№2106 今年最初の 関西弾丸旅行 1.久しぶりの桜島線

 去年同様、今年も3日に休みをもらって、今回は関西です。

 1月 2日(木)

 いつもと同じ乗り継ぎのパターンなので、初めに乗車した列車の番号を改めて列挙し、少し簡略化して書きます。

藤沢13:04 → 13:43小田原 1867E
小田原13:48 → 14:11熱海 3529E 快速アクティー
熱海14:13 → 16:54浜松 443M
浜松17:01 → 19:39米原 5349F 新快速
米原19:54 → 21:17大阪 3337M 新快速

20200102-101大船軒サンドウィッチ.jpg
 藤沢から小田原まで普通列車で先行するのは、空いている車内のボックスシートで、大船軒のサンドウィッチを広げるため。いつもながら、ハムとチーズが最高においしい。

20200102-102大山.jpg
 平塚を出て、貨物駅越しにみる、大山。

20200102-103小田原 快速アクティー.jpg
 小田原からの快速アクティー。今日も大雄山線と同時の到着。10連で、座れない。

20200102-104富士山.jpg
 熱海で乗り換えた443Mの車中から見た富士山。この日はイスラム圏の家族が乗り合わせていて、途中までは山腹が雲に隠れててっぺんしか見えなかったのだけれど、特にお父さんお母さんが歓声を上げていました。年末の河口湖駅でもイスラム圏の人々が多かったように見えて、富士山にはイスラムの人々の心をつかむ何かがあるのか。

20200102-105静岡鉄道.jpg
 清水を発ってすぐ、静岡鉄道との併走区間。A3000形の並び。

20200102-106日の入.jpg
 年末年始の日の入りは早い。磐田の先で、陽が西に沈んでいきました。

20200102-107鱒の押し寿司.jpg
 藤沢駅でサンドウィッチと共に買っておいた、鰺の押し寿司(980円)。浜松で乗り換えた新快速が、大垣で相当すいたので、ここで食しました。
 米原駅近辺は、何もないのね?西口は東横インに山内農場はあるけれど、コンビニは徒歩5分の所にファミマがあるだけ。かなり暗い。でも、湖国バスは走っていた。正月は運休だろうと勝手に思っていたのだが。

20200102-108新快速車内.jpg
 米原からの新快速の車内。225系。天井部にモニターがある。

 大阪着後、ホテルへ。

********************

 1月 3日(金)
 天気予報が微妙だったのだけれど、まずは、こちらももう何年も乗っていない、ゆめ咲線(桜島線)に乗りに行きます。少なくとも、USJオープン以降では、初めて。「桜島線」のままで良かったんじゃないの?と、他の路線共々、今でも思うけれどね…。

20200103-101ドーム.jpg
 ホテルに近い阿波座から弁天町まで、大阪メトロの中央線。その高架橋からチラッと見えた、京セラドーム大阪。
 大阪環状線で西九条に着くと、桜島行323系は相当な混雑。むろんUSJのお客さんが多いだろう、とは思っていたけれど、まだ8時前なのに、早いなあ。

20200103-102桜島到着.jpg
 しかし、USJが全てかと思ったらそうでもなく、桜島まで乗り通すお客さんが多かったのは意外だった。桜島駅にはUSJのゲートはありません、みたいな掲示もあったが。

20200103-103桜島駅.jpg
 昔の桜島駅って、どうだったかなあ…。今の桜島駅は近代的。
 この大勢のお客さん、USJじゃなきゃ何なの?と駅員に聞いてみたら、Zepp Osaka BaySideというライブハウスがあって、この日は「すとぷり」の「ジェル」…と言っても全く知りません。ファンの皆さん、ゴメンナサイ…のワンマンライブが行われるそう。スマホで調べてみたら開演は午後なので、早すぎない?と思ったが、午前中はグッズの販売とかがあるそうだ。改札で前に並んでJR職員に何か聞いていた女の子2人組のきっぷには、岐阜羽島と書かれていた。アサイチで来たのか。

20200103-104桜島駅時刻表.jpg
 今の桜島駅の時刻表。朝夕は環状線直通があり、日中は線内折り返しが15分毎。朝方は土休日の方が多くなるのは、やはりUSJ対策なのか。

20200103-105みどりの券売機プラス.jpg
 みどりの券売機プラス。前日の新快速225系のモニターでも案内があったが、オペレーターにつながり、会話のやりとりでアシスタントしてくれるらしい。去年の加茂駅にもあったっけ。おそらくはこれからも、駅務体制の合理化は進んで、このようなものが駅務の中心となっていくのだろう。桜島駅も、駅員がいない時間がある。休憩とかだろうが。

20200103-106桜島駅ホーム.jpg
 桜島駅の島式ホーム。電車が到着すると、大勢の乗客が跨線橋にゾロゾロ向かって行きました。
 西九条まで戻る。安治川口には、スーパーレールカーゴがいたが、ライブハウスとかUSJとかがなかったら、桜島線は今でも、今ひとつ冴えない、大阪環状線から派生する、一支線の位置づけのままだったのだろう。

20200103-107西九条駅.jpg
 西九条駅で、「ゆめ咲線」323系と、関空・紀州路快速の225系が並んだ。基本的な構造は同じだが、225系は角張っていて、323系は丸みがある。側面は、ほとんど同じじゃないかな?増結がないから、323系の方には連結路の転落防止バーがない。

 外回りで大阪に向かって、曇天だったら「青春18きっぷ」だったし、遠回りして帰ろう、と思っていたのだが、だんだん青空が広がってきたので、阪堺電軌を訪ねてこようと思います。「堺トラム」をまだ見ていないし。大阪はスルー。

20200103-108ハルカス.jpg
 天王寺駅到着直前、学校の校舎越しに望む、ハルカス。

 天王寺駅のロッカーで荷物を預け、阪堺電車に乗って、住吉に向かいます。それは、次回。

 当ブログでは直接のコメントは受け付けないので、何かありましたら、本体の「日本の路線バス・フォトライブラリー」上からメールを下さい。折返し返事をしたいと思います。何か質問がありましたら、やはり本体上からメールを下さい。解かる範囲でお答えをしたいと思います。質問と答えは当ブログにも掲載します。
 当ブログ上からでは発表できない緊急の事態が発生した時は、本体でお知らせします。


 テヘランのウクライナ機墜落は、イラン軍が撃墜を認めたそうです。故意であろうがミスであろうが、旅客機を打ち落として、自国民を含めた乗客乗員全員を死に至らしめた事態は重大です。イランは32年前、イラン航空のエアバスがアメリカによって撃墜された事件があり、それもまたアメリカに対する怒りの源の一つになっていたのに、自らが同じ過ちをやってしまった、という事になるのか。対米の強硬な姿勢の維持においても明らかにマイナスだし、自分で自分の首を絞めてしまった感が否めません。いずれにしろ、何とも悲しく、何とも腹立たしい。

《今日のニュースから》
10日 ロンドンブーツ1号2号 田村亮 芸能活動再開
11日 ラグビー全国大会選手権 早稲田大学 11大会ぶり優勝

 ブラジルのサンパウロで、公共交通の運賃値上げに抗議するデモが過激化した、という現地のニュースを、BSで見ました。前回はバスラマ誌でブラジル紀行の連載についても触れたが、そこでは「治安は日本で思われている程悪くはない」と記されていました。ただ、治安よりも、経済や政治に対する不満からくる抗議行動の方が問題になるかも知れません。現に6年前のサッカーW杯、4年前のリオのオリ・パラの後にも、同じような大規模抗議行動があったと聞いています。今回は公共交通の運賃、という話なので、なおさら注視する必要があるのではないでしょうか。

この記事へのコメント