№1470 クローズアップ現代「検証 スキーバス事故 ~奪われた若い命~」

 2003(H15)年デンマーク旅行の「クロニクル」は、1回お休みします。  15日未明に軽井沢で発生したスキーツアーバス転落事故は、乗客・乗務員15人が死亡する、この30年では最悪のバスの惨事になってしまいました。  昨日のNHK「クローズアップ現代」で、この事故について取り上げていたので、放送の内容を簡略化(一部趣旨を損なわない程度に改変)して記し、私なりの感想を加えてみたいと思います。…

続きを読む

№1422 マレーシア機撃墜 最終報告書発表

 去年7月17日、マレーシア航空17便がウクライナ東部上空で墜落した事故で、オランダ政府の調査委員会は16日、最終報告書を提出しました。  オランダの空軍基地で記者会見を行う異例の対応で、報告書は復元されたマレーシア機の残骸を背景に発表されました。  コクピットの左上方でミサイルが炸裂、その衝撃で旅客機は大破・墜落、そのミサイルはロシア製の地対空ミサイル「ブーク」であるが、具体的にどこか…

続きを読む

№1241 航空インシデント調査報告 一挙公表

 昨日、2011(H23)~2013(H25)年にかけて発生した、ANA関連の重大インシデント3件の最終報告書が、運輸安全委員会(JTSB)から一挙に公表されました。  3件の中でも最大の関心事は、昨年1月に発生した、高松のB787-8緊急着陸になるかと思います。  昨年1月16日、山口宇部から羽田に向けて飛行していたANA便が火災の疑いで高松に緊急着陸、乗客乗員が誘導路上で脱出した…

続きを読む

№1227 クローズアップ現代「突然、バスが暴走 ~見過ごされる運転手のリスク~」

 前回のラストで少し書いたが、この4年の間に、ドライバーの体調不良によるとされるバスの事故が激増、死傷者が196人に上るとした、NHKの調査報告がありました。  それを踏まえて昨日、「クローズアップ現代」でこの問題について取り上げていたので、ここに記します。  まず、昨日の放送の内容を簡略化して記します。ドライブレコーダーに記録されていた事故の模様から始まります。ドライバーが突然意識を失…

続きを読む

№1207 マレーシア機 「新冷戦」の生贄なのか

 アムステルダムからクアラルンプールに向かっていたマレーシア航空のB777-200が、ウクライナ東部で墜落し、乗客乗員300人近く全員が犠牲になった事は、全世界に衝撃を与えています。  墜落そのものもさる事ながら、場所が場所な上に、原因が撃墜ではないかとされる事で、ウクライナ政府と、東部を支配する「親ロシア派」とされる武装勢力が、原因の究明を差し置いて早くも非難の応酬を始めています。 …

続きを読む

№1199 山陽電車踏切事故 事故調査報告書公表

 少し前の話になってしまうが、昨年発生した山陽電鉄の踏切事故についての事故調査報告書が、先月27日に運輸安全委員会から公表されています。  昨年2月12日、直通特急として姫路から阪神の梅田に向かっていた山陽電車が、荒井駅手前の踏切で立ち往生していた、乗用車運搬用のトラックに衝突し、前2両が脱線して架線柱や荒井駅のホームに次々に激突、列車は運転士が重傷、乗客15人が軽傷を負ったというものです…

続きを読む

№946 クローズアップ現代「“安全”は取り戻せたのか ~B787 運航再開~」

 今日は更新が少々遅くなってしまいました。  6月1日、ようやく日本でB787-8が営業運航を再開する運びとなりました。  これを受けて、昨日のNHK「クローズアップ現代」で、B787の運航再開に向けての動きや、新型機開発やその安全性の検証の問題点について取り上げられていたので取り上げます。  時間も圧しているので、放送の内容を簡略化し、要旨を記した上で、簡単ながら感想を書いてみます。…

続きを読む

№935 B787 運航再開承認

 国土交通省は今晩、B787の運航再開を承認しました。  昨晩、アメリカFAAが運航再開を承認した事を受けてのものです。  これに関連して、ANAがB787のバッテリーの改修やその後の各種対応についてのリリースを出しました。  羽田・成田等各地に駐機しているB787のバッテリーを順次改修、テストフライトをおこなった後運航乗務員の慣熟フライトを経て、営業運行再開にこぎつけると言う流れにな…

続きを読む

№874 B787-8 全機運航中止

 スイス旅行の「クロニクル」、また1回お休みします。  仕事から帰ってきた夕方に初めて知ったのだけれど、「ついにここまで?」と思ってしまいました。  山口宇部から羽田に向かっていたANAのB787-8が「発煙」で高松空港に緊急着陸、乗客が脱出シュートで機外に脱出したと言うものです。  まずは、コクピット・クルーの適切な判断・操縦で無事に着陸、乗客・乗員全員が無事だった事を喜びたいと…

続きを読む

№752 AF447便墜落事故 最終報告書公表

 以前№735で、2009(H21)年6月1日に発生した、エールフランス(AF)447便の墜落事故について、米ABC放送の報道番組から引用して取り上げましたが、昨日、事故を調査していたBEA(フランス航空事故調査局)から最終報告書が公表されました。  再びABCが取り上げていて、今回は録画もしましたから、前回とほぼ内容が被るのですが、その内容を簡潔に記してみます。 ***********…

