絶対!乗り物中心主義

アクセスカウンタ

zoom RSS 1717 京急線 糀谷駅

<<   作成日時 : 2017/07/22 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 京急線・京急蒲田付近の連続立体交差工事は、京急蒲田と、本線で前後する大森町・梅屋敷・雑色、それに空港線の糀谷、合計5駅が一気に高架駅となる大規模なものになりました。
 大森町と梅屋敷、雑色はご覧頂きました。今回は空港線に入って、雑色です。

画像

 2015(H27)年度の乗降人員は24,909人、京急全体では24位です。空港線では羽田空港関連2駅を除くと、大鳥居に次いで多い数字です。駅番号KK12。

画像

 地上時代の旧駅舎。下り線側にありました。

画像

 高架化に合わせて西側の環八通り沿いに交通広場が設けられ、京急バスが発着するようになりました(羽田方面行のみ)。

画像

 コンコース。東西自由通路を兼ねています。

画像

 券売機。

画像

 改札口と、ウォークインタイプの窓口。

画像

 これまで見てきた大森町と梅屋敷、雑色は普通電車だけ停車だからか、他の大手私鉄やJRの駅にあるような、改札口上の発車案内表示は設置されていませんでした。
 この駅は特急(少ないが)にエアポート急行が停車、蒲田から品川方面と横浜方面に別れる事でややダイヤが複雑になっているからか、改札口上に発車案内表示が設置されていました。ただ、モニターになっていて、やや小さくて見づらいかも知れない。
「ダイヤが複雑」と書いたが、日中の停車は横浜方面(金沢文庫・新逗子行)と羽田空港を結ぶエアポート急行のみ(ここでは京急蒲田止まりの普通の表示が出ている)。

画像

 精算機。

画像

 改札内のコンコース。割と広めかも知れない。

画像

 ホーム行のエスカレーター。これは上り。ホームはやや高い位置にあり、エスカレーターは一本で行くが、階段だと途中まで上下線共用、踊り場で別れる形になります。

画像

 この駅は、上りと下りのエスカレーターが別々になっています。ホームがやや狭いからか。これは上りホームからの下りエスカレーター。

画像

 ホームのエレベーター。

画像

 ホームの待合室。上下共にあります。

画像

 この駅ではホームでも、出発する列車の種別・行先・時刻が表示されます。

画像

 最後にホーム。8連分。2000形エアポート急行が到着しようとしています。
 京急蒲田に向けては、上り線は京急蒲田側は3Fにある下り線側にとりつく。下り線は2Fの上り線側から。合流擦る地点にクロスが入り、品川方面との直通はクロスで転線する、ユニークな構造になっています。
 前述のように、この駅に日中停車する列車は、横浜方面と羽田空港を直通するエアポート急行のみ。だから都心へ向かおうとしたら、京急蒲田で乗換が必要になります。しかも上下移動を伴うので、この点、利用者にはどう受け止められているのだろうか。

 糀谷駅は高架化だが、次の大鳥居は地下駅、穴守稲荷は地上のままで、天空橋以降は地下線になります。だから京急蒲田から空港線、特に快特に乗ると、ジェットコースターに乗っているような感覚に陥る、かも知れない。
 これで京急蒲田の高架化駅5駅中4駅は訪ねました。残るは本丸・京急蒲田だが、何しろ、私鉄では最大級の高架駅なので、全部見るのはかなり大変そう。少し時間を下さい。

 ところで、糀谷駅はどうだったか解らないが、京急の一部の小駅では、2005(H17)年より京急100%子会社の京急ステーションサービスが受託運営を行なっていました。窓口にミニコンビニがあった事も記憶に新しいが、おととい20日、京浜急行電鉄がステーションサービスを吸収合併するとリリースがありました。10月16日(予定)より、ステーションの職員は京急に移籍する事になります。理由として「効率的な運営体制の構築、さらなる安全管理体制の強化および優秀な要員確保を図るため」とあるが、昨今の世間の情勢からして、「優秀な要員確保」の側面が大きいのかなあと思います。京急に限らず、一時分社化が盛んだった鉄道(に限らず交通全般)の事業者では、分社の見直しが急ピッチで進んでいるように見えます。「働き方改革」も影響しているのでしょうか。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


 東北北部・北海道は、また豪雨になってしまいました。去年の豪雨から、まだ1年も経っていないのに。函館本線も土砂崩れで不通になって〔スーパー北斗〕〔北斗〕は全面運休(函館〜森・八雲〜札幌間で臨時特急2往復運転)、JR北海道がこういう状況なのに大事な大幹線で起きた事態だから非常に心配されたが、幸い明日からは通常通りの運行に戻る予定だそうです。東北は〔こまち〕が運休になり、羽越線や奥羽線などでは大雨で運転を見合わせているそう。由利本荘市等では避難指示も出されているそうで、日本列島は今月に入って、はっきり異常気象に見舞われてしまっています。これ以上の犠牲はゴメン。
 今日は山陽電鉄が午前中、「無線が通じなくなった」とか?で全線で運転見合わせになってしまったそうです。幸い現在は通常通り運行中。同社公式Webでは今の所理由などは何も言っていません。月曜日?

《今日のニュースから》
21日 独大手自動車5社カルテル疑惑 独有力紙報道
22日 パンダ赤ちゃん出産 上野で記念パレード

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

1717 京急線 糀谷駅 絶対!乗り物中心主義/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる