№2318 2021年3月 今月は何があった 何をやった

 悪夢の惨劇から10年、新型コロナウィルスが未だ猛威を振るう中迎えた、東日本大震災・節目の追悼の日。ミャンマー軍の弾圧とウイグル族への人権侵害。アメリカ新政権を中心に積極的に展開された外交は、解決への糸口となりえるのか?もっとも日本は先に、総務省の接待問題が重くのしかかるのだが。とにもかくにもスタートした五輪聖火リレーと、その前日の、金メダリストの突然の訃報。コロナ禍は、ワクチンの確保と安全性を…

続きを読む

№2317 アニメと鉄道ビジネス(栗原 景/交通新聞社新書)

 昨今は当ブログ、あるいは本体でもアニメやコミック等と、鉄道(を始めとする交通)とのコラボについて画像を発表したり、記事を書いたりする機会が相当増えたが、その最中の昨年秋、交通新聞社新書として、「アニメと鉄道ビジネス」が刊行されました。  本当はもっと早く書くつもりだったが、例によって遅くなってしまいました。ともあれ非常に興味ある題材でしたので、さっそく買って、読んでみました。その印象や感…

続きを読む

№2316 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.50

 首都圏一都三県の「緊急事態宣言」は終わったが、感染者数は再び、ジリジリ上昇しているという。加えて、宮城県や大阪府では感染者の数が急増している。しかし一方で、限定的な形だが、センバツに加えてプロ野球が開幕。スッタモンダがありながらも、とにもかくにも、五輪の聖火リレーも、スタートしました。日本を、世界を覆う閉塞感はぬぐいようがないが、世の中は、少なくとも日本は、ほんの少しでもいい方向に向かうは…

続きを読む

№2315 JTB時刻表2021年4月号(JTBパブリッシング)

「JTB時刻表2021年4月号」、先週金曜日・19日に発売になりました。  表紙は三陸鉄道の36-700型2連で、2両目はラッピング車。「三陸スマイルトレイン」と称するらしい。浪板海岸~岩手船越間は、JR山田線からの転換区間。 「のりもの情報局」は先月だけお休みだったみたいで、今月はまた掲載があります。「えちごトキめき鉄道 えちご押上ひすい海岸駅開業」「土佐くろしお鉄道 あき総合病院前駅…

続きを読む

№2314 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 12.埼玉県(2)

 平成の鉄道・埼玉県、今回はデータ編です。埼玉県と言えば、今年の大河ドラマの主役は、深谷出身の実業家、渋沢 栄一です。彼は、鉄道の世界にも少しばかし縁があります(東急の前身の一つ、荏原電気鉄道の発起人の一人に名を連ねている)。鉄道との関わりは、どう描かれる事になるのか。出身地の「血洗島」には現在、ドラマ放映期間中のみバスが運行されているそうだが(通常はコミュニティバスを利用するが、本数は少ない)…

続きを読む

№2313 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 12.埼玉県(1)

 平成の鉄道回顧、今回は埼玉県です。埼玉でなく東京都内のできごとも、かなり書きました。埼玉県内の輸送にも影響が大だったプロジェクトが、数多く展開されていたので。下の画像は、具体的にいつ、とは特定できないが、複々線化工事真っただ中の越谷で撮影した、東武8000系です。更新前で、「準急」も、今とは意味が違っていました(停車駅としては、今の「区間急行」と同じ)。 JR・大手私鉄 輸送力増…

続きを読む

№2312 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.49

 地震が起きた時、たまたま私はJR根岸線に乗っていました。駅停車中にユラユラ揺れて、地震?とは思ったが、スマホでニュースのアプリを見て、宮城で震度5強と知りました。私が乗った列車はそのまま終点に着いたが、その後は当然、JR各線でダイヤが混乱する事になります。東北新幹線が止まっているようだが(来週の通常運行復帰に影響が出なければ良いが)、全体的には幸い、今回は大きな被害はなさそうです。それにしても…

続きを読む

№2311 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 11.千葉県(2)

 千葉県を含む、首都圏の1都3県に出されている緊急事態宣言は、21日に終了する事になりました。まずはホッと一息だが、海外では変異種の流行や、ワクチンへの疑念もあり、日本もこの先どう転ぶが解りません。3度目の緊急事態宣言なんてナシにして欲しいのだが、しつこいのだけれど、最終的には、我々一人一人の自覚が全てです。  平成時代の千葉県の鉄道、今回はデータ編です。ところで千葉県は、21日に県知事選挙が…

続きを読む

№2310 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 11.千葉県(1)

 平成の鉄道回顧、今回は千葉県です。県内に旅客営業を行う鉄道路線がある事業者は17社局(東京都交通局を含む。第3種鉄道事業者でありながら車両を保有する千葉ニュータウン鉄道まで含めると18社局)を数え、都道府県別では東京都に次いで2番目に多くなっています。特急街道にニュータウン開発鉄道、モノレール、新交通システム、ローカル私鉄もあり、路面電車・LRTこそないが、バラエティに富んだ路線網を保有してい…

続きを読む

№2309 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 10.群馬県(2)

 平成時代の群馬県の鉄道、データ編です。在来線の新線の開業はなかったが、駅の新設は活発で、県内を走る5社すべてが、平成の30年間に駅を1つは新設しています。信越本線は「横軽区間」廃止で、群馬県内に関しては実質支線化してしまいました。後年の北陸新幹線延伸開業に伴うしなの鉄道・えちごトキめき鉄道転換で、信越本線は完全に3分割される事になり、名が実態を表さなくなった。群馬県内区間は、それこそ横川線とで…

続きを読む

№2308 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.48

 JRグループをはじめ、関東地方の大半の鉄道やバスは今日、一斉にダイヤ改正を実施しました(京急・京成・シーサイドラインなどは27日)。JRの〔踊り子〕新旧交代劇も話題にはなったが、今回の最大のポイントはもはや言うまでもなく、ほとんどの路線で、最終電車が繰り上がるでした。一般のニュースでも大きく取り上げられています。明るい話題が乏しい、「後ろ向き」のダイヤ改正(それも特定の1社2社ではなく、ほ…

続きを読む

№2307 東日本大震災から10年 見せてくれ 乗り物の力を

 今日は、東日本大震災から、ちょうど10年となりました。亡くなられた、あまりにも大勢の皆様には、改めてご冥福をお祈り申し上げたいと思います。  今日一日、様々な角度で検証も行われているし、震災や原発事故そのものについて、私自身があれこれ語る事はないでしょう。語りようもないし。何度も書いているように、私自身はあの震災では、親兄弟・親戚や友達など、大事な人々を亡くしたという事はなく、家を失った…

続きを読む

№2306 平成の30年 都道府県別鉄道回顧 10.群馬県(1)

「平成の30年 都道府県別鉄道回顧」、今回は群馬県です。185系〔踊り子〕ラストランが近づいているが、群馬県もまた、185系ゆかりの地の一つと言えました。165系置き換えで急行から始まったのは東海道線と同じだったし(そういえば、同じ群馬県の東武〔りょうもう〕も、似たような道をたどっている)、「新特急」群だけでなく、「横軽」を越えて長野に足を延ばす快速の運用もありました。〔踊り子〕以上にローカル色…

続きを読む

№2305 バスラマインターナショナル184(ぽると出版)

「バスラマインターナショナル184」、先月末刊行になりました。  BYDのJ6が、本格的に営業運行を介したという情報が入ったが、ポンチョの最大のライバルは、これになるのだろうか。航続距離150㎞は、コミュニティバスなら十分すぎるだろう。協同は、以前はCNG車への改造を数多く手がけてきたが、EVに舵を切るという事だろうか。 沖縄のバス情報 2020→2021  沖縄は一昨年、ゆいレー…

続きを読む

№2304 首都圏の鉄道・バス 新型コロナウィルス感染影響まとめ Ver.47

 首都圏一都三県の緊急事態宣言は、2週間の延長になってしまいました。  いくら交通事業者側が抗ウィルス対策を徹底し、安全性をアピールしても、そもそも外出・移動そのものが、どこか害悪であるようなニュアンスの報道もなされる現状では(現状では仕方がないとしても)、移動のニーズなくして成り立たない公共交通には、なすすべがない。この所「交通崩壊」の危機が公然と叫ばれているようだが、それが現実のものに…

続きを読む

№2303 バスジャパン・ハンドブックシリーズV105 岩手県交通

 首都圏の1都3県の緊急事態宣言は、2週間の延長となりそうです。イヤだと言ったのに。  少なくともワクチンが広く普及し、効果がはっきり確認できるまでは、「生活を止める・制限する」事が、唯一の(緊急避難的としても)解決に至る道となります。これが震災や豪雨災害と決定的に違う所で、だから結局感染を止める事と経済活動は相容れず、感染を抑えるには人の行動も抑えるしかない。という理屈は解るけれど、それでも…

続きを読む

№2302 JTB時刻表2021年3月号(JTBパブリッシング)

 3月13日改正の時刻を掲載した「JTB時刻表2021年3月号」が、先月25日に発売になりました。  表紙は三島~新富士間、菜の花畑と東海道新幹線N700A系。  それにしても、今回はE257系〔踊り子〕〔湘南〕がJRグループ全体のダイヤ改正の「顔」になる形だが、純粋な新形式ではなく、中央本線及び房総からの転用改造車である上、既に去年の改正から一部〔踊り子〕で運用が始まっています。こ…

続きを読む