№1934 「宗太郎越え」の50年

 今年3月のJR九州のダイヤ改正では、全体的な減量となって少々ショッキングな内容だったが、日豊本線の佐伯~延岡間、通称「宗太郎越え」は、元々少なかった普通列車がさらに減便され、特に重岡~延岡間はなんと、下り1本・上り2本と、下手なローカル線よりも少なくなってしまいました。  今回、31年振りにこの区間の列車に乗車した事、JTB時刻表の付録として、1968(S43)年10月1日改正、通称「…

続きを読む

№1737 久里浜→上総一ノ宮 横須賀・総武快速直通

 №1733で、外房線の上総一ノ宮駅と、その界隈の名所をご覧頂きました。  上総一ノ宮は、神奈川県の横須賀線から直通運転する総武線快速電車の、外房線における終着駅です。8月21日、横須賀線の終点久里浜から上総一ノ宮までの直通列車を乗り通して訪れたので、ここに記したいと思います。  久里浜~上総一ノ宮間は、営業キロ155.5㎞(武蔵小杉経由の実キロ)、運賃2,590円(IC2,592円…

続きを読む

№1672 JRワンマン運転 始まりは浜川崎支線

 前回はJRで30年の間に何があったのか、趣味的な目線で、私なりに振り返ってみました。  様々な切り口で見る事ができるが、私は私鉄車掌経験者なので、「ワンマン化」についてもう少し書いてみようかと思います。  JRで本格的にワンマン運転が始まったのは民営化から約1年後の1988(S63)年3月13日、青函トンネル開業と同じ日の、東日本の南武線(浜川崎支線)。当時は101系(クモハ101…

続きを読む

№1671 JR30年 何があったのだろう

 新年度になりました。今月から原則、毎週火・木・土曜日の週3日更新とします。今後もよろしくお願いします。  今日4月1日、国鉄の分割・民営化、JR各社スタートからついに30年になりました。各社ではセレモニーも行われているようです。  30年となるとやっぱり長い。産まれた子供が小・中学校、高校、大学も卒業して社会人としても油にのりつつある頃、優秀な人材なら企業や官庁などの中枢を担うかも…

続きを読む

№1668 横浜線 スタンプマーク伝説 4.桜木町~磯子・大船

 横浜線電車は、朝夕の一部と日中の大半が、根岸線まで直通運転を行なっています。根岸線は横浜線とは逆に、戦後になってからの開通で、1964(S39)年5月14日に桜木町~磯子間が開業、その後1970(S45)年3月17日に洋光台、1973(S48)年4月9日に大船まで延伸して全通しました。  横浜線直通は、以前は日中に磯子まで運行、後に一部が大船まで延長されたが、現在は大半が桜木町折返しです…

続きを読む

№1666 横浜線 スタンプマーク伝説 3.相模原~八王子・横浜

 こどもの国が典型だが、横浜線の沿線は戦争の影響が色濃く残っていると言えます。今回の相模原もそうでした。横浜線は残りの八王子まで、そして直通運転を行なう根岸線に移って、横浜駅のスタンプマークの図柄を取り上げます。相模原のお祭りは、まもなく開催です。 ******************** 相模原 H016 「市民桜まつり」 相模原駅(南口) 相模原駅(…

続きを読む

№1665 横浜線 スタンプマーク伝説 2.十日市場~矢部

 横浜線のE233系6000番台に掲げられていた、横浜線・根岸線各駅のスタンプマークと、その図柄に描かれた施設・公園・行楽地にお祭りを訪ねて撮影した画像をご覧頂いています。2回目は十日市場~矢部の7駅です。うち3駅は国鉄→JRの移り変わりの時期に開業した、比較的新しい駅です。 ******************** 十日市場 H020 「開業当時の鉄橋と横浜線」 …

続きを読む

№1664 横浜線 スタンプマーク伝説 1.東神奈川~中山

 神奈川県横浜市神奈川区の東神奈川と、東京都八王子市を結ぶ、JR横浜線。1908(M41)年9月23日に横浜鉄道によって開業した、全国的にも歴史のある路線です。  戦後は73系から103系、205系と走り継がれてきた横浜線の電車は、2014(H26)年2月よりE233系6000番台が導入され、翌年8月に28編成全てが置き換えられました。この時、帯部の横浜線オリジナルロゴの他、運転室の脇には…

続きを読む

№1621 木古内駅時刻表 今昔<後>

 津軽海峡線は本州と北海道を短絡する性格から、特に旅客は東北新幹線の動向によってダイヤが編成されていく事になります。  21世紀に入り、新幹線は青森県内への延伸を繰り返し、それは木古内駅を発着する津軽海峡線のダイヤにも影響を与えていきました。 2001(H13)年12月1日改正  東北新幹線が八戸まで延伸、接続する列車、そして海峡線の列車の形態が大きく変わりました。 特急〔は…

続きを読む

№1620 木古内駅時刻表 今昔<前>

 今年の鉄道界で最大のトピックは、間違いなく北海道新幹線の開業でしょう。新青森~新函館北斗間148.8㎞が3月26日に開業。大半が東北新幹線に直通、東京~新函館北斗間が最速4時間02分で結ばれる事となりました。  奥津軽いまべつ~木古内間は、青函トンネルを在来線と共用します。青函トンネルは1988(S63)年3月13日に開業、本州と北海道が鉄道で結ばれる、画期的な出来事となりました。  …

続きを読む

№1619 JRグループ 2017年3月4日(土)ダイヤ改正

 JRグループの2017(H29)年3月4日改正ダイヤの概要が、昨日一斉に発表になりました。タイミングが少しずれてしまったが、各社のプレスリリースからチェックして行きます。 (今回は、JR四国は行わない)  今年度の改正は、例年より1~2週間程度早まっています。特段の理由は無いと思うが、18日実施の線はなかったのかな? (11日は東日本大震災発生日)  今年度は北陸・北海道新幹線開業の…

続きを読む

№1612 芸備線ダイヤ今昔

 芸備線は中国地方の中央を東西に貫き、岡山県の備中神代と広島県の広島を結ぶ159.1㎞の比較的長大なローカル線です。私は9月、(全線ではないが)芸備線に乗りました。たぶん26年ぶりだったのではないかな…。  先月JR北海道の路線維持問題が公のものとなり、改めてローカル鉄道の存続問題がクローズアップされています。それは北海道だけのものではなく、全国規模の問題でしょう。芸備線も恐らくは無関係ではな…

続きを読む

№1606 石勝線 楓駅

 今日は短く行きます。  前回はJR北海道の経営問題について書きました。ヨソ者がああだこうだいいの悪いのとは言えません。とにかく全ての関係者が納得できる結論を導いて欲しいと願います。どういう方向になっても激痛を伴うものになるとは間違いないだろう、と思わずにはいられないのだが…。  今回は廃止路線ではないが、廃止になった駅をご覧頂こうと思います。1988(S63)年2月11日の石勝線・…

続きを読む

№1605 JR北海道 ローカル線問題

 JR北海道は昨日、全路線の内の半分以上に当たる13線区1,237㎞が、自力で維持する事は困難であると発表しました。既にメディアでチラホラ話が聞こえては来ていたが、昨日正式にリリースが出たものです。  全国規模のニュースになったから詳細は今更語る事はないが、これが(少なくともJR北海道としては)全部廃止になるとしたら、残存の営業キロが1,151㎞となって、JR九州・JR東海を下回り、JR四…

続きを読む

№1454 JRグループ 2016年3月26日(土)ダイヤ改正

 いよいよ、JRグループの2016(H28)年3月26日ダイヤ改正が、昨日一斉に発表になりました。各社のプレスリリースからチェックして行きます。  次の改正の目玉は当然北海道新幹線(新青森~新函館北斗)になるが、既に発表になっている通り、北海道は乗降が少ない列車や駅の廃止が相当数発生します。なので今年は、JR北海道から見て行きます。  なお、長らくバス代行が続いていた、JR東海・名松線の…

続きを読む

№1282 JRグループ 2015年3月14日(土)ダイヤ改正

 JRグループの来年3月14日(土)ダイヤ改正が、一昨日発表になりました。タイミングが少しずれてしまったが、各社のプレスリリースからチェックして行きます。 (今回は、JR四国は行わない)  北陸新幹線の開業や上野東京ラインのスタートの「明」の一方、<北斗星>の定期運転廃止や、房総特急の縮小という「暗」もあります。  なお、JR東海・武豊線の電化開業が3月1日、JR東日本の石巻線…

続きを読む

№1181 1987年3月 肥前山口駅

 今日も昔の写真を出して、少し軽く行きます。  1987(S62)年3月の多分8日、長崎本線の肥前山口駅での撮影です。長崎へ行く普通列車に乗車した際のものです。  715系は寝台特急の削減で余剰となった特急型の583系を普通列車に転用するために改造で生まれた近郊型で、交流専用となって九州(0番台)と東北(1000番台)に配属されました。  九州向けは当初、クリーム+緑帯と713系と…

続きを読む

№1165 キハ52と岩泉駅

 今日は短く行きます。  JR岩泉線が、先月一杯を持って正式に廃線になりました。  4年前、2010(H22)年7月、土砂崩れで列車が被災し、それ以降長期に渡って不通のままでした。  26年前、1988(S63)年6月13日に岩泉駅で撮影したキハ52 141です。  国鉄首都圏色をベースに、盛岡独自の白帯を撒いたいでたち。  三陸鉄道北リアス線の小本駅から当時のJRバス東北の路…

続きを読む

№1164 不合理な 東京近郊区間

 今月1日の消費税増税に対応した運賃改定に合わせ、JR東日本では東京・新潟の「近郊区間」を拡大し、仙台にも「近郊区間」を新設しました。  Suicaの利用範囲の拡大に合わせてのものだが、特に「東京近郊区間」については、かなり不合理な問題が発生しているように思います。  4月1日からの新しい東京近郊区間を記してみました。 (東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県は複雑なので簡略化してい…

続きを読む

№1081 JRグループ 2014年3月15日(土)ダイヤ改正

 JRグループの来年3月15日(土)ダイヤ改正が、昨日発表になりました。  噂通り、ついに寝台特急<あけぼの>が廃止になります。  毎日運転の夜行は<サンライズ瀬戸・出雲><北斗星><はまなす>の3本のみ。  JR東日本では、特急<あかぎ>の新サービスも合わせて発表されました。最近の傾向として、「ホームライナー」的な役割を特急に担…

続きを読む

№979 南武線 E233系導入

 JR東日本は昨日のプレスリリースで、南武線(本線)にE233系を導入すると発表しました。  来年(2014(H26)年度)より、6連×35編成、合計210両を新造するとしています。  仕様としては、これまでの他線向けとほぼ同じみたい(LED照明を採用)。  個人的には、南武線への投入は意外に早いと感じました。  先日営業運転を開始した埼京線、来年度の横浜線、その次は、先に武蔵野線だ…

続きを読む

№952 四半世紀前の急行 はまなす

 今日は短く行きます。  青森~札幌間の急行<はまなす>は、青函トンネルが開通した1988(S63)年3月13日に運行を開始しました。  以来ひたすら本州~北海道間を連絡する夜行列車として走り続けています。  昨今はJRグループ全体で夜行列車の凋落が著しく、毎日運転される夜行は<はまなす>の他、寝台特急の<サンライズ瀬戸・出雲><北斗星>&l…

続きを読む

№859 JRグループ 2013年3月16日(土)ダイヤ改正

 来年、2013(H25)年3月16日(土)のJRグループのダイヤ改正の概要が、先週の金曜日に発表になりました。 (JR北海道は除く)  明るい話題として、常磐線・浜吉田~亘理間、石巻線・鹿波~浦宿間が、ダイヤ改正時より運転が再開されると発表がありました。 (JR東日本・仙台支店HPより)  各社のプレスリリースからチェックして行きますが、新幹線が中心になる他、車両の新旧交代が目立つ…

