アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
絶対!乗り物中心主義
ブログ紹介
原則隔日更新。人々のため陸を、海を、空を駆ける「乗り物」を、自ら見て、撮って、乗って、自ら見たまま、聞いたまま、思ったままを書いていきます。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
1567 2016年度お盆休み 航空利用データ分析
1567 2016年度お盆休み 航空利用データ分析  昨日、航空各社から、今年のお盆休みの航空利用についてのデータの発表があったので、これを基に私なりに分析してみます。  今年度の対象は10日(水)〜21日(日)を対象としています。昨年(8月7日〜16日)より対象日が2日多く、全体的に後倒しになっています。  今年からお盆直前の11日が「山の日」の祝日となりました。この事は、特にお盆のピークの国内線には影響を与えたのでしょうか。  またGW同様、国内線は熊本地震、国際線は欧州で頻発するテロの影響が残っているのか、また北海道はお盆のピ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/23 22:00
1566 東武スカイツリーライン(伊勢崎線) 大袋駅
1566 東武スカイツリーライン(伊勢崎線) 大袋駅  最近駅の改築に積極的な東武鉄道。今回はスカイツリーライン(伊勢崎線)の大袋駅をご覧頂きます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/20 22:00
1565 駅の時刻表から見る 私鉄ダイヤの変遷 16.京急空港線 羽田空港国内線ターミナル駅<後>
1565 駅の時刻表から見る 私鉄ダイヤの変遷 16.京急空港線 羽田空港国内線ターミナル駅<後>  京急線の羽田空港アクセスの場合、品川・東京方面と共に、横浜・三浦半島方面も重要な市場になります。20世紀末より限定的ながら横浜方面への直通列車も設定されるようになったが、京急蒲田駅立体化工事の進捗に合わせて順次増強が図られていきます。また、京成線の成田空港方面スカイアクセス開業も、ダイヤ策定に大きな影響を与える事となりました。  今回は、日中に横浜直通が設定されるようになった、2002(H14)年10月改正からご覧頂きます。これ以降ほぼ毎年ダイヤが変わっていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/17 22:15
1564 駅の時刻表から見る 私鉄ダイヤの変遷 16.京急空港線 羽田空港国内線ターミナル駅<前>
1564 駅の時刻表から見る 私鉄ダイヤの変遷 16.京急空港線 羽田空港国内線ターミナル駅<前>  日本一、そして世界でも有数の大空港、羽田空港。  平成の世になって沖合移転が本格化、新ターミナル建造、新滑走路新設、そして再国際化と、四半世紀でめまぐるしく様変わりしてきました。  鉄道アクセスもその一つで、元々の東京モノレールに加え、18年前の1998(H10)年10月、京急空港線がターミナル直下の地下駅まで延伸、空港アクセス鉄道に仲間入りしました。  今回はその京急線の羽田空港駅、現在の羽田空港国内線ターミナル駅の時刻表から、改めて空港アクセスダイヤを中心に振り返ってみたいと思い... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/14 22:00
1563 京急線 大森町駅
1563 京急線 大森町駅  長年に渡って工事が続けられてきた京急蒲田駅付近の連続立体交差事業も、2年前の下り線の高架切り替えにより最大のヤマ場を過ぎ、いよいよ完成が近づいてきました。  この工事では京急蒲田を中心に、本線の大森町・梅屋敷・雑色の各駅、空港線の糀谷駅も高架化されたが、まだ一部の工事が残っていて、今年度中に全ての工事が完了する見込み、16年に渡る長い事業も、ようやく終わりが見えてきました。  今回は、一足早く全ての工事が終了した、大森町駅をご覧頂こうと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/11 22:00
1562 バスマガジンvol.78(講談社ビーシー/講談社)
1562 バスマガジンvol.78(講談社ビーシー/講談社) 「バスマガジンvol.78」が先月発売になったが、少々遅くなってしまいました。ここで取り上げます。  表紙はアルピコ交通のエルガ。2006(H18)年式のワンステップ車。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/08 22:20
1561 バスグラフィックVol.28(ネコ・パブリッシング)
1561 バスグラフィックVol.28(ネコ・パブリッシング) 「バスグラフィックVol.28」は先月20日位に書店に並んだが、少々遅くなってしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/05 22:00
1560 バスジャパン・ハンドブックシリーズS92 奈良交通
1560 バスジャパン・ハンドブックシリーズS92 奈良交通  少々遅くなってしまいましたが、「バスジャパン・ハンドブックシリーズS92 奈良交通」について取り上げます。  奈良交通は過去に、1995(H7)年8月に「シリーズ13」、2002(H14)年11月に「NEW38」で取り上げられていて、今回は14年ぶりになります。 (「R」では取り上げられなかった)  今回もデータ分析中心に記し、適宜「シリーズ13」「NEW38」との比較も加えます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/02 22:00
1559 2016年7月 今月は何があった 何をやった
1559 2016年7月 今月は何があった 何をやった  世界で、そして日本でも吹き荒れた「殺戮」の嵐。日米で政治の季節の真っ只中、現実のものになるかも知れない、新しい世の中の訪れの予感。7月はどのような事が起きたのでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/30 22:05
1558 バスで行くバス 46.さかえ湯湘南館(神奈川県藤沢市)
1558 バスで行くバス 46.さかえ湯湘南館(神奈川県藤沢市)  神奈川県藤沢市には現在、銭湯は3軒あります。今回はその中から、もっとも北にある「さかえ湯湘南館」さんに行ってみようと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/27 22:20
1557 JTB時刻表2016年8月号(JTBパブリッシング)
1557 JTB時刻表2016年8月号(JTBパブリッシング) 「JTB時刻表2016年8月号」が発売になりました。 「やっぱり新幹線が好き」のタイトルの下、表紙は東海道新幹線・岐阜〜米原間のN700A系。 「帰省・夏旅は渋滞知らずの鉄道で」って、なんだかキャッチフレーズは名鉄みたいだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/24 22:00
1556 思い出の海外旅行クロニクル 24.2005年ルクセンブルグ 4<終>
1556 思い出の海外旅行クロニクル 24.2005年ルクセンブルグ 4<終>  短期決戦のルクセンブルクの旅も、つつがなく終わりました。  最終回はいつも通り、ここまでの間で紹介しきれなかったルクセンブルクの車両、ルクセンブルク中央駅の画像をご覧頂き、合わせてルクセンブルクの鉄道の印象、そしてルクセンブルクそのもののパーソナルデータを記して、完結とします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/21 22:00
1555 思い出の海外旅行クロニクル 24.2005年ルクセンブルグ 3
1555 思い出の海外旅行クロニクル 24.2005年ルクセンブルグ 3  最初はブリュッセル、アムステルダムで宿泊のプランを考えていたのだが、スキポール空港での旅客機撮影を思いついて、急遽アムステルダム連泊としたのでした。ただ、これまでルクセンブルクでは基本的にずっと晴れていたのに、午後になって、こんな感じで急に雲が広がってしまったのが、何とも残念でした。  翌日、OS便を乗り継いで帰国の途に就きます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/18 22:04
1554 思い出の海外旅行クロニクル 24.2005年ルクセンブルグ 2
1554 思い出の海外旅行クロニクル 24.2005年ルクセンブルグ 2  ルクセンブルクの鉄道は、首都ルクセンブルクを中心に放射状に路線があるが、営業キロ275km(貨物専用も含む)は日本の私鉄の第三位名鉄(445.4km)よりもはるかに短く、列車本数は比較的多いので、2日もあれば十分に全線乗りつぶしが可能でしょう。この日は支線も含めて鉄道路線を乗り歩き、夕方は鉄道がない北東部のエヒテルナッハを、バスで訪ねて泊まりました。  翌日はベルギー経由でオランダに向かいます。ルクセンブルクとは早くもお別れ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/15 22:00
1553 思い出の海外旅行クロニクル 24.2005年ルクセンブルグ 1
1553 思い出の海外旅行クロニクル 24.2005年ルクセンブルグ 1  今回の「思い出の海外旅行クロニクル」は、2005(H17)年5月のルクセンブルクです。  オランダ・ベルギーと共にベネルクス三国を構成する王国のルクセンブルクは、佐賀県や神奈川県より少しばかし広いだけの小国、欧州ユーレイルパス通用17ヶ国、そして欧州で自前の基幹鉄道事業者がある国では最小です。普通は単独で訪れる事などないでしょう。私の旅も、ルクセンブルク滞在は4日に留まり、鉄道だけでなくバスの旅も加えました。これにベルギー経由オランダ行も加えて7日間の旅となり、これを今回から4回に分けて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/12 22:00
1552 BUS Life vol.6 (笠倉出版社)
1552 BUS Life vol.6 (笠倉出版社) 「Bus Life Vol.6」が先月末刊行されました。定期刊行の雑誌ではなく未だムック本の扱いだが、2ヶ月おきの刊行が確保できています。「バスラマインターナショナル」とほぼ同時期になるでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/09 22:05
1551 バスラマインターナショナル156(ぽると出版)
1551 バスラマインターナショナル156(ぽると出版) 「バスラマインターナショナル156」、先月末には発売になっていたが、取り上げるのが少々遅くなってしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/06 22:04
1550 「スルッとKANSAI」 いよいよ終了
1550 「スルッとKANSAI」 いよいよ終了  公私ともにややオーバーワーク気味になっているため、今月と来月は3日おき更新とさせて頂いています。9月よりまた隔日更新に戻す予定です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/03 22:00
1549 2016年6月 今月は何があった 何をやった
1549 2016年6月 今月は何があった 何をやった  米オーランドにフランスにイギリス、相容れない思想をねじ伏せるものは「武器」「暴力」しかないというのか。どんな美しい響きの言葉も、市井の暮らしという現実を伴わなければ「妄想」に過ぎないと思い知らされた6月、どのような事が起きたのでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/30 22:00
1548 京王線 布田駅
1548 京王線 布田駅  間もなく4年になる京王線の連続立体化で地下に移転した調布市内の駅、今回は布田駅をご覧頂きます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/28 22:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

絶対!乗り物中心主義/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる