№2399 2021年9月 今月は何があった 何をやった

 思いの外駆け足でやってきた、「政治の秋」。パラリンピックも終わり、緊急事態宣言・まん延等防止措置が全て終わってスッキリ?した秋の空の下、いかなる政治的闘争が繰り広げられる事になるのか?(でもウルサイのはイヤ)。史上空前のテロから20年、あいつが悪かったこいつが悪かった罵り合う前に、亡骸を平然と公衆の面前にさらすような連中と、武力・暴力なしでどう向き合うべきか、考えなければ…。そんな揺れに揺れ続…

続きを読む

№2386 2021年8月 今月は何があった 何をやった

 開催の是非に賛否別れつつも、アスリートの熱闘・奮闘が人々の共感も呼び、数多くのドラマも生んだ東京オリンピックが、とにもかくにも終わりました。と思ったら、待ってましたとばかりに感染が爆発的に拡大、医療体制は、今度こそ重大な危機、なのか。公然と「ロックダウン」も発言されるまでに至ったが、街をそぞろ歩く人々は、何を思うのだろうか?アフガニスタンの暴力的な大混乱、またもハイチの大地震、山火事に水害、月…

続きを読む

№2373 2021年7月 今月は何があった 何をやった

「ウソでしょう!?」悲鳴と共に街を切り裂いた、熱海の土石流。欧州でも、中国でも、凶暴な洪水災害が、人命を脅かす。新型コロナウィルス・デルタ株の脅威が再燃、日本は再度の緊急事態宣言発出も、感染者は爆発的に増え続け、ついに全国で1日1万人の大台を突破。この最中開幕した、東京オリンピック。会場の大半は無観客、反対運動はなおも活発に続くが、一方で日本人最年少金メダリストの誕生に共感する若者たちも、少なく…

続きを読む

№2360 2021年6月 今月は何があった 何をやった

 ワクチン大規模接種センター開設と、職域接種の本格開始。緊急事態宣言も沖縄県を除いて終わったが、さあこれから!…とは、残念ながらならない様子。「デルタ株」の拡散に怯える日々が続き、開幕まで一ヶ月を切ったオリンピックも、開催には漕ぎつけられそうだが、完全にテンションが下がってしまった…。外国メディアは冷ややかだし。「反外国制裁法」成立と、香港「リンゴ日報」関係者逮捕から発行停止、台湾へのワクチン提…

続きを読む

№2348 2021年5月 今月は何があった 何をやった

 10都道府県にまで拡大した、緊急事態宣言。ワクチン接種会場の拡大は何とか進むが、変異種の脅威も消えない。欧米では不安要素を残しつつも市民の制限の緩和が進んでいるようだが、日本はいつになるのだろうか。まん延するのはウィルスだけではない。イスラエルvsパレスチナの戦闘を筆頭に、アメリカ・ロシアで相次ぐ銃撃事件(米サンノゼでは、ライトレールの車庫で起きた)、アフガニスタンの爆弾テロ。世界中に吹き荒れ…

続きを読む

№2334 2021年4月 今月は何があった 何をやった

 台湾の特急列車の惨事で幕を開けた新年度。大阪府の感染者数激増・医療体制崩壊危機を受けて、3度出された緊急事態宣言。ついに死者が1万人をこえた中、宣言の発出と終了のいたちごっこは、いつまで続くのか。私たちはこの環境に、いつまで耐え続ける事ができるのか?確かに、破滅に向かって一直線にも見える、インドのような状況に陥っては、いけないけれどね…。松山 英樹マスターズVの快挙に沸いたのも、ほんの一瞬。月…

続きを読む

№2318 2021年3月 今月は何があった 何をやった

 悪夢の惨劇から10年、新型コロナウィルスが未だ猛威を振るう中迎えた、東日本大震災・節目の追悼の日。ミャンマー軍の弾圧とウイグル族への人権侵害。アメリカ新政権を中心に積極的に展開された外交は、解決への糸口となりえるのか?もっとも日本は先に、総務省の接待問題が重くのしかかるのだが。とにもかくにもスタートした五輪聖火リレーと、その前日の、金メダリストの突然の訃報。コロナ禍は、ワクチンの確保と安全性を…

続きを読む

№2301 2021年2月 今月は何があった 何をやった

 東京オリ・パラに疑問のまなざしが向けられる最中、全世界に波紋を投げかけた。IOC会長の「女性蔑視発言」。自らの手で、オリ・パラを台無しにするつもりなのか?総務省・農林水産省幹部との接待疑惑と合わせ、総選挙の波乱要因となるのだろうか?10年前の悪夢を思い出させた、福島県沖の大地震。課題を抱えつつも民主化の道を歩んでいたはずのミャンマーは、軍政にリバウンドしてしまうのか?米トランプ前大統領二度目の…

続きを読む

№2285 2021年1月 今月は何があった 何をやった

 あの日から1年、恐れていた、二度目の「緊急事態宣言」。街はいつも通り動いているように見えても、連日の感染者数・重症者数・死者数の報告の前に、高速道路を混乱に陥れた記録的豪雪や鳥インフルエンザも加わって、どこか潤いを失いつつあるように見える。変異種の脅威もあり、半年後に迫った五輪にも、再び疑問の目が。「紆余曲折」と括るにはあまりに醜悪な連邦議事堂襲撃事件の末、なんとか発足したバイデン米新政権は、…

続きを読む

№2269 2020年12月 今月は何があった 何をやった

 感染者数・重症者数・死者数が連日、各地で過去最高を記録し、終わりが見えなくなりつつあるコロナ禍。現職の国会議員も犠牲になり、鉄道の運行にも直接の影響がでました。欧米で接種が始まったワクチンには期待がかかるが、変異種発見という新たな不安材料も。記録的大雪と共に、人々は、その身も心も押しつぶされながら、「災厄」の2020年は間もなく終わります。ベートーヴェン生誕250年、ジョン・レノン没後40年、…

続きを読む

№2252 2020年11月 今月は何があった 何をやった

 フロンターレ中村 憲剛の引退表明(優勝おめでとうございます!)と、「大阪都」構想否定の住民投票で始まった11月。国内はコロナウィルス感染者数が全国的に突如急増、後半は毎日のように、感染者数が過去最高を更新しています。医療崩壊が公然と叫ばれるようになり、「Go To」キャンペーンに疑念の目が向けられています。日本より数十倍コロナ禍が深刻なはずのアメリカは、選挙で「敗北」したはずの現職大統領が、感…

続きを読む

№2235 2020年10月 今月は何があった 何をやった

 東証のシステムトラブルで始まった10月。日本学術会議の人選を巡る攻防は、遅くとも1年後の総選挙に、影響を与えるのだろうか?ついに自らが新型コロナウィルスに感染したのに、相変わらずどこ吹く風のドナルド・トランプ。一方欧州は、フランスもイギリスもドイツも、どこもかしこも再度の緊急事態。核兵器禁止条約の発効が見えてきて、ベラルーシやタイに関わるデモ行進は日本でも行われ、世界の中の日本の立ち位置が問わ…

続きを読む

№2218 2020年9月 今月は何があった 何をやった

「コロナ禍」真っただ中の首相交代劇と野党再編成、遅くともあと1年後の総選挙には、今後どのような影響を与えていくのだろうか?新政権は「デジタル」を売りにしたいらしいが、「ドコモ口座」を発端に相次いで発覚した電子決済サービスのトラブルには、どう対処するのか。太平洋の向こうでは、コロナ禍の犠牲者が20万人を超え、カリフォルニアの山火事は史上最悪規模に拡大、なのに大統領は、「TikTok」にイスラエル&…

続きを読む

№2203 2020年8月 今月は何があった 何をやった

 ウィルス感染禍に加えて熱中症、日本の苦しい夏は続く。ベイルートの大爆発、ベラルーシ大統領選挙後の混乱、マリのクーデター、モーリシャスのタンカー座礁、アメリカの警官黒人銃撃と抗議行動、世界は揺れに揺れ続ける。そんな中、突然の首相辞任表明。野党の再編成も合わせ、遅くとも来年の総選挙に向けて、日本の政治はどう動く。偉大な俳優と漫才師が相次いで世を去った8月、どのような事が起こったのでしょうか。 …

続きを読む

№2187 2020年7月 今月は何があった 何をやった

 オリンピックへの期待が高まった、1年前のあの日。誰も考えもしなかったに違いない、このあまりにも惨く、残酷な日々を。球磨川や最上川を氾濫に陥れ、大勢の人命を奪った、破壊的な豪雨。そして、全国各地で歯止めがかからなくなった、新型コロナウィルス感染禍。ただ安らかな日々が欲しいだけなのに、もう叶う事はないというのか。東京都知事選でさえ、今年は単なる通過点。先鋭化する米中対立も、藤井 聡太新棋聖の快挙も…

