄の車両シリーズ73 長崎電気軌道2000形

 関東地方は猛暑が一段落したと思ったら、記録的な大雨になってしまいました。  台風9号は福井県に上陸した後、午後に熱帯低気圧になったようですが、新幹線や東名高速にも影響が出たようです。  日比谷線の駅では雨水が大量に漏れた所もあったそうです。  特にローカル鉄道が打撃を受けていなければ良いが。  何しろ今現在も、大雨の影響で不通になったままの路線が少なくないのだし…。  さて「私鉄…

続きを読む

№262 私鉄の車両シリーズ61 富山地方鉄道デ7000形

 今回の「私鉄の車両シリーズ」は、この所路面電車に関してアクティブな動きが目立つ富山において、50年以上に渡って市内を走り続けている、富山地方鉄道のデ7000形です。  デ7000形は、富山軌道線初の大型ボギー車として1957年~1965年の間に23両が製作され、2軸の旧型車両を置き換えて輸送力の増強が図られ、主力車両となりました。  車体は前年デビューの東京都電8000形をモデ…

続きを読む

№241 「2010路面電車の日 記念イベント」in荒川車庫

 今日は都電の荒川車庫で「2010路面電車の日 記念イベント」が開催されました。  今年の目玉はなんと言っても、阪堺電軌色の7500形。  快晴という事もあってか、例年以上に人出が凄かったような気がします。  後半にはサプライズな企画もありました。  今日は、早目にフィルムの現像が出来上がりましたので、早速レポートしてみたいと思います。  イベント会場の都電荒川車庫。  …

続きを読む

№238 横浜市電保存館「トラムポート」

 先日の№220で、横浜市電保存館「トラムポート」が人気だという神奈川新聞の記事を紹介させていただきました。  市電保存館は過去にも行っていますけれど、当ブログの記事にもした事ですし、新しい展示物もいくつが増えたらしいという事も聞いていますので、先週5月29日(土)に再訪してみました。  これが市電保存館の入口になります。  市電保存館は市電全線廃止の翌年の1973年に開館、その後…

続きを読む

№232 私鉄の車両シリーズ48 広島電鉄3900形

「私鉄の車両シリーズ」、今日は路面電車です。  現在の日本の路面電車では最大のネットワークを誇こる広島電鉄において、鉄道線の宮島線への直通も行う3連接車両・3900形を取り上げます。  3900形は、直通列車の輸送力増強のため、3800形のマイナーチェンジ車両として製作されました。  鉄道線車両を全車置き換えた上で、なおも増備が続けられました。  3800形に引き続き「ぐりーんら…

続きを読む

№193 私鉄の車両シリーズ36 東京都交通局7000形

 今日の関東地方はムチャクチャな天気でしたね。  箱根はおろか練馬でも積雪があったそうだし、羽田空港ではみぞれのため旅客機の出発にも影響が出たようです。  なんだか今週一週間の気温は、ジェットコースターのようでした。  さて、今日の私鉄の車両シリーズは、都電荒川線で今でも主役を張る、7000形について書きます。  車体更新車なのですが、そのデザインは後の日本の路面電車にも影響を与えま…

続きを読む

№166 私鉄の車両シリーズ22 伊予鉄道2000形

 今日の関東地方は、日曜日としては久し振りに晴れ。  それで、何回か名前を出している、JALの「ドラえもんジェット」を撮るつもりで、羽田空港に行ってきたのですが、「ドラえもんジェット」自体は格納庫の前に駐機していたのが見えたものの、全く動く気配なし。  残念ながら今日はあきらめて、昼以降は別の場所でバスの撮影をしてきました。  JALに関しては、やはり経営再建問題の影響か、特に国内線では大…

続きを読む

№144 私鉄の車両シリーズ11 函館市交通局8000形

「私鉄の車両シリーズ」、今回は路面電車で、函館市電8000形です。  函館市や前々回の東京都は公営なので、本当は「私鉄」ではないのですが、公営交通もまとめて扱う事にします。  何度か参考文献としている「私鉄の車両」シリーズ(保育社・現在はネコ・パブリッシングによって復刻)も、第16号は「大阪市交通局」ですから…。  函館市交通局(函館市電)8000形は、800形の車体更新車として、…

続きを読む