続きを読む

№774 成田空港鉄道アクセス改善私案 1.JR

 1991(H3)年3月に、成田新幹線用として建設されていた施設を利用し、京成線とJR線がターミナル(当時は今の第1ターミナルのみ)直下の新駅に乗り入れるようになった事で、これまで成田空港最大の弱点とされた都心からの交通アクセスが大きく改善された、とされました。  しかしそれから既に20年以上が経ち、空港そのものも、航空業界も大きく様変わりし、その結果鉄道アクセスにも、より内容の改善が…

続きを読む

№773 JR鶴見線・海芝浦駅

 №636でJR鶴見線の国道駅を御覧頂きましたが、今回は国道駅と並ぶ鶴見線の人気(?)の駅、海芝浦駅を御覧頂きます。  この駅は、立地条件に大きな特徴があります。  この駅自体はホーム1面に線路1線だけの、簡素な無人駅。  ところが、ホームを下りると目の前にあるのは、なんと「守衛門」。  皆様ご存知でしょうが、この駅は東芝の工場の敷地の中にあります。  一般の乗客は…

続きを読む

№720 修学旅行列車 今シーズンもスタート

 GWが終わった先週から、東海道線では日光方面に向かう修学旅行列車の運転が始まりました。  番号を控えていないのだけれど、183・189系の国鉄色で、毎日同じ編成?  戸塚では、9時12分頃に東海道線上り線を通過していきます。  エンブレムがないのと、先頭車がリニューアル車で窓が大きく、若干編成美を欠く所もありますが、それを言うのは贅沢というもの。 (ちなみに今日はクハ189-509…

続きを読む

№709 埼京線205系 いよいよ置き換え

 大分前にプレスリリースも出ていますので何を今更、という話ですが、いよいよ埼京線と横浜線の205系が、E233系に置き換えられる事になりました。  埼京線は来年度(2013(H25)年度)、横浜線は2014(H26)年度より置き換えが始まります。  埼京線に関しては、意外と遅い置き換えかもしれません。  後から開業、205系も後からの投入となった京葉線の方に先に投入、置き換えも完了…

続きを読む

№692 「さよなら苫小牧市営バス」と函館の旅 3.711系で「旅」気分

 苫小牧市営バスに別れを告げ、函館に向かいます。  苫小牧から直接特急に乗ってもいいのだけれど、春分の日を過ぎたばかりだから陽はまだ充分高いし、行ける所までは普通列車で行ってみようと思います。  調べると、16時26分苫小牧発の普通列車に乗って東室蘭で乗り換えると、洞爺までは先に行けるようです。  東室蘭行444Mは、うれしい事に711系の3連。  迷わず中間のモハ711-115…

続きを読む

№636 JR鶴見線・国道駅

 前回はJR鶴見線・国道駅の近くにある銭湯を紹介しました。  国道駅は鶴見から鶴見線に乗って次の駅です。  駅名はもちろん駅前を走る国道15号線からついていますが、それにしても単刀直入・ストレートなネーミングです。 「国道」の2文字が入った駅名は他に阪急今津線の阪神国道駅がありますが、まあ珍しいものでしょう。  そして、戦前の鶴見臨港鉄道時代の名残をふんだんに残していて、そのために静…

続きを読む

№631 保存版 関西の終夜運転時刻表 1.JR西日本

 火曜日まで年末年始の関西旅行について連載しましたが、その間、大晦日から元日にかけての主要な鉄道の終夜運転の時刻について調べてきましたので、時刻表を作成し、公開いたします。  終夜運転の時刻は事前には各鉄道会社から公表されるものの、当然終わってしまえば削除。  加えて関西でもここ数年は終夜運転の規模が少しずつ縮小傾向にあります。  なのでここで時刻表を作成・掲載して後に残すのも、自己満足な…

続きを読む