続きを読む

№2174 2020年6月 今月は何があった 何をやった

 東京・北海道を中心に、なかなか落ち着きを見せない、国内のウィルス感染。海外では、テニス界ナンバーワンプレイヤーまで。では、大統領が堂々と「検査の回数を減らせ」と叫ぶアメリカ、戦勝記念軍事パレードを「強行」したロシア、海水浴場に大勢の人々が押し寄せたイギリスは、どう考えたらよいのか?朝鮮戦争開戦70年・南北共同宣言20年の節目に、対決姿勢をエスカレートさせる北朝鮮。娘との再会を果たせぬまま世を去…

続きを読む

№2161 2020年5月 今月は何があった 何をやった

「STAY HOME」が強く呼びかけられたGWを経て、相次いで解除された「緊急事態宣言」。海外でも、感染の第2波・第3波を恐れつつも、少しでも日常の生活に戻る試みが始まりました。と思ったら、「国家安全法制」をめぐり再び動乱の時を迎えた香港、黒人死亡事件で人種差別問題がまたもあらわになったアメリカ。日本では検察庁の定年延長問題に加え、よりにもよって、検事長の賭けマージャン発覚。遅くとも来秋、の、総…

続きを読む

№2147 2020年4月 今月は何があった 何をやった

「緊急事態宣言」が発出、やがて全国に拡大した4月。「ステイホーム週間」とは聞こえがいいけれど、楽しみにしていたGWのプランは全部台無し、家にこもっても、聞こえてくるニュースは「○○県で何人感染判明」「△△県で何人死亡」、こればっかり。精神的に押しつぶされそうになって、ほんのひと時でも心の安寧を、青空の下の開放的な世界に求めたくなるのは、誤った考え方、なのでしょうか?そんな事を、とある鉄道路線の鉄…

続きを読む

№2134 2020年3月 今月は何があった 何をやった

 武漢での発覚からわずか3か月、こんな事になるなんて、正直思いもしなかった。甘かったです。東京オリ・パラを延期に、センバツを中止に追い込んだだけでなく、トム・ハンクスに田嶋幸三JFA会長、「三大テノール」プラシノ・ドミンゴ、藤浪晋太郎、酒井高徳、英国の皇太子に首相まで、そして…、志村けん…!! 老いも若きも男も女も、地位も立場もお構いなしに、ウィルスは瞬く間に全世界を覆い、人々の身体も精神も、重…

続きを読む

№2126 2020年2月 今月は何があった 何をやった

 記憶に留めておかねばならない、はずの、野村克也氏の功績と、「パラサイト」の快挙。しかし、それらをも押し流してしまいそうな、新型コロナウィルスが引き起こす「COVID-19」の世界的大感染。昭和天皇崩御の時とも、阪神や東日本の大震災の時とも違う、ジワジワと不気味で重苦しい雰囲気が、日本全国を覆い尽くし、押し潰そうとしています。全世界の目が大黒ふ頭に向けられ、翻って我が国は!?と戦々恐々となった2…

続きを読む

№2114 2020年1月 今月は何があった 何をやった

 町中を歩いていても、急激に増えたと解る、マスク姿の人々。カルロス・ゴーン逃亡劇も、旅客機まで巻き添えにした米・イランの対立先鋭化も、ダボス会議も、いつの間にかどこかへ吹き飛ばしてしまった、武漢発・新型肺炎の世界的拡散。WHOの「公衆衛生上の緊急事態」まで宣言され、社会・政治・経済・スポーツ・社会、全ての分野で今後、甚大な影響が出るでしょう。良くも悪くも、今の世界は中国抜きでは動かないので。バス…

続きを読む

№2102 2019年12月 今月は何があった 何をやった

 冷戦終結から30年。というのに、COP25やNATOの会議の結果は、世界の不団結ぶりを改めて露呈する結果となった。今年の世界は、トランプの毒に犯されたのか、温暖化がもたらした「あつさのせい」なのか、老いも若きも男も女も、上も下も右も左も、北も南も東も西も、目をつり上げ、眉間にしわ寄せ、激しい言葉と、時には暴力で主義主張を一方的にぶつけ合うだけの、騒然と、そしてギスギスとした1年だった。「分断」…

