№1787 闘将 逝く

 衝撃、という他はない。  中日ドラゴンズのエースとして活躍、また中日・阪神タイガース・東北楽天ゴールデンイーグルスで監督を務め、3チームで4度のリーグ優勝、楽天ではついにチームを日本一に導いた星野仙一氏が、4日に亡くなられたと、今日早朝、ニュースで明らかになりました。  この時点では具体的な事が解らないまま仕事に向かったのだが、帰ってきてから各種報道で確認した所、一昨年膵臓がんが判明、…

続きを読む

№1550 「スルッとKANSAI」 いよいよ終了

 公私ともにややオーバーワーク気味になっているため、今月と来月は3日おき更新とさせて頂いています。9月よりまた隔日更新に戻す予定です。  関西圏の私鉄・地下鉄・バスの磁気カード共通乗車システム「スルッとKANSAI」の終了が1日、発表になりました。  来年(2017(H29)年)3月いっぱいで全ての発売を終了、再来年(2018(H30)年)1月いっぱいで使用も終了するという事です。 …

続きを読む

№1403 都営バス 「コミケ」バス共通カード

 東京・神奈川・千葉・埼玉を中心に、首都圏の主なバス事業者で導入されていたバス共通カード」は、先月末を持って払い戻し期間が満了、運用が完全に終了しました。  首都圏では、私鉄・地下鉄で利用できた「パスネット」も今年3月一杯で券売機や精算機での利用が終了、残りは払い戻しの取り扱いのみだが、それも2018(H30)年1月一杯で終了します。JR東日本のオレンジカード・イオカードはJR駅での自動券売機…

続きを読む

№978 西武SFレオカード「星座シリーズ」

「SFレオカード」は、西武鉄道がかつて発売していた、首都圏の私鉄の共通磁気カード「パスネット」です。  どの私鉄もそうだったが、西武でもいくつか企画物のカードを発売していました。  今回は、2001(H13)~2002(H14)に発売された、「星座シリーズ」を御覧頂きます。 牡羊座 Aries 3/21~4/19 生まれ 牡牛座 Taurus 4/20~5/20 生まれ …

続きを読む

№948 Kカードで見る 「黄+赤」京阪特急の変遷

 旧京阪3000系の8081Fが引退したのが今年の3月。  後継の8000系は中之島線開業に合わせた新CI導入に伴う「エレガント・サルーン」色への移行が完了していて、伝統の「上半分黄色」+「下半分赤」の旧特急ツートンカラーは、京阪本線からは消滅した事になります。  2000(H12)年、京阪特急50周年を記念した「スルッとKANSAI Kカード」が発売され、歴代の特急車両が顔を揃えま…

続きを読む

№889 Yカード・佐伯貴弘

 元横浜ベイスターズ・中日ドラゴンズの佐伯貴弘選手が、先月一杯を持っての引退を表明しました。  佐伯選手は1993(H5)年に横浜に入団して主力として活躍、1998(H10)年の日本一にも貢献しました。  2011(H23)年に中日に移籍しましたが、1年で戦力外通告、昨年1年間は浪人生活でした。  佐伯選手、20年間お疲れ様でした。  横浜市交通局が発売した、佐伯選手の「Yカード…

続きを読む

№855 交通系ICカード 全国相互利用開始

 交通系ICカードの全国相互利用が、本日関係各社からリリースになりました。  JRグループなどのダイヤ改正と同時にリリースかと思ったのですが、こちらが先になりました。  開始が3月23日(土)で、予想(東急東横線・東京メトロ副都心線の相互乗り入れが始まる3月16日(土))より1週間遅くなりました。  全国相互利用は次の10カード。 1.Kitaca (札幌近郊のJR北海道線) …

続きを読む

№846 交通業界 磁気カードの終焉

 香港旅行記を始めたばかりですが、1回お休みします。  昨日の話になってしまいますが、JRグループは来年3月一杯を持って、磁気式プリペイドカード「オレンジカード」の発売を終了するとリリースしました。  オレンジカードはJR各駅の券売機に投入する事で乗車券に引き換えられるカードで、国鉄時代の1985(S60)年に発売が始まりました。  その後、大手を中心とした私鉄や地下鉄でも独自のカード…

続きを読む

№797 ありがとう 金本知憲選手

 北海道旅行記は1回お休みします。  昨日の事なのでややタイミングが悪くなってしまいましたが、阪神タイガースの金本知憲選手が、今シーズン限りの引退を表明しました。  金本選手は1992(H4)年に広島東洋カープに入団、2003(H15)年にFAでタイガースに移籍しました。  以降打線の主力として大活躍し、2003(H15)年の18年ぶりのリーグ優勝に大いに貢献しました。  何より1999…

続きを読む

№793 小田急ロマンスカード「小田急車両シリーズ」

「ロマンスカード」は、かつて小田急電鉄が販売していた、磁気式プリペイドカードです。 「パスネット」以前の、小田急線内の自動券売機で乗車券と引き換えるタイプの、国鉄・JRの「オレンジカード」と同じ、第一世代と言ってよいカードでした。  以前、№654で「花の寺 四季めぐり」を御覧頂きました。  今回は1998(H10)~1999(H11)年にかけて発行された、「小田急車両シリーズ」を御覧頂き…

続きを読む

№786 東横特急 運行開始10周年 記念入場券

 先週の№783及び№784で、渋谷駅の時刻表から東急東横線のダイヤの変遷を簡単に振り返って見ました。  この四半世紀では、何といっても2001(H13)年3月28日の特急運転開始が、東横線最大のトピックスの一つだったと思います。  この東横線の特急が昨年(2011(H23)年)、運行開始から10周年となり、記念乗車券が発売されています。  本来なら当然、ちょうど10周年の3月28日に…

続きを読む

№745 由利高原鉄道 使用済 乗車券の缶詰 4

 由利高原鉄道・鳥海山ろく線の矢島駅で買ってきた、「使用済 乗車券の缶詰」も最後の4缶目になりました。  最新のYR3001のイメージです。  この包装紙は、前回御覧頂いたYR2002風の包装紙の上から巻かれていました。 「?」マークの意味は不明。 羽後本荘→黒沢  鳥海山ろく線では2008(H20)年に運賃改訂を行っています。  現在は380円。 …

続きを読む

№744 由利高原鉄道 使用済 乗車券の缶詰 3

 今度は、YR2002号車のデザインを模した缶の中身を御覧頂きます。  乗車券は平成になってから使用されたものが入っています。  本来は12枚入りらしいですが、私が購入した缶では10枚のみでした。  また同じ乗車券が2枚入っていました。  消費税導入により、運賃が変わっています。 羽後本荘→鮎川  今回購入分には、この券が2枚入っていました。  フォントもレ…

続きを読む

№743 由利高原鉄道 使用済 乗車券の缶詰 2

 次にYR1000形の更新形式、YR1500形を模したカラーの包装紙をまとった、使用済乗車券の缶詰を開けてみましょう。  YR1500形はエンジンを換装した上で冷房を搭載、カラーリングも青+黄のツートンカラーに模様替えしました。 (YR1004は更新されず廃車)  またドアはボタンで開閉する方式になり、このためかどうか、缶詰もプルトップになりました。 (缶詰はもちろんボタンで…

続きを読む

№742 由利高原鉄道 使用済 乗車券の缶詰 1

 先月秋田の由利高原鉄道を訪れ、矢島駅で「使用済 乗車券の缶詰」を買ってきた事は、№734で書きました。  缶詰には、過去から現在までの歴代車両のカラーを模した包装紙が貼られていて、4色ありました。  1色ずつ4缶買ってきましたので、今回から中身を1缶ずつ見てみようと思います。  といっても皆同じような硬券乗車券が入っていましたが、どんな物が入っているのか、という目安として見て頂ければと思…