続きを読む

№735 エールフランス航空447便墜落事故

 秋田旅行の連載は1回お休み、今回は別の事を書きます。  ちょうど4年前の2009(H21年)6月1日、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロからパリに向かっていたエールフランス航空(AF)447便、A330-200型が大西洋上空を飛行中に墜落、乗客・乗員228名全員が犠牲となった(とされた)事故が発生しました。  この事故についてはまだ最終報告書が出されていないのですが、アメリカのABCが報道…

続きを読む

№715 クローズアップ現代「検証 高速ツアーバス事故」

 先月29日の関越自動車道における高速ツアーバス事故にについて、昨日・5月7日放送のNHK総合「クローズアップ現代」で取り上げられました。  多少急に決まった企画だったようで、翌日(今日)放送予定だった海洋発電(ちなみにこれも、先日のつくばの竜巻に変わったようだ)と違い、はっきりした内容が放送当日まで公表されていませんでした。    最初に、放送された内容を簡略化した上で、その要旨を記して…

続きを読む

№710 「ツアーバス」事故から

 ご存知の通り、先月29日の早朝、金沢から東京に向かっていた「ツアーバス」が群馬県内で大事故を起こし、7人死亡、その他の乗客・乗務員が重軽傷という惨事になっていました。  報道を見る限り、直接的な原因はドライバーの居眠り運転らしいですが、背景には無理な運行計画があるのは間違いなく、警察の捜索も入ったようですし、特に勤務状況の検証が待たれます。  1晩だけの夜行運転で大事故に結びつく居眠り運転…

続きを読む

№708 誰が大惨事を「風化」させるのか

 昨日の最後に少し書いた事で繰り返しになる部分もあるのですけれど、改めて記したい事があります。  18年前の1994(H6)年4月26日、台北から名古屋(セントレア開港前で、今の県営名古屋飛行場の事)に向かっていたチャイナ・エアライン(中華航空)のA300-600Rが着陸に失敗、滑走路付近に墜落し、264名もの犠牲者を出すという大惨事が発生しました。  あの日私は夜行高速バス<シリウス…

続きを読む

№703 バードストライク デルタ航空機

 日本ではほとんど報じられていないようですが、アメリカの19日午後、ニューヨーク発ロサンゼルス行のデルタ航空1063便が右エンジンを破損し、JFK国際空港に緊急着陸したという事件がありました。  右エンジンに鳥がぶつかった、つまり「バードストライク」という事で、着陸後の映像を見ましたけれど、エンジンのファンの部分が相当破損しているようでした。 「ニューヨーク」「バードストライク」というと…

続きを読む

№630 「コスタ・コンコルディア」座礁事故

 イタリアの大型客船「コスタ・コンコルディア」の座礁・転覆事故から1週間が経とうとしています。  犠牲者が11人、まだ行方不明者が20人程度いるようですが、横倒しになった船が徐々に深みにはまりつつあり、救助活動は相当な困難に直面しているようです。  遠いよその国のメディアに触れて見るだけなので、本当の所はまだわからない部分も多いのですが、とりあえず直感的に感じた事をいくつか記してみます。 …

続きを読む

№621 福知山線事故 一審判決

 今日から年末年始の旅行について書く予定でしたが、1回飛ばします。  2005年4月26日に発生した福知山線脱線事故で、業務上過失致死の罪に問われていたJR西日本の前社長に対し、一審で無罪の判決が出ました。  これで確定になるとは思えず、高裁、場合によっては最高裁まで裁判がもつれる事になるのでしょう。  私は関係者でも被害者や遺族でもないし、デリケートな問題なので第三者が突っ込んでは言…

続きを読む

№548 9月6日 ANA140便アクシデント 中間報告

 B787日本到着の喜びも一転、大変危機的な事態に陥っていた事が判明しました。  今月6日、沖縄から羽田に向かっていたANA(ANKに委託)のB737-700が、浜松沖で急降下を起こしてCA2名が負傷、一部の乗客が体調不良を訴えていたアクシデントがありました。  運輸安全委員会の調査の中間報告では、なんと降下中に機体がほぼ裏返しの「背面飛行」になり、失速に近い状況に陥っていたというのです…

続きを読む

№507 中国高速鉄道の大事故と日本の論調

 3日間お休みを致しました。  この間は勤務に加え、関西の方に出かけていまして、昨日帰ってきたのですが遅くなったので更新はお休みとさせて頂きました。  今回の旅行についても来月取り上げる予定です。  それにしても関西もいよいよ節電モードに入っていて、まだ首都圏ほどではないにしろ、ホテルの廊下なんて暑かった…。  さて、この3日の間で一番大変な出来事は、なんといっても中国で発生した高速…

続きを読む

№277 「日航ジャンボ機墜落事故」と「大韓航空機爆破事件」

 今日は、1980年代後半の旅客機の大惨事に関するいくつかのトピックスがありました。  1985年8月12日に発生した「日航ジャンボ機墜落事故」は、事故そのものは知っているという方が大半でしょう。  東京から大阪に向かっていたJALのB747SR(JA8119)が相模湾上空で致命的な機体の破損を発生させ、長時間に渡って甲信越上空を迷走した挙句、群馬県の「御巣鷹の尾根」に墜落してしまったと…

続きを読む