続きを読む

№2085 2019年11月 今月は何があった 何をやった

 中曽根元首相が他界した11月。在任期間歴代最長を迎えた安倍政権を待ち受けるのは、「桜を見る会」スキャンダルの追及の嵐。いよいよ長期政権の「終わりの始まり」、なのか。区議会議会選挙の民主派圧勝は、「暴力vs暴力」の泥沼にはまりかけている香港の、何らかの転換点となるのだろうか(日本ならこれで政権交代、めでたしめでたし、となるのだけれどねえ)。銀河超特急が紡ぐロマンを、もっと見たい、松本零士先生、ど…

続きを読む

№2070 2019年10月 今月は何があった 何をやった

 言葉が出ない、目を覆うばかりの酷たらしい災害が連日繰り返された、悪夢の10月。人も車も家も押し流し、新幹線に路線バスの車庫も、水浸しにしてしまった。今の私には、亡くなられた方々の冥福をお祈りし、被災された方々にお見舞いを申し上げる、としか言えません。もはやこれからは毎年、重大な災害で平和な日常がいつかは奪われるものと、覚悟を決めておかなければならないというのか。  災害があまりに凄まじすぎて…

続きを読む

№2054 2019年9月 今月は何があった 何をやった

 関西空港が浸水被害に逢い、北海道の地震で大停電が起きてから1年。再び台風被害と長期の大停電に見舞われた日本は、改めてエネルギーの調達・供給のあり方が問われる事になりました。ラグビーW杯がいよいよ開幕、2連勝と絶好のスタートを切った日本、このままグループ予選を勝ち抜いて、ベスト8を極める事ができるのか?ナチスのポーランド侵攻から80年、東海村臨界事故から20年、御嶽山噴火災害から5年、9月はどの…

続きを読む

№2044 2019年8月 今月は何があった 何をやった

 売り言葉に買い言葉、なのか?「輸出管理の優遇対象国除外」に「GSOMIA破棄」。穏やかな日韓関係が築かれる日は、いつになったら来るのだろうか?INF全廃条約失効、香港のデモにアマゾンの大火災、人は自ら、後戻りできない領域へ踏み出そうとしているのだろうか?渋野日向子の全英女子優勝が、数少ない明るいニュースだったのか。「アビィ・ロード」横断歩道歩行の写真撮影、「男はつらいよ」第1作公開から共に50…

続きを読む

№2032 2019年7月 今月は何があった 何をやった

 生み出される作品の多くは鉄道ファンにもお馴染みで、その舞台のみならず、作品製作の現場そのものが「聖地」でした。「クール・ジャパン」のトップランナーを襲った、突然の惨劇。全世界規模の衝撃は、参議院選挙さえ吹き飛ばしてしまったのかもしれない。「7Pay」(会員のパスワードが強制的にリセット、だって)に「ビットポイント」に「リブラ」、未来のお金の形はどうなるの?アポロ11号月面着陸50周年に涌き、東…

続きを読む

№2021 2019年6月 今月は何があった 何をやった

「老後2,000万円」に「イージス・アショア」。来月に迫る参議員選挙の波乱の要因となり得るのか。ブレーキが掛かる気配がない、エスカレートする一方のアメリカvsイラン。天安門事件から30年の節目に起きた、香港の大規模抗議行動。日本は、世界は、上も下も、右も左も、どこへ向かうのか。その方向性は、日本初のG20サミットで、少しは見出せたのか?ノルマンディー上陸作戦から75年、同性愛者の権利擁護運動の発…

続きを読む

№2008 2019年5月 今月は何があった 何をやった

 30年前とは大違い、祝賀ムード一色で迎えた、令和の新しい世の中。しかし、10連休が終わってみると、米vs中、米vsイランの対立の先鋭化に北朝鮮の飛翔体、ついに首相辞任のイギリスに右翼躍進のEU選挙と、世界は荒れ模様の様相を呈してきました。月末にはショッキングな登戸の通り魔殺傷事件まで。穏やかな世の中は日本の内も外も、望むべくはないというのか。誰もみんな幸せに、輝いてる未来がほしい!令和の世こそ…

続きを読む

№1995 2019年4月 今月は何があった 何をやった

 スリランカの爆弾テロに、サンディエゴの銃撃事件。宗教や人種、思想が違ったら、両者の間に生まれるのは、武力・暴力を伴い、傷つけ、殺しあう、憎悪の連鎖のみなのか?翻って日本は、大阪W選に五輪相の辞任、どこかのんびりしている所はあるよなあ、とは思うが、少なくとも大勢の国民・市民が先鋭的に対立・対決し、身も心も荒廃させるような大規模な衝突事件は、この30年起きる事なく(凶悪事件自体は多数あったけれど、…

続きを読む