絶対!乗り物中心主義

アクセスカウンタ

zoom RSS 1719 天竜浜名湖鉄道 全駅撮影完了

<<   作成日時 : 2017/07/27 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

 天竜浜名湖鉄道は1987(S62)年3月15日、旧国鉄二俣線を転換して開業、今年30周年を迎えました。
 今年はこれに加え、沿線が大河ドラマの舞台となった事で、いつも以上の賑わいが期待されています。
 天竜浜名湖鉄道(以降天浜線)は、国鉄時代末期に1回乗った事があるが、転換後は2011(H23)年10月30日に初乗車。その後東半分は2015(H27)年2月16日西半分は2016(H28)年3月10日に乗り、各駅を乗り降りしました。
 この時、フルーツパーク駅は時間的にパスとせざるを得ず(東海道線が遅延して、新所原から予定していた列車に乗れなくてプランが狂ったので)、森町病院前駅は開業4日前でした。
 先日、この両駅に乗り降りした事で、ようやく天浜線全駅を訪ねる事ができました。2駅以外は以前もご覧頂いたが、この両駅を加えた上で、改めて掛川→新所原で、天浜線全駅をご覧頂こうと思います。

画像

掛川 かけがわ
 駅舎はJRとは別だが、JR1番線に直結する連絡改札口があります。無論駅員配置駅。

画像

掛川市役所前 かけがわしやくしょまえ
 転換後の1996(H8)年3月18日開業。

画像

西掛川 にしかけがわ

画像

桜木 さくらぎ
 行き違いが可能。

画像

いこいの広場 いこいのひろば
 転換翌年の1988(S63)年3月13日開業。

画像

細谷 ほそや

画像

原谷 はらのや
 行き違いが可能。

画像

原田 はらだ
 転換翌年の1988(S63)年3月13日開業。

画像

戸綿 とわた

画像

遠州森 えんしゅうもり
 行き違いが可能。日中駅員配置(6:45(土休日9:00)〜16:15)。

画像

森町病院前 もりまちびょういんまえ
 去年の3月14日に開業しました。その名の通りの病院の他、駅前には和菓子の店舗があります。

画像

円田 えんでん
 転換翌年の1988(S63)年3月13日開業。

画像

遠江一宮 とおとうみいちのみや
 行き違いが可能。

画像

敷地 しきじ
 郵便局が入っています。

画像

豊岡 とよおか
 行き違いが可能。

画像

上野部 かみのべ

画像

天竜二俣 てんりゅうふたまた
 最大の主要駅で、車庫には転車台が残されており、ツアーも企画されています。日中駅員配置(7:15〜17:00)。

画像

二俣本町 ふたまたほんまち

画像

西鹿島 にしかじま
 遠州鉄道線接続駅で、遠州鉄道に業務を委託しています。

画像

岩水寺 がんすいじ

画像

宮口 みやぐち

画像

フルーツパーク
 1996(H8)年3月18日開業。

画像

都田 みやこだ

画像

常葉大学前 とこはだいがくまえ
 転換翌年の1988(S63)年3月13日に浜松大学前として開業、2013(H25)年4月1日に改称しました。

画像

金指 かなさし
 行き違いが可能。日中駅員配置(7:15(土休日9:00)〜16:15)。
 大河ドラマのメインの舞台の井伊谷(いいのや)や龍潭寺は、通常は駅前を通る道路上にあるバス停から遠州鉄道バスに乗り換えて行きます(浜松駅始発)。駅のホーム上屋は国の登録有形文化財になっているが、現在は大河ドラマ向けのデコレーションが施されています。

画像

岡地 おかじ

画像

気賀 きが
 隣接して大河ドラマ館があり、ここと龍潭寺を結ぶ臨時の遠州鉄道バスが運行中(通常は、駅に近い細江〔営〕行のごくわずかな入庫便しかない)。「直虎」の時代は商都、だったんだって。今は想像できないが。

画像

西気賀 にしきが
 行き違いが可能。

画像

寸座 すんざ

画像

浜名湖佐久米 はまなこさくめ
 目の前には浜名湖、なのだが、東名の高架橋が目障り…。

画像

東都筑 ひがしつづき

画像

都筑 つづき

画像

三ヶ日 みかび
 行き違いが可能。日中駅員配置(6:45(土休日9:00)〜16:00)。

画像

奥浜名湖 おくはまなこ
 転換翌年の1988(S63)年3月13日開業。

画像

尾奈 おな

画像

知波田 ちばた
 行き違いが可能。駅舎には歯医者が入っています。

画像

大森 おおもり
 2009(H21)年4月1日開業。

画像

アスモ前 あすもまえ
 転換初日の1987(S62)年3月15日に開業しました。アスモとは、デンソーグループの自動車用小型モーターのメーカーだそう。

画像

新所原 しんじょはら
 駅舎はJRとは別になっています。無論駅員配置駅。
 なお、JRは橋上駅舎が完成し、既に共用開始。

 以上、天浜線39駅全てをご覧頂く事ができました。
 月曜日、天浜線も含めて、「青春18きっぷ」1日分を使って、名古屋まで夜行日帰りで行ってきました。それについては来月書きたいと思います。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


********************

《今日見た・聞いた・思った事》
 南海高野線及び泉北高速鉄道の、8月26日改正の詳細が発表になりました(既に先日、概要が先行して発表になっていた)。
 最大の目玉は〔泉北ライナー〕の増発で、平日は朝方1往復・夕方以降4往復、土休日は朝方1往復、夕方以降3往復増発になります。特急が2運用になるので、泉北12000系に加えて、南海11000系を使う事になるかと思われます。
 また日中は泉北直通区間急行を毎時4本に増発する一方、夕方の一般列車の直通は全て準急に変更して増発、運転間隔を平均化。
 一方で日中の各駅停車は毎時6→4本に削減する他、朝方の千代田始発準急を泉北発に変更。
 急行・各停の待避駅は金剛を原則北野田に変更。
 全部の時刻は解らないが、南海線に続いて高野線も各駅停車が削減になり、〔泉北ライナー〕1本が、本来はラッシュのピークの真っ只中だろうと思う(少なくとも関東ではそういうイメージ)難波8時08分着に設定されているのを見ると、高野線も全体的には利用が減っているのかなあと感じます。泉北高速直通を強化して利用をつなぎ止めるという方向でしょうか。

 JR東海は、ICカードTOICAの利用範囲を、来年春に拡大すると発表しました。御殿場線・下曽我〜御殿場間、東海道本線・関ヶ原〜醒ヶ井間、関西本線・四日市〜亀山間、及び愛知環状鉄道全線で、TOICAがJR東海以外に導入されるのは初めて。しかし御殿場線と東海道本線の2区間は熱海〜函南間同様、またもJR東日本Suica、JR西日本ICOCAのエリアと繋がらず、しかも今回は神奈川県、滋賀県内だから旅客の流動も他社直通の方が多くなるはず(御殿場線→横浜・東京方向、東海道線→京都・大阪方向)で、このままではかなりの問題になるのではないでしょうか?

《今日のニュースから》
26日 関空〜神戸空港間高速船衝突事故 15人重軽傷
27日 韓国 元慰安婦支援財団 理事長辞任

 高速船は通常より500mも西にそれて航行していたそうで、船長は「位置を見失った」と発言しているそう。なら、一旦止めて位置を確認する事は考えられなかったのか。ともかく調査の結果を待ちたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

1719 天竜浜名湖鉄道 全駅撮影完了 絶対!乗り物中心主義/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる