№1181 1987年3月 肥前山口駅

 今日も昔の写真を出して、少し軽く行きます。

画像

 1987(S62)年3月の多分8日、長崎本線の肥前山口駅での撮影です。長崎へ行く普通列車に乗車した際のものです。
 715系は寝台特急の削減で余剰となった特急型の583系を普通列車に転用するために改造で生まれた近郊型で、交流専用となって九州(0番台)と東北(1000番台)に配属されました。
 九州向けは当初、クリーム+緑帯と713系と同じカラーだったが、民営化が決まって、JR九州の近郊型は白+青帯となる事になり、国鉄時代末期から塗り替えが進められました。
 民営化直前の過渡期の撮影で、別に狙った訳ではないけれど、新旧両色が並んだ、今となっては貴重な記録かと思います。

 当ブログでは、コメントは受け付けない事にしています。この記事について何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。
 また、何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。

《今日のニュースから》
高円宮典子様 婚約内定