№521 都営交通100周年 都電写真集(東京都交通局)

画像

 
 都営交通100周年を記念して「東京の交通100年博」が開催中であることは№519で書きましたが、関連して都電、そして東京都交通局の100年の歩みを記した写真集が交通局から同時に発売になっています。
 まず、「都電写真集」から取り上げます。
 20年前の80周年の時には「わが街 わが都電」というのが発行されていて、豪華装丁版ゆえデータも豊富で読み応えもあったがかなり重かった(そしてかなり高かったと思う)ですが、今回は制作がネコ・パブリッシングになっていて、写真が中心となって割りと読みやすくなっていると思います。
 ただ、値段が3,800円と、やはりちょっと高目ですが。

 全体的には4部構成になっていて、まず都電の100年
 現在の東京都交通局の前身の東京市電気局が発足したのが1911年8月1日ですが、それよりも前の19世紀末期に開業した東京馬車鉄道の写真から始まっています。
 しかしよく写真が残っていたもの。

 私は全盛期の都電は知らず、はっきり記憶があるのは1978年の荒川線近代化以降になります。
 都電そのものから若干離れますが、写真の中で印象的なのが近代化記念の花電車、特に2号車・テレビ朝日でしょうか。
 当時の放映番組が装飾されているのですが、「闘将ダイモス」「キャンディ・キャンディ」「レッドビッキーズ」「キャプテン・ハーロック」「一休さん」と子供向けが大半です。
 また中央部に大きく「10」と掲げられ、「わが家の友達10チャンネル テレビ朝日」のキャッチフレーズも車体に書かれているのですが、テレビ朝日の「10チャンネル」(アナログ)の歴史は先月終わっている訳で、この意味でも貴重な記録でしょう。
(デジタルのテレビ朝日は5チャンネル)
 前の年に「NET」から局名を変えたばかりなので、一気に知名度を上げようと考えていたのでしょうか。

 都電 その名シーンは、やはりこの部分が一番力が入っているかなと感じます。
 まず1962年(昭和37年)の最全盛期の路線図が公開されています。
(トロリーバスや、まだ1路線だった都営地下鉄も加えられている)
 白黒・カラー(一部対比のための現代のものを含む)問わず本当にたくさんの写真が残されているものです。
 都電全盛時代は東京といえども、それ程極端に高いビルはあまりありません。
 青山車庫の教習線なんて、バックも含めて本当に東京なの?と疑ってしまったほど。 
 やはり1960年代の急激な高度経済成長が、都電をジワジワと押しつぶしていったのでしょうか。
 乗り物全体のファンからすると、都電そのものもさる事ながら、同時に写りこまれている他の交通機関にも目が移ります。
 中目黒の東急5000系(もちろん「青ガエル」と呼ばれた初代)と営団3000系、王子駅の高架線を横切る車運車ク5000、飯田橋で2502号と併走するイースタン観光バス(神奈川にも事業所があったが廃業)、さらには千住大橋を都電と共に渡ろうとする国際興業の路線バス(カラー!)とか。

 思い出の都電41系統は、面白い試みとして、現代(2011年)の地図に都電の路線を当てはめています。
 それで大体昔の都電は今のこのあたりを走っていたんだとわかる仕掛け。
 ただ、それならばさらに進んで、現代のバスマップ的に都電が走っていたエリア全体の地図を掲げ、そこに41系統全てを落とし込むという事をやっても面白かったのでは?
 そうすればさらに都電全盛期のネットワークが理解できたと思います。
 あとは、わかる範囲で運行のデータ(始発・最終の時刻、運転間隔など)があればなお良かったです。

 最後に市電・都電 100年を走った車両たちでは、東京電車鉄道の創業期の1形(「ヨヘロ」)から最新の8800形、そして7500形改造の花100形まで掲げられています。
 データ的な部分は少なく、ビジュアル優先でしょうか。
 古い形式でも結構カラーが多く、こんな色していたのかと思うようなものもありました。

 最後に付録としてCDが封入されていて、「年代別 路線図の変遷」と「歴代車両竣工図表」が収められています。
 路線図は荒川線以外が全廃になる直前の昭和46年4月まで。
 車両竣工図表は、やはり荒川線近代化以降の車両も欲しかった。
 7000形は車体更新前も入っていなかったです。

 全体的には写真中心で読みやすいので、気軽に過去を振り返ってみるにはいいでしょう。
 あともう少し、現代の荒川線の写真が多くても良かったかなと思います。

 ところで路線図の解説のテキストで、「23区のうち19区に都電が走っていた」とありますが、大田・世田谷・練馬・葛飾の4区が、最初から都電が走った事がない区です。
(「こち亀」の舞台も走っていないんです)
 もっとも目黒区も中目黒だけ(今の東急バスの正覚寺下バス停付近)、品川区も目黒駅・五反田駅近辺のみになります。
(品川駅は港区です)

 申し訳ありませんが、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

 せっかくの夏休みなのに大変な事になってしまいました。
 これ、天竜浜名湖鉄道が運営していたのですか…。
《今日のニュースから》
浜松市天竜川で川下りの舟転覆 1人死亡 3人行方不明