続きを読む

№724 秋田に行って来ました。

 一昨日、昨日と更新をお休みしましたが、実は一昨日の夜から昨日、今日と秋田、特に由利高原鉄道に行ってきました。  行きはなんと!(?と言っちゃっていいのかな?)寝台特急〈あけぼの〉のB寝台「ソロ」で、今日の帰りは新幹線〈こまち〉利用でした。  寝台特急の寝台に乗ったのは、記憶が正しければ22年ぶりのはずです。  寝台特急にしろ新幹線にしろ、第3セクター鉄道も、良い所・問題な所色々ある訳です…

続きを読む

№723 1992年「小田急ステーションウォーズ」カード一挙公開 7(終)

 7回に渡って続いた「小田急ステーションウォーズ」のバーコードゲーム・カードを一挙公開するシリーズも、いよいよ最終回です。  今回は全69駅(当時)達成記念のスペシャルカードとロマンスカード、それに全線を巡るには欠かせない一日乗車券も御覧頂きます。 本鵠沼 ハンマーパンチ(武器) 鵠沼海岸 パワーシート(パワー) 片瀬江ノ島 イルカルメン(魔法使い)  これもな…

続きを読む

№722 1992年「小田急ステーションウォーズ」カード一挙公開 6

「小田急ステーションウォーズ」のバーコード・カードゲームを一挙公開するシリーズ、Part6です。 鶴間 ハイパー車輪(武器) 大和 ヤマドリラー(戦士)  当時は、小田急線は築堤上にある2面2線の棒線駅で、高架化大規模改良工事中でした。  もちろん〈えのしま〉は素通りでした。 (相鉄線は地下化工事中) 桜ヶ丘 サクランボー(魔法使い)  高橋留美子原作「うる…

続きを読む

№721 1992年「小田急ステーションウォーズ」カード一挙公開 5

 中4日開いてしまいましたが、1992年に行われたラリー、「小田急ステーションウォーズ」のゲームカードを全て御覧頂くシリーズも半分以上終わっています。  今回から後半、今日はPart5です。 新松田 ガントレットアンブレラ(防具) 開成 ダメージガード吊り手(防具) 栢山 レールミサイル(武器) 富水 パワーアップハンドル(パワー) 蛍田 ホタ…

続きを読む

№719 1992年「小田急ステーションウォーズ」カード一挙公開 4

「小田急ステーションウォーズ」のゲームカードを一挙公開するシリーズ、Part4です。 座間 パワー自動券売機(パワー)  どうして券売機が「自らはUP、相手はDOWN」になるのだろう? 海老名 センロ観音(戦士) 厚木 アユビアン騎士(ナイト)(魔法使い)  駅を出るとすぐに鮎釣りで有名な相模川を渡る事になります。  厚木市ではなく、海老名市にある事は有名。 …

続きを読む

№718 1992年「小田急ステーションウォーズ」カード一挙公開 3

「小田急ステーションウォーズ」のゲームカード一挙公開のシリーズ、Part3です。 読売ランド前 くだモモンガ(魔法使い)  よみうりランドの近くには川崎市のフルーツパークがあり、そこからこの名がついたのでしょう。 「前」とついていますが、小田急線からよみうりランドへはバスへの乗換えが必要。 百合ヶ丘 ユリルレロ(魔法使い) 新百合ヶ丘 バス・ストンプ(戦士) …

続きを読む

№717 1992年「小田急ステーションウォーズ」カード一挙公開 2

「小田急ステーションウォーズ」カード一挙公開のシリーズのPart2です。 経堂 キョウドン(戦士) 千歳船橋 トレインボー(戦士) 祖師ヶ谷大蔵 防弾ヘルメット(防具)  相手の攻撃力をダウンさせるカードもいくつか見られます。  当時は高架複々線化の前で、裏面の解説書きには、「S20年代の駅舎は隣の千歳船橋と駅の構えや周辺の様子が良く似ている」と記されています。…

続きを読む

№716 1992年「小田急ステーションウォーズ」カード一挙公開 1

 夏には少々早いですが、今回から7回に分けて、20年前の夏に行われた、小田急電鉄のラリー「小田急ステーションウォーズ」について書きます。  私は45年の間ひたすら独身で子供もいないので、今の子供達の遊びは良く解らないのですが、ある程度人気なのがカードゲームで、特に人気なのは「ヴァンガード」…?JRの駅や車内の広告で良く見かけるので、遊ばなくても名前だけは知っているという方が多いでし…

続きを読む

№714 「type3200 COLOR COLLECTION」

 №581の「私鉄の車輛シリーズ」では、京成電鉄3200形について書きました。  簡単に復習しますと、3200形は1964(S39)年デビューの京成の高性能通勤車、いわゆる「赤電」シリーズの5番目の形式であり、初めて両開きドアを採用、最初は8Mの全電動車だったものが、途中から編成両端の台車のモーターを省略した6M車に変更。  また「開運号」用としてクロスシートの片開き車も製作。  後に…

続きを読む

№705 京王1000系 記念切符&カード集

 №702の「私鉄の車両シリーズ」では、京王電鉄井の頭線の1000系を取り上げました。  繰り返しになりますが、1000系は「特定都市鉄道整備事業」による輸送力増強の一環として、井の頭線初の20m4ドア車として1996(H8)年1月にデビュー、以来マイナーチェンジを繰り返しつつ、約16年かけて3000系からの置き換えを完了させました。  運行開始時にはヘッドマークが取り付けられ、渋谷…

続きを読む

№681 パスネット 「夢のスーパー特急」

 今日は軽く行きます。  先日小田急ロマンスカー20000形「RSE」が引退しましたが、RSEは以前関東の私鉄・地下鉄で発売されていた磁気プリペイドカード「パスネット」でも何度か登場しました。  もちろん小田急単独発行のカードが多かったのですが、そのほかに、こんな企画もありました。  関東で有料の特急を運行する京成・東武・西武、そして小田急の4社が合同で2001年に企画・製作したも…

続きを読む

№663 鉄道むすめ 青森県版登場記念 乗車券等伍枚組

 たった今、八戸から帰ってきました。  昨日は国際興業の夜行バス<シリウス>で八戸について、青い森鉄道と十鉄を乗り継いでお別れ乗車、今日は八戸の市内で市営バスや南部バス、十鉄バスを撮って、E5系の<はやて32号>で帰ってきました。  残念ながら昨日の十鉄では7200+7300形は運用されていなかったので、乗れずじまいで終わってしまいましたが。  それにしても十和田市…

続きを読む

№654 小田急ロマンスカード「花の寺 四季めぐり」シリーズ

 長くて風が冷たくて寒い冬はまだまだ続きますが、それでもウメの花がちらほら見られたりして、もうすぐ春です。  もう少しがんばりましょう。   さて、小田急では以前、「パスネット」の前に、券売機専用の磁気カード「ロマンスカード」を発売していました。  他社でもそうでしたが、小田急でも時々シリーズ物を発売、地元という事もあって、私もよく購入していたものです。  今回はそのシリーズ物の中から、…

続きを読む

№620 がんばれ受験生 一挙公開 学文路駅入場券3

 毎年発売される、南海高野線学文路駅の入学祈念入場券セットのシリーズも最終回です。  2005-2006年シーズンから、現在発売中のものまでご覧頂きます。 2005(H17)-2006(H18)年 2006(H18)-2007(H19)年  だるまのパーツが付属していて、組み立てる事で「必勝だるま」を作れます。  またこのシーズンから、「すべらない砂」の引換券がつくよう…

続きを読む

№619 がんばれ受験生 一挙公開 学文路駅入場券2

 南海高野線・学文路(かむろ)駅の合格祈願入場券セットのシリーズ、今回は2004-2005年シーズンまでをご覧頂きます。 1998(H10)-1999(H11)年  左の入場券部分は本来は右のケースの中に納まっていて、下の「合格」と書かれたツマミを引くと、上の窓の「祈ご入学」が「祝ご入学」に変わるという仕掛けです。 1999(H11)-2000(H12)年 200…

続きを読む